[収益UP]検索上位が取れるアフィリエイト記事の内容(実例公開)

「アフィリエイトの記事が書けないアフィリエイト記事の内容ってどんなこと書けばいいの?」

そんなお悩みにお答えします。

この記事を読むことで、

  • アフィリエイトの記事内容の決め方がわかる
  • 記事をうまく書けるようになる
  • 検索上位化、収益アップも可能になる

といったメリットがあります。

僕はかれこれ7年くらいアフィリエイトを続けていますが、安定して収益が上げられるようになった一番の理由は記事の内容が向上=ライティング力が上達したことだと思っています。

そこで今回は記事の内容の決め方について、本記事を実例にして解説していきます。

本記事は「アフィリエイト,記事,内容」というキーワードを狙って書いた記事ですが、この記事から「アフィリエイトの本」を本記事から紹介すると仮定してどんな内容の記事を書けばいいのか考えていきます。




アフィリエイトの記事内容の決め方

まず大前提として、アフィリエイト記事の内容はすべては「キーワード」から決まります。

どんな記事を書こうともキーワードから考えていきます。

ここでは、記事内容を決めるまでの手順を解説します。

① キーワードを決める

売りたい(紹介する)商品が決まったら、まずはキーワードを考えることから。

ここでは、自分が書けそうなキーワードから選ぶことが重要です。

後で解説しますが、記事の内容には書いた人の経験だったり専門性も必要になってきます。

僕も今回のキーワード「アフィリエイト,記事,内容」というのを選んだのも、自分が7年間アフィリエイトを続けた経験がありわかっているからです。

キーワード選定に便利なツール&ポイント

・キーワードを決めるのに便利なツールなのが、関連キーワードが洗い出せるrelated keyword、検索ボリュームがわかるキーワードプランナーです。どちらも無料なので使い倒しましょう、

・キーワードを決めたら必ずGoogleで検索してみるのも大事です。検索上位の10記事をザッと読んでみて、他記事よりも価値ある記事が書けるか判断します。
そこでもし無理そうならやめたほうがいいです。その時点で上位表示するのは難しいからです。他のキーワードや切り口に変えましょう。

② キーワードの悩みを考える

キーワードを決めたら、キーワードから読み解ける悩みを考えます。

今回の「アフィリエイト,記事,内容」なら、

アフィリエイトの記事ってどんな内容を書けばいいの?

という悩みを持っていると考えられます。

③ 悩みを持つ読者の一人を想像する

「アフィリエイト,記事,内容」と検索した人を想像します。

あくまでも想像なので正解はないですが、たった一人の具体的な人物設定するとより悩みが想像できます。

(年齢、性別、職業、年収、趣味、住居や家族のことなど)

僕の想像

  • 男性、35歳、会社員
  • 年収400万円
  • 独身・一人暮らし
  • アフィリエイトを副業で始めたばかりの初心者
  • 本業であるインターネット回線系のサイトを立ち上げたばかり
  • 記事のキーワードは決まっている
  • 記事の内容をどう書けばいいか悩んでいる

といった感じです。

④ 読者がどうなりたいか想像する

「アフィリエイト,記事,内容」と検索した人がどうなりたいか、また悩みが解決したらどうなりたいか(願望)も想像します。

ここでは前述の想像人物であるたった一人の未来を考えます。

僕の想像

  • 記事の内容をどう決めればいいか知りたい
  • 記事をうまく書けるようになりたい
  • 記事を書くスピードを上げたい
  • アフィリエイトで稼げるようになりたい
  • 会社員やめたい
  • アフィリエイト収益で自由に生きたい

といった感じですね。

⑤ 読者が信用する材料を揃える

ここまで解説した読者の悩みや願望を叶えるだけの記事なら誰でも書くことができます。

ググって情報をまとめればいいだけなので。

そこで重要なのが、読者の信用です。

信用できる記事であるという裏付けが取れる材料を揃えていきます。

ちなみにGoogleに高品質なコンテンツと認められる要素として、

  • 専門性 (Expertise)
  • 権威性 (Authoritativeness)
  • 信頼性 (TrustWorthiness)

