[95%]←アフィリエイトで全然稼げない人の特徴(残り5%になる方法)

アフィリエイトで全然稼げない…

この記事はそんな悩みを抱えている人に向けて書いています。

アフィリエイトは95%の人が月に5000円以上稼げないと言われていますが、稼げない人には共通している特徴や理由があります。

僕もアフィリエイトを始めた最初のころは全く稼げませんでした。

それでも続けていったら、最高月収は400万円、いまも安定して100〜150万円ほど稼げるようになりました。

その稼げなかった時期から稼げるようになるまでの僕の7年間のアフィリエイト経験から、アフィリエイトで稼げない理由や、稼げない人の特徴について紹介していきます。

アフィリエイトで稼げる残り5%の人になるヒントもたくさんあるので、最後まで読んで参考にしてください。



アフィリエイトは稼げるビジネスです!

まだアフィリエイト報酬が0円のときって

本当にアフィリエイトって稼げるの?

実際稼いでいる人なんているの?」と、

アフィリエイトに関して疑心暗鬼になってしまう人も多いと思いますが、

はっきり断言しておくと「アフィリエイトは稼げるビジネス」です。

僕の知り合いに月に数千万円稼いでいる人もたくさんいますし、僕が知っている一番すごい人では1月に1億稼いでいる人もいます。

私はまだまだ及びませんが、今でもアフィリエイトで月に120万円〜150万円ほど稼げるようになりました。

※とあるASPの直近の成果報酬の画像です。この他にも5つくらいのASPを利用しています。

だから、アフィリエイトは稼げないから辞めようかなとか思わずに、稼げるビジネスであるということを改めて理解しておいて欲しいです。

アフィリエイトで稼げない人の6つの特徴とは?

それではなぜ、アフィリエイトで稼げる人と稼げない人が出てきてしまうのか?

その理由について6つにまとめて深掘りしていきます。

① ビジネスとして取り組んでいない

アフィリエイトはビジネスです。

お客さんの悩みや欲求を叶える商品やサービスを文章や画像で紹介してお客さんに知ってもらい、そして喜んでもらい、その先の商品を買って頂いたらあなたに成果報酬が入ります。

言わば、顔の見えない営業マンと一緒です。

逆の立場で考えて、誰が書いたか分からない記事を読んで、そこで紹介された商品をあなたは買うでしょうか?

雑な文章で、写真や画像が一切なく、見にくいサイトデザインだとしたら、誰ひとり買う人はいないはずです。

人に商品を勧めるときは、興味を持っている人に対して、相手の気持ちを理解しながら、この商品を手にすることで相手が喜び、価値があるものだと感じてくれて、また自分自身がこの商品が本当にオススメのものだと思っていなければ、購入してくれるわけがありません。

直接対面で話す分なら表情や熱意などで買ってしまうこともあるかもしれませんが、文章だけではそれが伝わりません。

適当な文章で記事を書いて商品を買ってもらえるわけはないので、

相手はどんな悩みがあり、どんなことを解決したいのか、そしてどういう言い回しだと相手が共感してくれて、どんな風に購入の後押しをしてあげるか、など、

アフィリエイトは「モノ売りのプロとして報酬を頂く」という自覚を持ち、ビジネスとして取り組むようにすれば、文章にもそれが現れ、上手くいくようになるでしょう。

② 作業量が足りていない

 

