語学系ブログのアフィリエイトで稼ぐ方法9選【英語以外は穴場です】

「語学系ブログで稼ぐ方法が知りたい。どんなアフィリエイト案件があるの?」

そんなお悩みにお答えします。

今回の内容は、語学ブログのアフィリエイトで稼ぐ方法、についてまとめました。

本記事は、語学ブログを運営していて、マネタイズに困っている人向けの記事になります。

この記事を書いている僕も、別で運営しているタイペディアというタイ語のブログがあります。

今は当ブログの運営に注力しているため、放置気味ですが、それでも毎月数千円ほどの収益が上がっています。

ちなみに、タイへの留学経験もない僕でも検索上位が取れています。

なので、英語以外の市場はまだまだ参入障壁は低いと言えます。

もちろん英語も、カテゴリーを絞ったり、少し視点をずらしてみると、まだまだ戦える土俵はたくさんあります。

そこで本記事では、語学ブログで稼ぐ方法、または稼ぐコツといったあたりも解説していきます。

アフィリエイト以外のマネタイズの方法もあるので、シェアしますね。




語学ブログで稼ぐ方法【9つ】

次の9つです。

  1. Googleアドセンス
  2. 物販系アフィリエイト
  3. オンライン講座のアフィリエイト
  4. マッチングサイトのアフィリエイト
  5. 動画配信サービスのアフィリエイト
  6. 留学斡旋のアフィリエイト
  7. 就職・転職系のアフィリエイト
  8. 自分の教材販売【note
  9. 純広告

すでに取り組んでいるものもあると思いますが、復習も兼ねて、それぞれ解説していきます。

1.Googleアドセンス

まず最初にやるべきなのが、Googleアドセンスです。

収益的には少し寂しい部分はありますが、確実にマネタイズができる方法です。

読者にマッチした広告を自動配信してくれるので、広告に当たり外れがありません。

それに、語学ブログは検索の変動が少ないというメリットがあるので、安定した収益化が見込めます。

ヘタに広告を貼ってブログの信頼を落とすよりも、よっぽど良い方法です。

2.物販系アフィリエイト

次に、取り組みやすいのが、物販系のアフィリエイト。

自分が使った商品なら紹介しやすいですよね。

鉄板なのが、語学習得のために使った教材・本、の紹介です。

語学ブログを見にくる人は、比較的に勉強熱心なので、「この本がかなり役立ちました」と言って、経験談だったり実績を紹介すれば、購入されやすいです。

まずは、Amazonアソシエイツ、楽天アフィリエイトといったところで商品を探しましょう。

また本の他にも、A8ネットの広告にある「Udemy」というプログラムでは、語学系の動画講座があります。

また、アプリに特化したASPSeedapp」では、語学系のアプリもたくさん揃っているので、アプリ紹介で報酬を得られます。

3.オンライン英会話のアフィリエイト

英語だと、たくさんのアフィリエイト案件がありますね。

A8ネットで「オンライン英会話」と調べると、QQ EnglishNative campなど、合わせて50件近くあります。

ちなみに、英語以外でもオンライン英会話を訴求できる案件があります。

それが「DMM英会話」です

というのも、DMM英会話では、117カ国の外国人講師がいます。

もちろんメインは英会話ですが、レッスン中は自国の言葉をつかうことも多いので、あなたの使う言語でレッスンしてもらえるかもしれません。

あくまでも、抜け道的な発想ですが、「DMM英会話で、あなたの言語も学べるチャンスもありますよ」と、訴求することは可能ですね。

4.マッチングサイトのアフィリエイト

外国語を学ぶ目的が、外国人と恋愛したいというケースも多いので、マッチングサイトの紹介はマッチしやすいです。

外国人との出会いで推しているマッチングサイトは、afbにある、世界最大級の恋愛マッチングサイト「マッチングドットコム」、または「ペアーズ(pairs)」を紹介している人が多いです。