が必須というのを公表しています。(頭文字をとって「E-A-T」と言ったりします)

この部分は最近のSEO対策でも一番重要視されています。

僕の場合だったら、

  • 7年間のアフィリエイト経験があること
  • ブログ内でアフィリエイト収益を公開している
  • 具体的な実践方法を明示(本記事)

していることですね。

ただキーワードによっては何も信用性が揃わない場合もあります。

その場合は、専門機関のデータを示したり、権威性のある人が言っていることを引用したりして担保すると良いでしょう。

ここまで揃ったら記事内容は8割完成です。

ここからは記事の骨組みと肉付け作業です。

⑥ タイトルを決める

タイトルの決め方は、

  • 狙ったキーワードを含める
  • 読者の悩みが解決できる記事だとわかる
  • 悩みが解決したあとの未来も明示されている
  • EATの要素が入っている
  • 32文字以内

というのが理想です。

僕の場合だったら、

[収益UP]検索上位が取れるアフィリエイト記事の内容(実例公開)

といった感じにしました。

  • [収益UP]・・・解決したあとの未来
  • 検索上位が取れる・・・解決したあとの未来
  • アフィリエイト記事の内容・・・狙ったキーワード・悩みが解決
  • [実例公開]・・・EAT

すべて揃えて32文字以内に収まりました。

ただ、タイトル決めはけっこう大変です。

僕も未だに苦労していたりします。

ここで失敗するとクリックすらされないからです。

なので一発で決めたりせずに、5個ぐらいタイトル候補を作って、あとで一番しっくりくるやつに決めるという方法が良いです。

⑥ 記事の目次を決める(書く内容を決める)

文章を書く前に必ず目次を決めます。

読み手が求めている内容、伝えるべき内容などをまとめ、書く内容を決めます。

目次を決めるコツは

読者の悩みの解決策、解決後の未来のことなどを考えて、大きい括りでまとめる感じです。

僕の場合は最初はこんな目次にしました。

  • アフィリエイトの記事内容の決め方
  • [上達するコツ]ひたすら繰り返す
  • 収益アップが可能です(過去の記事をリライトせよ)
  • まとめ:アフィリエイトで成功するには手を止めないこと

そして「アフィリエイト記事内容の決め方」という目次に、下記のような小目次をつけた感じです。

  • ① キーワードを決める
  • ② キーワードの悩みを考える
  • ③ 悩みを持つ読者の一人を想像する
  • ④ 読者がどうなりたいか想像する
  • ⑤ 読者が信用する材料を揃える
  • ⑥ タイトルを決める
  • ⑦ 目次の肉付けをしていく(文章を書く)
  • ⑧ 導入文を考える
  • ⑨ 記事のゴール=売りたい商品はさらっと紹介

この目次を綺麗に作ろうとすると、最初は時間がかかります。

目次の作り方のコツとしては、目次は主張、記事内容は理由ということを意識することです。

目次作りでは、記事内容の中で伝えたいこと=主張を箇条書きでまとめることから始めると良いです。

もしここで「まったく目次が思いつかない」という場合は、検索上位の10サイトくらいをザッと流し読みして目次内容を参考にするのもアリです。

最初は訓練です。

だんだんとうまくなっていくので焦る必要は全くありません。

⑦ 目次の肉付けをしていく(文章を書く)