アフィリエイトを始めるときによく勘違いするのが、

「1日たった〇〇分でOK!」といった簡単に稼げるという情報を鵜呑みにすることです。

サラリーマンが空いた時間30分あれば稼げるとか、そんな情報に影響されて、毎日30分アフィリエイト作業を続けているのに稼げない、、と不満を言う人が多いです。

はっきり言って、1日30分しかアフィリエイトの作業ができないとなると、稼げるようになるまでは3年は掛かると思います。

記事の書き方や、商品選定、キーワード選定といったことなど、コツをつかめるようになるまで時間が掛かるからです。

基本的にアフィリエイトは、どれだけ作業をやったかで稼げるかどうか決まります

もし本気で稼ぎたいと思っているなら、どうにか時間をつくって平日は1日3時間以上、休日は6時間はアフィリエイト作業を続けるようにしましょう。

30分しか作業ができない人よりも6倍早く稼げるようになります。

③ 継続していない

アフィリエイトで95%の人が稼げない一番の原因は、稼げる前に辞めてしまうからです。

作業量が足りないというのと内容が被りますが、

「アフィリエイトは稼げない」と言っている人は、アフィリエイトを継続せずに辞めてしまった人です。

アフィリエイトはすぐにお金になると思って始めてみたのに、全く稼げない、簡単ではない、と感じて辞めてしまう人が多いのです。

アフィリエイトは地道な作業の積み重ねです。

キーワードを選定したり、書く記事の内容をリサーチしたり、毎日コツコツと記事を書いていって、書いていって、それを続けていくことで、報酬が発生していきます。

それが人によっては、1ヶ月で報酬が発生する人もいれば、半年経っても報酬が0円の人もいるわけです。

僕もアフィリエイトを始めた頃の報酬は

  • 1ヶ月目:0円
  • 2ヶ月目:0円
  • 3ヶ月目:240円
  • 6ヶ月目:3000円くらい

みたいな感じでしたが、10ヶ月目で月に10万円くらい稼げるようになりました。

例えて言うなら、アフィリエイトは宝探しのようなものです。

穴を掘れば宝が出てくる」のに、稼げない人は宝が出てくる前に穴掘りを辞めてしまう=報酬が出る前にアフィリエイトを辞めてしまうんですね。

逆に言えばアフィリエイトで成功する方法は、シンプルにコツコツとアフィリエイト作業を続けるだけだったりします。

作業を止めないでアフィリエイトを継続すれば、必ず報酬は発生するからです。

④ すぐに行動に移さない人

アフィリエイトは定番の商品よりも

  • 季節柄売れるもの
  • トレンドのもの
  • 新商品
  • 新しいキーワード

といった物のほうが売れやすいです。

だから時代やトレンドにアンテナを張っておくと稼ぎやすかったりします。

そこで、思いついたらすぐに調べたり記事を書くなどして行動に移さないと、忘れてしまったり売れる時期が過ぎてしまったり、ライバルが増えてしまったりして、商機を逃してしまいます。

逆にすぐに行動に移せる人は、その分チャンスは増えていきますし、またそれによって得られることもどんどん増えていきます。

早く稼げるようになりたいと思っている人は、「思い立ったら即行動」を心掛けてみてください。

⑤ 勉強しない・学習しない人

アフィリエイトは努力を継続するだけでは稼げません。

アフィリエイトは「頑張って記事を書いているのに稼げない」なんてことも平気で起こります。

勉強しない人や学習をしない人は、いつまでも間違った方法を繰り返していたり、同じ失敗を繰り返したりするから稼げないのです。

アフィリエイト関連のノウハウ記事を読んで勉強したり、ライティングの本を読んだり、記事をゴリゴリと書きながらも勉強していく必要があります。

また稼げない理由を自分なりに考えていくことも重要。

キーワードひとつでも、こういう複合キーワードが狙い目だとか、横展開して他の案件でも使えるなとか、

そうやって勉強と学習をしながらアフィリエイトを続けていくことで初めて稼げるようになります。

アフィリエイトでも他の事業でも成功するためには、PDCAサイクルを回すようにすることです。

PDCAサイクルとは

  • Plan(計画)
  • Do(実行)
  • Check(評価)
  • Action(改善)

のことです。

こういうサイトを作ってみよう(計画)

ゴリゴリ記事を書いてみる(実行)

アクセスや検索順位のチェック(評価)

ライバルサイトに比べて記事内の情報が少ないから追記しよう (改善)

これから書く記事はもっと情報量を多くしよう(計画)

みたいな流れで、やっては直す、やっては改善する、というのを繰り返していくことでアフィリエイトで稼げるようになります。

⑥ 自分に投資しない・ケチな人

アフィリエイトは無料で始めることもできる副業ですが、何もお金をかけずに稼いでいる人というのはほとんどいません。

アフィリエイトの教材や塾などに入ってアフィリエイトのノウハウを学んだほうが効率が良いですし、

無料ブログでアフィリエイトをするのではなく、独自ドメインを取ってオリジナルのサイトやブログを使ったほうが、デザイン的にもSEO的にも有利となります。

そこをお金がもったいないからといって、お金をかけない方法を選択してしまうと結果遠回りすることになってしまうのです。

アフィリエイトは無料で始められるわけですが、最短で稼ぐためにはある程度の投資は必要です。

アフィリエイトで稼げるようになれば、教材や塾、有料のサイト構築ソフトやドメイン代、サーバー代など、このぐらいの経費は本当に気にならなくなりますから、先行投資としてケチらずに利用することをおすすめします。

アフィリエイトで稼げないその他の6つの理由

アフィリエイトで稼げない理由はこんなことも考えられます。

アフィリエイトで稼げる人5%になりたいなら必須の内容です。

① アクセス数が少ない

あなたのブログやサイトには1日にどれくらいのアクセスが来ているでしょうか?

