会社を辞める勇気がないあなたへ【不安を分解して1歩を踏み出そう】

「会社を辞めたいけど辞める勇気が持てません転職も決まってないし、決まったとしても次の仕事でうまくいくか不安。でも、この齢(28歳)で辞めてとりあえずフリーターなんか世間体的に恥ずかしいでも、この会社にずっといたらボロボロになる誰か助けてほしい

そんなお悩みにお答えします。

この記事を書いている僕も、会社を辞める勇気がなくて、ずるずると5年半も会社に残ってしまった経験があります。

そして、現在はフリーランスで自由に働いていて、給料は会社員のときと比べて5倍の収入を得ることができています。

その経験から、「会社を辞めても、なんとかなるよ」と、まず言いたいです。

思い切って会社を辞めても、なんともなかったし、収入も何倍にも増やせましたしね。

そう言うと「いや、でもそれはあなたが運が良かったからでしょ?

なんて言われるかもですが、たしかにそれも正解です。

でも、運を引き寄せるのも自分次第。

会社を辞めるのも、次の仕事で成功するのも、あなたを助けてくれる人はいません。

とはいえ、ここでは、僕はあなたの味方ですし、この記事を通してあなたを助けたいと思い、この記事を書いています。

本記事で、会社を辞めたいけど勇気がないという方の、まず最初の1歩目が出せる勇気が持ってほしいと思っています。

会社を辞めるにしても、01に踏み出すのが一番体力がいるので、そこのお手伝いができれば嬉しいです。




会社を辞める勇気がない本当の不安とは?

会社を辞める勇気がない」には、いろんな不安があるからだと思います。

例えば、下記のようなこと。

・上司に「辞めます」と言う勇気がない

・引き止められて、気まづくなるんじゃないか

・仲が良かった同僚を裏切れない

・次の転職先が決まるか不安

・次の会社でうまくやっていけるか不安

・辞めて一度自由になりたいけど、世間体が気になる (親になんて言われるか、友達に合わせる顔がないレールを踏み外す勇気がない)

あなたの場合は、どの不安でしょうか?

ちなみに、僕の場合は全部でした。

いろんなことを考えすぎて、「会社を辞める勇気がない」と、絶望していました。

でも、あれもこれも考えすぎると、思考停止になってしまいます。

会社を辞めてから気づきましたが、1個1個の不安が、実はどうでもないことなんですよね。

不安を1個ずつ分解していきましょう。

上司に「辞めます」と言う勇気がない

こういう人は情が深くて、「上司が困るんじゃないか」と思ってしまうかもですが、困ることなんてないから大丈夫。

1人辞めたからって会社は普通に回ります。あなたのポジションに誰かが穴埋めされるだけ。

それで回らない会社だったら、なおさら辞めて正解ですしね。

その上司は、新卒の頃から、あなたを今までサポートしてくれた恩人かもしれないけど、親でもお兄さんでもない。

冷たいことを言うと、そもそも辞めたい会社にいる時点で、あなたのこれからの人生において必要ない人

そこはドライになって、「辞めます」と言いましょう。

引き止められて、気まづくなるんじゃないか

上司に「辞めます」と言ったら、必ず引き止められます。

引き止められない人なんていません。

だから、引き止められる前提で「辞めます」と言わなければいけません。

おそらく、仕事内容なのか、給料のことか、根掘り葉掘り聞いてくるでしょう。

でも、ここで不満や弱音を吐いたらダメです。

俺はあなたの味方だよ」アピールをしてきて、ますます情にやられます。

だから、引き止められない理由づけは、ある程度必要です。

ちなみに、僕の場合は、嘘をついて辞めました。

なにも決まってないのに「親の会社を継ぐ」と言って。

他にも「家庭の事情で」とかも使えますね。

いまの会社や仕事のこと以外の理由を、考えて伝えるようにしたほうがいいです。

ちなみに、ここでは嘘をついても全然OK、というのが僕の意見。

嘘をついてまで辞めたい会社なんだから、そこは自分に正直になって、堂々と嘘をついたほうが自分のためです。

また、不満をポロッと言ってしまって、「じゃあ給料を少し上げようか」とか、いきなり条件を飲んでくれたりしたら、所詮そんな会社という意味で思い切って辞める決意ができます。

泣き言を言えば条件を甘くする会社 = 泣き言を言わない限り働かせる会社、です。

甘えん坊だけが居残る会社で、あなたは成長できるでしょうか?