あとは目次ごとに文章を書いていく作業です。

うまく文章を書くコツは、最初から綺麗に書こうとしないことです。

最初は目次ごとに箇条書きで内容を書いていくぐらいで良いです。

変にうまく書こうとすると逆に読みづらい文章になってしまうので注意しましょう。

⑧ 導入文を考える

導入文の役割は、記事の要約をして本文に誘導してあげることです。

基本的には下記の3つを含めた内容を書けばOKです。

①読者の悩みを明確にする

②悩みに対する答え(結論)を明示

③答えの根拠 (信頼性)がある

本記事でも冒頭で300文字くらい導入文を書いています。

①「アフィリエイトの記事が書けないアフィリエイト記事の内容ってどんなこと書けばいいの?」

そんなお悩みにお答えします。

②この記事を読むことで、

  • アフィリエイトの記事内容の決め方がわかる
  • 記事をうまく書けるようになる
  • 検索上位化、収益アップも可能になる

といったメリットがあります。

③ 僕はかれこれ7年くらいアフィリエイトを続けていますが、安定して収益が上げられるようになった一番の理由は記事の内容が向上=ライティング力が上達したことだと思っています。そこで今回は記事の内容の決め方について、本記事を実例にして解説していきます。

本記事は「アフィリエイト,記事,内容」というキーワードを狙って書いた記事ですが、この記事から「アフィリエイトの本」を本記事から紹介すると仮定してどんな内容の記事を書けばいいのか考えていきます。

ちなみに①〜③の順番は前後しても大丈夫です。

「検索上位化、収益アップも可能」といったメリットも書いてるように、記事の期待感を持たせることができれば尚良いです。

注意点としては、導入文は長すぎないようにしましょう。

読者は本文が一番読みたいわけであって、長いだけで読む気をなくしてしまう可能性が高くなるからです。

必要最低限のことを書いたらさっさと本文に誘導してあげてください。

⑨ 記事のゴール=売りたい商品はさらっと紹介

本記事では「アフィリエイトのライティング教材」を紹介すると仮定していますが、紹介する際は「こんな本もあるけど興味があればどうぞ」くらいの感じで紹介しましょう。

押しすぎはNGです。

「買うならこれが一択です」

「これが死ぬほどおすすめ」

「絶対間違いないです」

こんな感じで押しすぎると読者は引いてしまうからです。

また、さらっと紹介するモノも何個か選択肢があると尚良いです。

「ライティング教材」だけではなく「購買心理の本」なんかも紹介する感じですね。

また記事のゴールが別記事への誘導だったとしたら、「こんな記事も読まれています」みたいな感じでさらっと紹介しましょう。

[上達するコツ]ひたすら繰り返す

記事の内容を考える作業はけっこう大変です。

僕も今でも1記事あたり1時間くらいかけてやっています。

上達するコツはシンプルで、ひたすら繰り返すことです。

10記事、100記事と書いていくうちにだんだんと上手くなっていきます。

また繰り返し続けることで、自分なりの記事の型も決まってくるので記事を書くスピードも上がっていきます。

収益アップが可能です(過去の記事をリライトせよ)

記事の内容が良くなると読者に役立つコンテンツと評価されて検索上位化が期待できます。

それに加えて成約率もアップします。

ひたすら新規記事を書く作業を繰り返すことも大事なんですが、過去の記事を見直してリライトすることも重要です。

ただ何十記事と書いてあるものを一からリライトするのも大変なので、商品を紹介している収益記事(キラーページ)のリライトを優先して取り掛かりましょう。

報酬がまだ0円だとしてもリライトするだけで結果が出るというのも大いにあるので。

まとめ:アフィリエイトで成功するには手を止めないこと

おそらく、ここで悩んでいるほとんどの人はまだアフィリエイトで結果が出せていない人だと思いますが、アフィリエイトで結果を出すために必要なことは「継続すること」です。

手を止めずに継続さえすれば必ず結果が返ってきます。

逆に言えば結果が出ない理由は作業量が足りていないだけです。

会社員で限られた時間しかなかったとしても継続しましょう。

確実に力がついてアフィリエイト収益で自由に暮らせる未来が待っています。



最初のコメントをしよう

必須