もし、1日100アクセスも満たない場合は、アクセス数が少なすぎます。

もちろん1日100アクセスしかなくても稼ぐことはできますが、それは購入意欲の高いキーワードでアクセスを呼びこめて、文章スキルが高い人、いわば上級者だからこそできることです。

初心者は、購入意欲の高いキーワードで上位表示させてアクセスを呼ぶのはかなり難しいです。

購入意欲の高いキーワード= ライバルが強い+ライバルが多い、からです。

そのため初心者は、できるだけライバルが弱いキーワードでアクセスを集めたほうが良いです。

そして、ライバルが弱いキーワード=購入意欲が低いキーワードであることが多いので、できるだけたくさんの見込み客となるアクセスを呼び込む必要があります

アフィリエイト広告の平均的なデータとして、売れている案件でもCVRが1%〜3%という案件が多いです。(CVRとはコンバージョンレートの略で、WEBページへのアクセス数のうち、商品購入や申し込みに至った割合のこと)

つまり自身のブログやサイトのアフィリエイトリンクをクリックされても、100クリックに1件〜3件くらいしか商品購入まで至らないということです。

またアフィリエイトサイトのアフィリエイトリンクのクリック率は平均的に数%と言われているので、
100アクセスあったとしても数件しかクリックされないことになります。

そのため100クリックされるためには、単純計算で1000アクセス以上は必要だということです。

1日100アクセスほどあれば数ヶ月に1件くらいの確率で成果発生することもあるかもしれませんが、安定して稼ぐためにはアクセスが全然足りません。

初心者の方は文章スキルが高くない場合も多いので、クリック率もかなり低くなるので、とにかくアクセスを上げることを考えていきます。

PV数でいうと理想は2〜3万PV以上は欲しいです。

またアクセスが少ないのは記事数が少ないことも考えられるので、まずは100記事を目標にゴリゴリ記事を書いてみてください。

② リスト数が少ない

メルマガアフィリエイトをしている方も中にはいるかと思いますが、どれくらいリスト数があるでしょうか?

先ほどのアクセス数の件でも前述しましたが、初心者の方はまずは数が足りていないことが多いです。

メルマガの開封率は10%前後と言われていて、メルマガ内のリンクのクリック率は全体の1%〜2%と言われています。

つまりは、100リストにメルマガを送っても、10人前後の人しかメールを開いてくれず、1人か2人しかリンクをクリックしてくれないということです。

メルマガの場合は読者との関係性がとれていれば、通常のアフィリサイトよりもCVRは高くなりますが、それでも1人か2人しかクリックしてくれなければ購入までに至らない確率が極めて高いです。

いくらリストを集めればよいかというは断言できませんが、もしメルマガアフィリエイトをしていて未だに報酬が0円、またはほとんど報酬が上げられていない方がいるとしたら、リストが少なすぎることが考えられます。

文章スキルや開封率を上げるタイトルなどを考える前に、リスト集めに集中したほうが良いでしょう

③ 売れない案件を扱っている、または案件が悪い

アフィリエイト案件を選び方を間違えると稼げません。

全く売れない案件を扱っていたり、またはターゲット層に向いていない案件を紹介したり、アクセスのあるキーワードとずれている案件を紹介していたりすると、いくらアクセスがあったとしても購入や申し込みに至らないことが多いです。

