お前らマジでアフィリエイトはやめとけ(経験者が語る本当の恐ろしさ)

「アフィリエイトなんかやめとけと言われた」

「稼いでる人にとってはライバルが増えるから嫌なの?」

こんな疑問にお答えします。

僕はかれこれ7年くらいアフィリエイトの自動収入で生活できています。

最高月収は月400万円、今でも月100〜150万円くらい稼いでいますが、昔ほど簡単に稼げるビジネスではなくなってきた感じがしています。

だからもし「アフィリエイトって簡単に稼げるんでしょ?始めてみたいんだけど!」と思っている人がいたとしたら、

「お前らマジでアフィリエイトはやめとけ」と言いたいです。

別にライバルが増えるとかではなくて、生半可な気持ちで始めるとめちゃくちゃツラい思いをするからです。

今回は僕が7年間のあいだ色んな経験をしてきたことも交えて、アフィリエイトの本当の恐ろしさをお話しします。

ただ、アフィリエイトは今でも稼げるビジネスというのは間違いないので、本当の恐ろしさを知ったうえで始めれば成功できる確率は飛躍的に上がると思うので、最後までお付き合い頂ければ幸いです。



お前らマジでアフィリエイトはやめとけ![9つの真実]

アフィリエイトがどれだけ恐ろしいか深掘りしていきます。

① 最低でも1年は稼げないから

アフィリエイトを始めても最初の1年くらいは全く稼げません。

毎日記事を書き続けてもなかなか努力が報われません。

僕がアフィリエイトを始めたときも、アフィリエイトの作業に毎日5〜6時間くらい費やす生活を続けて、月5000円以上稼げるようになるまで10ヶ月間かかりました。

そのあいだ、最低でも1000回くらいは絶望しました。

また、アフィリエイトをやっている人の90%が月1万円以上稼げないというデータもあります。

引用元:日本アフィリエイト協議会

90%の人が1万円以上稼げない原因のほとんどは、稼げる前に辞めてしまうからです。

100人中90人はツラくて途中で辞めてしまうから、アフィリエイトはやめとけと言いたいです。

② 突如、報酬0円になる可能性があるから

アフィリエイトはGoogle検索の上位表示を狙うことでアクセスを呼びこんで、そのアクセスの中から紹介した商品を買ってもらうビジネスです。

Googleの検索結果のなかで集客するので、完全にGoogleの検索エンジンに依存しています。

もしGoogleの検索結果に表示されなかったり、上位表示されなかったら成果が出ません。

実際にGoogleは毎日検索結果の変動をしていたり、一年に数回くらい大規模な順位変動をおこすようにしています。(検索ユーザーの満足度を上げるため)

なので、もし仮に月100万円稼げるサイトが作れたとしても、翌月には0円になってしまう可能性もあるのです。

僕も過去に月400万円稼いでいたサイトが、Googleの順位変動によって月20万円まで報酬が落ち込んでしまった経験があります。

アフィリエイトの収益はGoogleの検索結果に振り回されるので安定しません。

アフィリエイトは不労所得にならないのでやめとけと言いたいです。

③ 検索の上位表示が難しくなってきているから

SEO (検索結果の上位表示を狙う施策)も年々と複雑化してきています。

Googleは、検索順位を決定するための要因として200以上の検索アルゴリズムを使用しています。

参考サイト:儲け学 SEO & WEB MARKETING

上記の参考サイトを見てもらうとわかりますが「これが正解」というのが見つからないのがSEOの難しさです。

また最近では大手企業がサイト構築してアフィリエイトに参入していたりするのも厄介です。

お金をじゃんじゃん使って専門家に監修してもらったり、優秀なライターを雇って記事を量産したりしているからです。

SEOの難易度も上がって、たくさんのライバルがいる中、個人のアフィリエイターが検索上位を狙う手法もだんだんと難しくなってきているのが実情です。

どれだけ良い記事を書いたとしても検索上位に表示されないから、アフィリエイトはやめとけと言いたいです。

④ 自分を出さないと稼げなくなってきているから

検索の上位表示を狙うには、自分をある程度さらけ出さないと難しくなってきています。

それは作ったサイトのEATを担保するためです。

E-A-Tとは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の3つの概念の略である。 … E-A-Tが高ければ、そのWebサイトやページの品質評価が高まり、検索結果の表示順位への影響も考えられるため、SEOの観点からも重要な概念である。