5.動画配信サービスのアフィリエイト

海外ドラマや映画は、純粋に好きな人もいますし、語学の勉強のために観たいという人もいます。

なので、海外ドラマや映画を豊富に扱っている動画配信サービスは紹介しやすく、かつマネタイズもしやすいです。

動画配信サービスでおすすめなのは、afb にあるhuluU-NEXT、またはNetflixといったサイトがおすすめです。

残念ながらNetflixは、アフィリエイトできないので、Netflixでやっている映画やドラマを紹介して、アドセンスをペタペタしてマネタイズがおすすめです。

6.留学斡旋のアフィリエイト

もし、留学経験があるなら、留学斡旋のアフィリエイトは紹介しやすいと思います。

A8ネットで「留学」と検索すれば、留学斡旋のアフィリエイト案件がいろいろと出てきます。

それに、成果地点が資料請求とかなので、稼ぎやすいです。

また、いくつかの語学学校なら直接交渉できるパターンもあります。

マイナーな言語の場合は、そもそも留学斡旋のアフィリエイトがないので、この方法がおすすめ。

紹介したい語学学校があるなら「ブログであなたの学校を紹介したいんですが」とメールを送ってみれば、反応してくれるはずです。

そこで、もし紹介できたら紹介料をもらえませんか?と交渉してみると良いです。

7.就職・転職系のアフィリエイト

語学スキルを身につけたいという人もいるので、就職や転職系のアフィリエイトもマッチします。

ちなみに、就職や転職系のアフィリエイトは、世の中的に需要が高いという背景もあるので、稼ぎやすいです。

就職・転職系のジャンルはライバルも強いので、正面から戦うとかなりムズイジャンルですが、「〇〇語+就職」、「〇〇語+転職」といった掛け合わせキーワードで狙うことで、商機はありそうです。

就職・転職系の案件なら、afbのリクルートエージェント、DODA、ビズリーチ、といったところがおすすめです。

DODAで「タイ語」と検索してみると、オープンで公開してる求人だけで28件も出てきました。給与も高く、待遇が良い案件が多いです。

ちなみに、語学を学ぶ方法を教えるブログは多いですが、その先でどうやって就職するか、仕事につなげるかを紹介しているブログはないので、一歩先を行って紹介できると強いですね。