アフィリエイトは売れている案件を選ぶことが重要です。

売れているアフィリエイト案件の探し方でおすすめなのが、PPC広告(リスティング広告)が出ているかどうかです。

PPC広告(リスティング広告)はお金を出して広告を出しているわけなので、売れていなければ広告を出すことはできません。

なのでPPC広告(リスティング広告) が出ている案件は売れているものだと判断できます。

そしてもう一つは、LPに芸能人や有名人がいる案件です。

芸能人や有名人がLPに登場してその商品を紹介しているだけで、見ている人はかなり興味をそそられます。

商品がどうこうというより、芸能人の知名度だけで売れるのです。

もし売れている案件を知りたい方は

  • PPC広告の有無
  • 芸能人の有無

をチェックしてみましょう。

またターゲット層に合った商品かどうかもチェックが必要です。

若い女性向けの記事を書いているのに、年配の女性をターゲットにした商品を紹介しても売れませんし、

ワキガで悩んでいる人のアクセスが多い記事の中で、ダイエットの商品を紹介しても売れないわけです。

それ以外にも、今話題の商品かどうか、昔の商品ではないか、他サイトでも人気商品として紹介しているか、口コミやネットの評判は良いかなど、

案件選びで失敗しないようにこれらの要素をチェックして判断しましょう。

④ 文章力がない、ライティング能力がない

いくら上位表示されてアクセスがあったとしても、文章力がないと商品は売れません。

最低限のライティングスキルは身につける必要があります。

ちなみにお金をかけずにライティングスキルを上げる方法は「うまい人の文章をひたすら写経すること」です。

かなり面倒くさいことなのですが、こうすることでうまい人の文章や言い回しが自分でも自然と書けるようになっていきます。

そして後は、自分でゴリゴリ記事を書いて実践することで、だんだんと文章力は上がっていきます

僕も人のことを言えるほど文章スキルはありませんし、まだまだ勉強や実践が必要だと思っています。

そこで、いまでもライティングの勉強のために読んでいるのがこの本です。

ライティングの参考書の中でもかなり有名で、稼いでいるアフィリエイターは必ず読んでいる本です。アフィリエイターの必読書といっても過言じゃないので、読んだことない人はチェックしてみてください。

また文章を書くのが苦手な方は、1記事あたりの文字数もかなり少なくなってしまう人が多いです。

最低でも1記事1000文字以上のボリュームがないと、記事を上位表示させることは難しいです。

ちなみに僕が運営しているアフィリエイトサイトは、すべて1記事3000文字以上は書いています。

それぐらい書かないと検索者が知りたいことや、悩み、改善方法など、全て伝えきれないからです。

自分で文章力がないと思っている方は、うまい人の文章を写経して、どんどん記事を書いて実践して、検索者を満足させる内容の記事を意識して書くようにしてみてください。

⑤ パソコンの向こう側の人を考えていない

サイトやブログで情報発信をしたり、商品やサービスを紹介する上で大切なのが、

ターゲットを明確化すること」です。

この記事は私のために書いてくれていると思ってくれたり、共感してもらえる内容や言葉遣いで書くことで、その先で紹介する商品を買ってくれる確率が上がるのです。

これが、誰でもいいから買ってもらおうとすると、誰も買ってくれなくなります。

パソコンの向こう側の人をイメージして記事を書くことが大切です。

パソコンの向こう側の人をイメージするのに重要なのが、ペルソナを考えることです。

ペルソナとは、性別、年齢、職業、趣味、価値観、行動特性などを組み合わせて、具体的な1人の人間像を出すことです。

ペルソナを設定すると、どんな言葉の表現がいいか、どんな情報を必要としているか、予想したり考えることができるようになり、結果記事に共感してくれたり商品を買ってくれる確率が格段に上がるようになります。

サイトアフィリエイト、メルマガアフィリエイトなど、どんなアフィリエイトを行う上でも重要なことなので覚えておいてください。

⑥ 考え方が一方的で自己中

記事を書いていくと、どうしても主観で書いていってしまいます。

「これが一番いい」「これがおススメ」など、主観で書くことももちろん大事なのですが、それは客観的な意見やデータがあってこそ生きるものです。

一般論、客観的な意見などをしっかり調べて、それをまとめた上での自分の意見を主張するようにしましょう。

まとめ:アフィリエイトで稼ぐ方法は辞めないこと(1年以上)

アフィリエイトで稼ぐ方法はシンプルに「辞めないこと」です。

本当に単純なことですが、アフィリエイトで稼いでいる5%の人はアフィリエイトを辞めなかったから稼げるようになっただけです。

とはいえ、記事を書くだけの努力だけでは稼げません。

自分なりに稼げない理由を考えながらアフィリエイト作業を続ける必要があります。

それと、アフィリエイトで稼げるようになるには最低でも1年はかかります。

今報酬が0円の方、気持ちが折れそうになったり、辞めようと思っていたりするかもしれませんが、そこは辛抱です。

1年間の目標としてはまずは100記事を目指しましょう。

100記事くらい書くと、アフィリエイトのスキルがかなり上がるからです。

まずはコツコツと作業を続けて、未来を変える行動をしていきましょう。



最初のコメントをしよう

必須