引き止められても、実際に「辞めます」と言えば、辞める決心がつくし、気まづくなることはないですよ。

仲が良かった同僚を裏切れない

ここでも情が深い人は、いろいろ考えてしまいますね。

一緒に頑張ってきたのに、「辞めるの?」なんて言われたら「ごめん」としか言えないですしね。

でも、その同僚も上司と一緒で、冷たいことを言うと、あなたのこれからの人生において必要ない人です。

同じ学校でも幼馴染でもない、たまたま同じ会社に入って傷の舐め合いをしてきた人です。

人生100年ある中で、ほんの数年一緒にいただけの人。

これからの出会いのほうが、ワクワクする友人はできていきますよ。

ちなみに僕も、前の会社の同僚とは、今はまったく連絡を取っていません。

ちょっと前までは、同期のLINEグループとかありましたが、集まっても前の会社の愚痴話で、残ってる会社メンバーだけが盛り上がるだけで、何も面白くありませんでした。

それに、同僚も仕事において何も成長してないので、集まる理由がなく連絡をとることをやめました。

会社を辞めても、その後も連絡は取れるので、同僚を裏切るわけでもないので大丈夫。

でも、あなたの人生はあなただけのもの、同僚に捧げるためだけに生きてたら勿体無いです。

次の転職先が決まるか不安

「会社を辞めてから転職先を探そう」と思ってるなら、次の転職先が決まるか不安になるはず。

でも、そう思うなら、いまの会社にいる時点で転職活動をしておきましょう

自力で転職活動をしようと思うと、なにから始めていいか分からないと思うので、転職エージェントを使うことをおすすめします。

転職エージェントは、あなたの希望する職種、勤務地、年収など、様々な条件に応じた会社を探してくれます。

また、あなたの仕事の適正診断をしてくれたり、転職に有利な履歴書の書き方、面接のアドバイスもしてくれるので、転職活動の不安や負担を軽減してくれる強い味方です。

ちなみに、ブラック企業でも大丈夫。

僕が利用した転職エージェントも、夜は22時~23時まで面談してくれたり、お昼休憩のあいだに喫茶店でお話をしてくれたり、あなたの都合に合わせて動いてくれます。

しかも、すべて無料で相談に乗ってくれるので使わない手はありません。

「次の転職先が決まるか不安」という悩みも、相談するだけでラクになります。

おすすめの転職エージェントについては、下記の記事で紹介しています。

次の会社でうまくやっていけるか不安

転職活動をすること自体、不安になってしまってる人は、

自分のスキルに不安がある

人間関係に不安がある

どちらかの理由があると思います。

転職しても年下上司に見下されるんじゃないか

そんな不安があるなら、まず、自分のスキルは何なのか?そこに目を向けるべきです。

スキルに目を向ければ、転職先も選びやすくなります。

ただ、自分のスキルがなにもないと思ってる人は、転職活動の前に、スキルを身につける勉強から始めてみると良いです。

ベタなところで言えば、まずは、会社員が使うツールである、エクセルやパワポを勉強するとかですね。

もし他の不安があるなら、専門スキルを勉強しておくと転職に有利になります。

例えば、プログラミングWEBマーケティング、といった分野がおすすめです。

プログラミング

プログラミングは会社でも人材不足の分野なので、勉強してスキルをつけるだけで転職先が広がります。

プログラミングを勉強するのは独学でも可能ですが、効率良く学ぶなら、プログラミングスクールに通うのがおすすめ。

忙しくても、24時間オンラインでの授業が受けれるので、自分のペースで学べます。

また、スクールに通えば、転職先も斡旋してくれます。

スキルを身につけ転職する、自分の得意分野を作って、得意分野で転職がしたいなら、プログラミングスクールでの転職ルートはおすすめです。

プログラミングスクールのおすすめは、「テックアカデミー」です。

受講者数No.1のプログラミングスクールで、転職先の斡旋、転職できなければ100%受講料返金という保証もあるので、失敗しないです。

WEBマーケティング

WEBマーケティングの分野もおすすめ。

WEBマーケティングとは、インターネット(ホームページ、ブログ、SNS、ネット広告)で見込み客を集めることを指します。

なぜ、おすすめなのかは、独学のハードルが低い分野だからです。

なにか特別な勉強をする必要はなく、独学におすすめの方法は「ブログ運営」をすることです。

ブログを書いてアクセスを集めたという実績が、そのままWEBマーケティングのスキルになるからです。

ブログ運営の実績をさらにつけるなら「アフィリエイト」を始めてみると良いです。

アフィリエイトはネット広告のことで、ブログにアクセスを集めて、ネット広告を貼って報酬を得る。