8.自分の商品販売【note

アフィリエイトではなくても、稼げる方法はあります。

おすすめは、noteです。

noteは自分でコンテンツを販売できるプラットフォームです。

カンタンに言えば、ブログ記事を売ることができます。

例えば「タイ語の基本を3ヶ月でマスターする方法」といった感じのテキストを、自分で値段をつけて販売ができるわけです。

商品を作り方は、まずは語学ブログの記事を一つにまとめる、という感じが良いかと。

そして、語学を学ぶには順序があるので、それを順序立てて記事をくっつけていくだけで、それなりの商品は完成しますよね。

また、売り方については、前半部分を無料にして、後半部分を有料にする、というやり方が主流です。

前半部分で、できるだけ最後まで読ませる文章が書けるかが肝になりますねで。

9.純広告

語学ブログでアクセスが伸びてくると、企業から「広告を掲載してくれませんか?」というオファーが届いたりします。

成果報酬型ではなく、月額いくら、という固定報酬制の広告です。純広告と言ったりします。

バナー広告をブログに掲載するだけで、何もしなくても安定してお金が入る仕組みができます。

だから、アクセス数を伸ばすことは、いつになっても注力するべきです。

また、こちらからオファーする方法もアリです。

留学斡旋でも話ましたが、自分が紹介したいお店やサービスがあれば、こちらから連絡して交渉するパターンですね。

アクセス数のデータを見せれば、反応してくれる所も出てくるはずです。

語学ブログで稼ぐコツ

ここまでは、語学ブログでの稼ぎ方を紹介しました。

ここからは、語学ブログはどうすれば成果を上げられるか、稼ぎ方のコツみたいな部分を紹介します。

自分が使ったものを売る

何か商品を売るなら、自分が使ったもの、経験したものを紹介したほうが、成果をあげやすいです。

世の中の語学ブログは、「とりあえずオススメです」ぐらいの、受け売りの商品紹介ばかりなので、いまいちピンと来ないんですよね。

だからまずは、自分使ったもの、経験したもの、で紹介できる商品を選びましょう。

特別ないのであれば、アフィリエイト商品を自ら体験してみる、という方法もおすすめです。

〇〇人の先生とDMM英会話でレッスンしてみた、とか、マッチングサイトで実際に会ってみた、とかですね。

こうした経験談があると、成約率も上がるのでおすすめです。

資格や実績を売りにする

また、自分の語学の資格や実績があるなら、それをアピールしましょう。

商品紹介一つにしても、「この人が紹介しているなら大丈夫そうだ」と思って、買ってくれる確率が上がるからです。

ブログのプロフィール、また、記事の導入文にも必ず資格や実績を載せるようにしましょう。

人気の商品を紹介する

アフィリエイトのどんなジャンルでも言えますが、人気商品を紹介したほうが間違いありません。

あなたが世界的に有名な人でない限り、Amazonベストセラー1位という本には勝てません。

そこで、あなたが変にマイナーな本を紹介しても、読者は「本当に?」と不安になるし、売るのはかなりムズイです。

アフィリエイト単価だけで商品を決めずに、人気の商品、または売れている商品を選ぶようにしましょう。

売れる商品の探し方については下記の記事で紹介しています。

ブログのページ分けをはっきりさせる

すべての記事に広告を貼ったり、商品を紹介してたら読者は離れてしまいます。

ブログ記事には、大きく3つの役割があります。

  • アクセス記事
  • リード記事
  • キラーページ(収益記事)

アクセス記事とは、キーワードと検索ボリュームを意識した記事のこと。

検索されているキーワードから、お役立ち情報を書いて、リード記事につなげます。

リード記事とは、売りたい商品のカテゴリをまとめた記事のこと。

たとえば「〇〇語の勉強に役立つオススメ本5選」といった記事のこと。

ここから、キラーページにつなげます。

キラーページとは、収益を上げる記事のこと。

先ほどのリード記事で紹介した本の中で、個別で本紹介をして、読者に買わせる記事になります。

上記3つの役割の記事の割合は、

  • アクセス記事:6
  • リード記事:2
  • キラーページ:2

といった感じが理想です。

リード記事や、キラーページばかりの広告だらけのブログは、読者が離れやすく、長続きしないので注意しましょう。

英語ならカテゴリーやジャンルを狭める

英語のアフィリエイトは、稼げます。

ただ、英語のサイトやブログは競合が多すぎて、ど真ん中で勝負すると、かなり厳しい戦いが待っています。

なので、英語で語学ブログをやるなら、カテゴリを狭めたほうが良いです。

オンライン英会話だけを紹介するとか、セブ島留学に特化したブログにするとかですね。

カテゴリを狭めると専門性が増してSEO的にもメリットがあります。

また、ライバルもその分少なくなるので、稼ぎやすくなります。

アクセスデータを見て、紹介する商品を決める

Googleアナリティクスでは、性別や年齢といったユーザーの属性がわかります。

男性と女性でどちらが多いのか、何歳くらいが多いのか、といった情報は、紹介する商品を決めるのに役立ちます。

たとえば、タイ語のブログの場合は、8割くらいが男性です。

その場合は、本よりも動画系のほうが購入されやすいし、マッチングサイトを紹介すれば食いつきやすい、と考えられますよね。

アクセスデータはたくさんヒントが拾えるので、無料で使えるGoogleアナリティクスは必ず導入しましょう。

商品を売ろうとしない

世の中には、語学系の本や教材はたくさんあるので、いきなり商品を紹介しても買ってくれません。

それに、商品をゴリ押しばかりしていると、読者は離れてしまいます。

語学ブログの役割は、語学を身に付けたい人のための、モチベや行動を促すためにあるので、まずはしっかり情報提供することが大事。

そして、役に立ちそうな商品があれば、そっと置いておく程度が、読者にとっては一番心地良く感じます。

まとめ

今回は、語学ブログのアフィリエイトで稼ぐ方法について紹介しました。

稼ぎにくいイメージがある語学系ブログも、少し視点をずらすと、紹介できる商品はたくさんあったりします。

あなたの得意分野が語学なら、他には目をくれずに追求するべきです。

そのほうがブログを書き続けられるし、あなたの語学の定着にも役立つし、あなたのポジションが確保できます。

ポジションが取れると、商品も売れやすくなりますからね。

そのためには、今日の1記事をしっかり書くこと。その積み重ねです。

この記事を読んで、ピーンとくるものがあったら、さっそく1記事を書いてみてください。

それでは、今回は以上です。