引用元:株式会社アイレップ

特定の分野の専門家だったり、先生だったり、資格を持っている人のサイトのほうが評価されるということです。

このEATが高ければ高いほどサイトの信頼性が上がり、上位表示を狙える可能性が高くなります。

ただアフィリエイトを始める人って何の権威性も信頼性もない人がほとんどだと思います。

そこで何もない人がEATを高めるために活用するのがSNSです。

SNSで顔や名前を出すことでファンをつくってサイトや記事を紹介する必要があります。

そうすることでサイト名をGoogleで指名検索する人が増えるようになり、結果、権威性や信頼性のあるサイトだと評価されるようになるからです。

身バレせずにコソコソ稼げないから、アフィリエイトはやめとけと言いたいです。

⑤ 努力が報われないジャンルがあるから

どれだけ良いサイトや記事を作っても、一個人では検索結果にも表示すらさせてもらえないジャンルもあります。

それがYMYL分野です。

YMYLとは、「人々の幸福、健康、経済的安定、安全に影響を与える可能性のあるページ」のことで、Googleの検索品質評価ガイドラインで言及されている、”Your Money or Your Life”の略語です。

引用元:SEO研究所サクラサクラボ

YMYL分野は間違った情報を広まることを避けるために、社会的信用度の高い、または誰もが認める専門性をもった人のサイト以外は検索結果に表示すらされない可能性が非常に高いです。