この流れは、企業の商品宣伝販売、と一緒なので、この取り組み自体が、転職活動でアピールできるものになります。

スキルを身につければ「転職しない」も選べる

また、プログラミングとWEBマーケティングをおすすめする理由は、もう一つ。

どちらも個人(フリーランス)で稼げる分野だからです。

プログラミングのスキルを身につければ、個人でも1件30万円くらいのホームページ制作が受注できるし、

WEBマーケティングのスキルがあれば、アフィリエイトで月100万円以上の報酬を得ることもできます。

ちなみに、僕もアフィリエイトで月100万円以上稼げるようになって、法人を設立。

今ではホームページ制作、WEBコンサルの仕事なども引き受けています。

これは、転職先の人間関係に不安があるという悩みも解決します。

スキルを身につければ「転職をしない」という選択肢が増えるからです。

今の世の中では会社=安泰ではないので、個人で稼げるスキルは身につけておくと、将来の不安もなくなります。

とはいえ、どちらのスキルも、身につけるには最低でも1年くらいは必要。

僕もアフィリエイトで月10万円稼げるようになるまでに、10ヶ月かかりました。

フリーランスで自由にやっていきたいなら、1年後の未来を見据えましょう。

でも、勇気は不要。コツコツと行動していくだけだから、きっとできるはずです。

辞めて自由になりたいけど、世間体が気になる

転職も勉強もしたくない。とりあえず今の会社を辞めたい。でも世間体が

と思っているなら、とりあえず今の会社を辞めたい、という気持ちを優先させましょう。

今の会社が嫌になり過ぎていて、何も行動を起こせないほど病んでしまってるはずなので。

ちなみに、僕もこの状況でした。

会社がブラック過ぎたので、何もやる気が起きなくて、転職も辞めることもできない状態。

そして、会社に残る理由は世間体です。

友達に合わせる顔がない」「レールを踏み外すことになる」という不安がよぎって、思考停止して会社にずるずると残ってしまっていました。

でも、いざ辞めてみて思うのは、世間体なんて気にする必要なかったな、ということ

僕は月収20万円の会社を辞めて、月収8万円のバイト生活になったんですけど、最高でしたよ。

自由に使える時間は増えたし、給料が下がっても、会社をやめてストレスがないので、なにより気持ちが前向きになりました。

気持ちが前向きになると、行動も変わります。

僕は、このときからアフィリエイトを本格的に始めました。

そして、10ヶ月後には月10万円、1年後には月50万円まで稼げるようになりました。

人によっては、会社を辞めてから転職活動に本気になれるかもしれません。

暗い顔して毎日出社して、絶望しながら働くメリットはどこにないですよ。

それが世間体のためだとしたら、本当に無意味。

まわりの目を気にしながら生きてくと、まわりの目線でしか生きられなくなります。

自分目線で、どっちがハッピーになれるのかを考えましょう。

レールを踏み外すことになるのは、いまの状況を放置していることだからです。

まとめ:会社を辞める勇気なんて、実はいらない

不安を1個ずつ分解していくと、不安になってることを解消すればいいだけなので、

会社を辞める勇気なんて実はいらない」と思えてきます。

自分の不安が解消されることは何なのか?

それが見つかったら、まずは1歩だけ行動にうつしてみましょう。

上司に「辞めます」と言う前に、辞表を書いてみる

引き止めに合わない辞める理由を調べてみる

転職エージェントに登録する

プログラミングの勉強を始めてみる

とかですね。

なにもやる気が起きないなら、世間体を気にせずに辞めるのもアリ。

レールを外れなくちゃ、景色は変わりません。

「とりあえず辞める」というのは大きな1歩で、踏み出すと大きく景色も変わります。

それこそ、今は個人が活躍できる社会です。

僕がやってるアフィリエイトもそうですが、ホームページ制作の仕事でも、プログラミングができるフリーランスの人に流れてますからね。制作会社よりも費用が安いので。

今後はいろんな分野でこういう流れになっていきます。

一方で、大企業のリストラ、早期退職者の募集が当たり前になってきています。

会社=安泰という考えはもう古く、あなたが我慢して働いてきた会社が、突然潰れるかもしれませんしね。

まずは、自分が信じた道を1歩ずつ前進していってください。

勇気なんて大げさに考えず、コツコツと1歩ずつ進むだけです。

というわけで、今回は以上です。

この記事を読んで、会社を辞める1歩目がわかって、それを踏み出すことができたら嬉しいです。

 

こんな記事も読まれています。