社会人が勉強時間を確保できる7つの方法【1日6分→4時間作れる】

「勉強を始めようと本を買ったんだけど、仕事が忙しくて、1ページも開けずにカバンの中に入れっぱなし社会人が勉強時間を確保するにはどうすればいい?」

そんなお悩みにお答えします。

今回は、社会人が勉強時間を確保する方法について、まとめました。

この記事を書いている僕は、本業をやりながら勉強や副業をして、下記のような実績を上げてきました。

日本健康マスター検定エキスパートコースに合格

副業としてWEBマーケティング(アフィリエイト)を勉強して、月収8万円月収400万円を達成

ちなみに、過去の僕は、勉強もロクにしないブラック企業のダメリーマンでした。

そんな僕が、勉強を始めて年収も上げられたのは、勉強時間を確保する方法を知ったからという理由もあります。

この記事を読むことで、忙しくて時間がない社会人でも、勉強時間をつくれる方法がわかるので、ぜひ最後まで読んでくれたら嬉しいです。




社会人の平均勉強時間は1日6分という幻想

平成28年に総務省が行った調査で、日本の社会人の平均勉強時間は、16分という結果が出ています。

このデータから見えてくるのは、「勉強を始めようと思ったけど、忙しくて時間がない」そんな社会人が多いということ。

でも、本当に6分しか作れないものでしょうか

今この記事を読んでいる数分の時間が、1日に何十回もきっとあるはずです。

そんなスキマ時間を確保するだけでも、相当な勉強時間がつくれると思います。

また、スキマ時間ではなくて、1日のちょっとした行動で作れる時間はたくさん隠れています。

これから紹介する方法を実践すれば、1日6分最低でも1日4時間、勉強時間を確保できるようになりますよ。

社会人の勉強時間を確保する7つの方法

僕も実践済みの、時間を確保する7つの方法を紹介します。

1,朝早起きして、朝の1時間を確保

朝の時間は、めちゃくちゃ勉強が捗ります

朝は、生活音や騒音はないし、電話は鳴らないし、LINEもメールも来ない。

それに頭が一番冴えているので、勉強する効率は夜の3時間に匹敵する、とも言われているほどです。

朝は出社ギリギリまで寝てませんか?

もし仕事が毎日遅いならしょうがないですが、夜更かしして朝寝坊しているなら、夜の過ごし方から変えることからです。

そもそも、夜更かしする時間で勉強できるはずですが、夜よりも朝のほうが勉強効率が良いので、1時間早く寝るようにして、朝1時間早く起きる。

そんな習慣を作れば、朝の1時間に勉強することができます。

僕が実践済みの、夜型から朝型に変える方法については、下記の記事でまとめています。

2,通勤電車の往復で、1時間を確保

電車やバスの中の過ごし方を変えるだけで、勉強時間を確保できます。

電車に乗ると、ほとんどの人が、動画を観てるか、ゲームをしてるか、SNSを観てるか、寝てるかです。

あなたは何をして過ごしてますか?

中には、なんにもせずにボーッとしてたり、人間観察をしてるだけの人もいますが、その時間を勉強に当てられませんかね。

立ってるとテキストを広げられないというなら、音声や動画の教材で学ぶとか、色々と方法はあるはず。

通勤で片道30分かかるなら、往復で1時間も勉強時間を確保することができます。

.ぼっちご飯をして、昼の1時間を確保

お昼ごはんを同僚と食べている人も多いと思いますが、その時間って必要ですかね。

たぶん、会社の愚痴や、誰かの噂話をして時間が過ぎてると思います。

お昼の誰とも食べずに、一人で食べるようにすれば、ムダな会話もなく、時間を確保できます。

ご飯を食べる時間なんて10分くらいで終わると思うし、勉強なら食べながらでもできますよね。

お昼は、ぼっちご飯にすれば、お昼休憩の1時間は勉強することができます。

.夜にスマホを開かないで、夜の1時間を確保

やらないことを決めると、その時間を別のことに使えるようになります

特に、スマホとテレビは時間泥棒です。それがあるだけで、時間がないと錯覚しがち。

例えば、夜21時以降はスマホを開かない、テレビを点けない、と決めれば、21時以降にやることは限られますよね。

お風呂に入るか、読書をするか、勉強をするか、早く寝るか、とかでしょうか。

朝が弱いなら、その時間に勉強する、疲れてるなら風呂に入って早く寝て、朝勉強する、といったように、その時間で優先順位をつけてやることを決めると良いです。

.仕事中に、ながら勉強をする

デスクワークなら、モニターに勉強用のブラウザを立ち上げておく、営業マンなら外回り中のサボり時間で勉強する、など、仕事中にながら勉強すれば、かなりの時間を確保できます。