ジャンルで言うと、健康に関すること、保険、投資、法律に関することなんかですね。

たとえば健康に関することなんかはかなり影響が強くて、今では絶対おすすめできないジャンルです。

アフィリエイトではサプリとか青汁とかがよく売れる商品だったんですが、検索結果に入ることもできなくなってしまいました。

どれだけ記事を書いたとしても努力が報われないこともあるので、アフィリエイトはやめとけと言いたいです。

⑥ 怪しいと言われるから

アフィリエイトはまだまだ理解されていない業界です。

アフィリエイト=アムウェイと勘違いされて「ネズミ講でしょ?」と言われることもあります。

また「1日30分の作業で月収100万円」とか怪しい情報商材もたくさんあるので、何かの詐欺に加担しているんじゃないかと思われることもあります。

それにアフィリエイト作業に費やす時間が多くなって友達との付き合いも悪くなるから、「あいつ何か怪しいこと始めたんじゃないか」と陰口をされることもあったりします。

まだまだアフィリエイトは怪しいと思われているから、やめとけと言いたいです。

⑦ 堂々と言える仕事ではないから

「あなたの仕事は?」と聞かれたときに「アフィリエイトです」とハッキリ答えられる人って少ないです。

それは不安定なビジネスであること、怪しいと思ったりダークなイメージがある人が一定数はいるからです。

特に彼女の両親なんかに聞かれたときは「あいつ大丈夫か」ときっと影で言われることでしょう。

僕も最初の頃はかなり濁して言っていました「ホームページ制作とかやってます」みたいな感じで。

別に悪いことはやっている訳ではないのに堂々と言える仕事ではないから、アフィリエイトはやめとけと言いたいです。

⑧ 社会的信用度が低いから

たとえアフィリエイトで稼いで起業したとしても、お金以外の部分で苦労します。

銀行からの借り入れ、アパートやマンションの賃貸の審査やクレジットカードの審査、また取引先の信用度とかですね。

社会的信用度が低いから相手にされないこともあったりします。

僕の場合もかなりショックを受けた出来事があります。

それは当時付き合っていた人と同棲するための賃貸マンションを借りようとしたときに、審査に落ちてしまったんです。

年収で言うと700万円を超えていたのに、月12万円の賃貸物件に落ちました。

ちなみに当時付き合っていた派遣社員の彼女の名義ならOKと言われる始末。

派遣社員よりも社会的信用度が低いと見られることもあるんです。

住みたい家にも住めないこともあるから、アフィリエイトはやめとけと言いたいです。

⑨ アフィリエイト中心の生活になるから

アフィリエイトで稼げるようになるには、とにかく鬼作業が必要です。

もし会社員の人が副業で始めるなら平日は3時間、土日は6時間くらいの時間を当てて、やっと1年後に5万円稼げるようになるかといった感じです。

また稼げるようになったとしても余裕はありません。

Googleの検索順位の変動がいつ起こるかも分からないので、新しい記事を書いたり、記事のテコ入れをしたり、常に勉強をし続けなければ生き残れないからです。

そうなるともうアフィリエイト中心の生活になります。

稼げるようになるまでは稼げるまで作業を続ける、また月100万円稼ぐことができたらもっと稼いでやろうと思ってさらに作業を続ける。

アフィリエイトを始めると辞めれなくなります。

そんな恐ろしいアフィリエイトはやめとけと言いたいです。

それでもアフィリエイトは稼げる!3つのメリット

ここまで「アフィリエイトはやめとけ!」と言い続けてきましたが、それでもアフィリエイトには良いこともたくさんあります。

① アフィリエイトなら月100万円以上稼げる

アフィリエイトは会社員の月給を簡単に超えてしまうほど稼ぐことができます。

今でも個人で月100万円は目指せるビジネスですし、昔よりもアフィリエイトの手法も増えたことで、個人で月1000万円とか1億円とか稼いでいる人もゴロゴロいたりします。

最初は稼げずにツラい思いをするかもしれないですが、信じて行動を続ければ後になってどデカイ成果を得ることができるビジネスです。

たとえて言うなら「埋蔵金の発掘」です。

この穴を掘れば埋蔵金があるかもしれないと、穴を掘る作業を続けていくことでいつかはお宝を見つけることができる感じに似ています。

アフィリエイトは「もうやめとけ」と言われつつも、やり続けた人が大きな結果を生み出します。

② アフィリエイトで幅広いスキルが身に付く

アフィリエイトの作業は、

  • サイトやブログの作成
  • サイトのデザイン
  • ジャンルや商品の選定
  • キーワードの選定
  • ライバル調査
  • ライティング

といったことから

もっと言うと、SNSの運用、アクセスデータの分析作業なんかも必要になってきます。

一言で言うと、WEBマーケティング全般の知識が身につきます。

アフィリエイトで稼ごうと取り組み続けることで、結果幅広いスキルを身につけることができるんです。

しかもWEBマーケティングは知らない人がほとんどなので、今の時代かなり重宝される分野です。

家族や友達のWEB集客の手伝いもできるし、転職のときにも有利です。

アフィリエイトはたとえお金が稼げなくても、今の時代に活かせるスキルが実践しながら積み上げることができます。

③ アフィリエイト以外の収益が作れる

WEBマーケティングの知識が身につけば、アフィリエイト以外の収益も作れるようになります。

ホームページ制作、WEBコンサルといったことですね。

個人でもホームページ制作なら1件30万円くらいで受注できますし、月3万とか5万円とかでWEB集客のアドバイスをするWEBコンサルの仕事もできます。

またアフィリエイトで稼げるようになってノウハウがたまれば、ノウハウを商品にして売ることもできます。

最近だとnoteとか流行っていますし、アフィリエイトで稼ぐ情報はいつの時代も需要があります。

僕もアフィリエイトで起業をして7年経ちますが、今ではアフィリエイト以外にも、ホームページ制作の仕事、WEBコンサルの仕事も並行してやっています。

それに今コツコツやっている当ブログの運営を始めた理由も、自分のノウハウを商品にして販売しようと考えているからです。

アフィリエイトを続けていると色んなスキルが身につき、色んなノウハウも溜まるから、結果アフィリエイト以外の収益を生み出すことができます。

まとめ:アフィリエイトは覚悟がないならやめとめ!でもコツコツ努力すれば報われる。

アフィリエイトを始めるなら覚悟を持ちましょう。

まずは「アフィリエイトで絶対稼いでやる」という気持ちを持つことから。

どんなに絶望の毎日を繰り返してもこの気持ちさえあれば乗り越えられることが多いです。

そしてアフィリエイトはお金だけではなく、今の時代に重宝されるWEBマーケティングの知識も勝手に身についていきます。

アフィリエイトを1年くらい続けていれば、アフィリエイトの収益もそうですが、それ以上に1年前と比べて自分が成長したことに気づくはずです。

コツコツやれば未来は変えられますよ!



最初のコメントをしよう

必須