それに今なら、テレワークで在宅勤務の日も多くなってるはずなので、午前中で仕事を終わらせて、午後はまるまる勉強時間に当てる、という方法もできると思います。

もちろん、WEB会議とか緊急の電話とかあると思いますが、基本それ以外は勉強時間として確保できます。

メールも、終業時間前にまとめて返信すれば良いですしね。

会社員ならサボっても給料は出るわけなので、クソ真面目に働かなくても良いかと。

マンネリの仕事に時間を取られるよりも、勉強に重点を置いたほうが成長できますよ。

.土日に平日の2倍勉強する

勉強範囲が広かったり、細切れの時間ばかりで、勉強が進まない場合は、土日に集中。

土日は、平日の2倍は勉強するようにしましょう。

本気で勉強するなら、ある程度の犠牲は必要です。

飲み会を断るとか、友達との遊びも断ったり、旅行に行くのを我慢するとかですね。

僕も平日3時間、土日は6時間、といった感じで勉強してました。

合コンも行かず、彼女も作らず、土日もガッツリ勉強と作業したことで、収入を増やすことができました。

土日の時間をしっかり使うことで、勉強はかなり捗ります

一生のあいだ土日を使うわけでもないので、勉強の目標達成するまでは、土日の勉強時間を確保するようにしましょう。

.仕事を変える

朝は早くて夜は遅い、いつも睡眠不足で、電車の中ではいつも爆睡。

仕事もストレスフルで、常に監視されてるような状態。

土曜日は疲れて寝溜め、日曜は月曜が憂鬱でなにもやる気がおきない

そんな会社にいるなら、勉強なんてできないはず。

勉強なんかより、仕事を早く変えましょう。

今よりも年収が下がったとしても、スキルをつけて将来の年収を上げることができる勉強なら、勉強 > 会社、という優先度で会社を選ぶべきです。

余談ですが、僕もそんなブラック企業にいたんですけど、1分も勉強できなかったです。

というより、思考停止して勉強する気もおきなかったんですけどね。

それを辞めて月収8万円のフリーターになったんですが、確保できる時間が増えたおかげで、勉強熱も増して、めちゃくちゃ勉強に没頭できました。その結果、月収8万円月収400万円まで行き着くことが、できた感じです。

あなたが勉強している夢を叶えたいなら、環境を変える=仕事を変えることは、かなり効果がありますよ。

「勉強時間が確保できない」という言い訳になってないか

ここまで、勉強時間を確保する方法を紹介してきました。

7つの方法を紹介しましたが、どれか1つだけでも実践するだけで、1日1時間は確保できると思います。

まずは、自分にできそうなものから、行動に移してみてください。

勉強時間が1日6分なんていうことには、ならないはずなので。

ただ、それでも行動に移せないなら、別の原因があります。

勉強することを目的にすると続かない

今やっているものは、勉強することが目的になってないでしょうか?

「なんか、役に立ちそうだから」「履歴書に書けそうだから」とか、ボンヤリしたものだと、勉強しようと思う気持ちがだんだんと冷めてきます。

本を買ったときが一番のピーク、というパターンですね。

その勉強は、なんのために勉強しているのか、将来どう役に立つのか、目的を具体的にイメージできるものを選ぶようにしましょう。

実利にともなう勉強を選ぼう

将来どう役に立つのか、具体的にイメージが立てられないときは、勉強するものを選び間違えている可能性が高いです。

勉強する目的がボンヤリしていると、勉強も続きません。

社会人におすすめの勉強は、実利にともなう勉強です。実利=収入のこと。

少なからず勉強する目的の一つには、将来の収入(年収)を上げるためにやっているはずです。

なので、まずは収入につながる勉強を選びましょう。

不動産業なら宅建を取れば資格手当が出ますよね。最近では、TOEICの点数が昇進の基準になってる会社も多いですね。

ただ、勉強が収入につながる仕事も限られています。

そこで、おすすめの勉強は下記の4つ。

  • WEBデザイン
  • プログラミング
  • WEBマーケティング
  • 動画編集

すべて、すぐに収入につなげられる勉強です。

1年しっかり勉強すれば、手に職を持てるので、転職もしやすくなるし、独立してフリーランスとして活躍することも可能です。

会社員=安泰の時代ではないですし、会社に依存しないためにも、おすすめの勉強です。

詳しくは下記の記事でまとめています。

勉強する目標を立てる

勉強するなら、必ず目標を立てましょう。

資格試験はわかりやすいですね。「宅建を取る」「簿記2級を取る」とか、英語なら「TOEIC700点以上取る」とかですね。

でも、興味本位で勉強を始めたものって、目標も立てられないのも多いです。

その場合は、期限をつけて取り組むの良い方法。

「3ヶ月後に海外旅行行くから、そこまでに基礎英語をマスターする」とか、

「3ヶ月後に月5万円稼げるようになるためにWEBデザインを勉強する」とかですね。

期限を決めると、とりあえずそこまでは頑張ろう、という気持ちになって、勉強を継続しやすくなるのでオススメです。

まとめ:勉強時間を確保して、目的と目標をもった勉強を始めよう

今回は、社会人が勉強時間を確保できる方法を紹介しました。

まとめると、下記の7つの方法です。

1,朝早起きして、朝の1時間を確保

2,通勤電車の往復で、1時間を確保

.ぼっちご飯をして、昼の1時間を確保

.夜にスマホを開かないで、夜の1時間を確保

.仕事中に、ながら勉強をする

.土日に平日の2倍勉強する

.仕事を変える

まずは上記7つを意識して、自分の場合はどこで時間を確保できるか、考えてみてください。

また勉強には、多少のガマンと犠牲が伴いますが、目標を達成したときをイメージして、まずは目の前の勉強をこなす、そんな毎日を過ごせば1歩1歩ゴールに近づいていけますよ。

というわけで、今回は以上です。

考えたら、すぐに行動に移してみてくださいね。