一人暮らししたいけどお金がない人は「GoToトラベル」が解決する

「一人暮らししたいけどお金がない賃貸だと家具とか買わなきゃで初期費用が50万くらいかかるし、マンスリーマンションだと家賃が10万円以上するし。でも、どうしても一人暮らしがしたい。初期費用なしで家賃もできれば5万円以下で可能な方法ってなにかある?」

そんなお悩みにお答えします。

今回は一人暮らししたいけどお金がない人の解決策をまとめました。

結論は、タイトルにもある通りで「GoToトラベルキャンペーン」を利用する方法です。

ホテルの宿泊料金が35%オフ、さらに15%分の地域共通クーポンも発行されるので、実質半額でホテルに泊まれるということ。

2020101日~東京もGoToトラベルの対象地域になったので、東京のホテルも半額です。

一人暮らしの前に夢のホテル暮らしが実現できるチャンスなのです。

今回はGotoトラベルキャンペーンを利用して実際にホテルで一人暮らしをしてみて、かかったお金や生活してみた感じを紹介していきます。




Gotoトラベルキャンペーンについて

Gotoトラベルキャンペーンは、Gotoトラベルキャンペーンの対象ホテルに泊まれば、ホテルの宿泊代金を割引してくれるキャンペーンです。

宿泊代金の35%を割引してくれて、15%分の地域共通クーポンがもらえます。なので実質50%を割引補助してくれるというわけです。

1人あたりの上限は2万円まで割引されるので、1泊4万円の宿泊で最大の割引が受けれるということ。

割引額の上限が高いので、高級ホテルに人気が偏っているというニュースもありましたが、普通のホテルでも格安で泊まれるわけなので、一人暮らしをしたいけどお金がないという人にはGoToトラベルを使ってホテル暮らしするのが、今なら一番おトクな方法なのです。

【体験記】Gotoトラベルキャンペーンでホテルで一人暮らし

今回は、東京の大井町駅から徒歩4分ほどにある「東京バニアンホテル」を利用してみました。

食事なしのウィークリープラン (6泊7日)で予約。

通常料金は18600です。(内訳は3100×6日)

それがGoToトラベルを利用して、18600×35%オフ12090になりました。

プラスで地域共通クーポンも3000円分もらえました。

これを単純に4回利用すれば1ヶ月間の費用になるので計算してみると、

12090×4回=48360円/月

地域共通クーポン12000円分 (3000×4枚)

ということになります。

家賃が約5万円/で住むことができて、初期費用(敷金・礼金・仲介手数料)も0円。

えっ、こんな安く一人暮らしができるの!?」とびっくりするくらい激安。

それに、電気水道もタダで、家具家電もついていて、掃除もしてくれて、アメニティも毎日交換。

大井町駅から徒歩4分で、しかも地域共通クーポン(金券)が12000円分もついてくるという。

一人暮らしなのに至れり尽くせりという状況を味わえます。

ちなみにここまでは固定費だけのお話。

次では実際にホテルで一人暮らしをしてみて感じたことや、一人暮らしでかかった費用なんかを紹介していきます。

東京バニアンホテルでの一人暮らし

部屋の中はこんな感じ。

ベッド1台、テレビ1台、机と椅子、電気ケトル、冷蔵庫、ドライヤーがあります。

アメニティはシャンプー、リンス、ボディソープ、歯ブラシ、ひげ剃り、バスタオルとハンドタオルという感じ。

もちろん部屋にはシャワーとトイレもあります。

一人暮らしするには必要最低限のものは揃っていたので生活するには全く困りません。

ですが不便だったのが、キッチン、電子レンジ、洗濯機がないことでした。

キッチンがないと、外食か、コンビニやスーパーで弁当やお惣菜を買って食べるしかありません。

栄養バランスとかを考えるとメニュー選びが結構メンドイです。

電子レンジがないので、コンビニやスーパーではチンして持って帰る感じです。

温かいものを部屋で食べたいならその都度買いに行かなくてはならないです。

洗濯機がないとコインランドリーへ行かなければなりません。

僕の場合はエニタイムフィットネスに登録していて、普段からジムに行くので、洗濯は基本毎日必要。

コインランドリーは洗濯と乾燥を合わせると1回300円ほどかかります。微妙にお金がかかります。

ただ下着だったり靴下なんかは洗面所でお湯をためて手洗いすればいいので、そうして節約するのもアリですね。

一人暮らしの生活費は「地域共通クーポン」が支えてくれる

ちなみにGotoトラベルでもらえる地域共通クーポンはコンビニやスーパーでは使うことができます

だから弁当やお惣菜、飲み物、お菓子、ビールなんかも全て「地域共通クーポン」でまかなえました。

今回のホテルであれば1ヶ月で12000円分の地域共通クーポンなので、かなりの助けになります。

ホテルでの一人暮らしでかかるお金【1ヶ月分】

今回は6泊7日でかかった費用を×4にして、4週間分に想定して計算してみました。

家賃 48360
電気代 0円
水道代 0円
Wi-fi 0円
NHK受信料 0円
コインランドリー 4800
飲食費 40000
飲み代 20000
地域共通クーポン ▲12000円
合計/月 101,160円

僕の場合はこんな感じの出費でした。

家賃の格安さ、光熱費やインターネット費用が0円であることがでかいので、食費などを合わせても一人暮らしで1ヶ月10万円くらいに抑えることは可能だと思います。

なにしろ地域共通クーポンがだいぶ助けてくれます。これがあるおかげで飲食費が補填できました。

GoToトラベルで一人暮らしにおすすめのホテル

個人的には「東京バニアンホテル」は満足です。

駅から近いしコンビニやスーパー、飲食店もたくさんあって、近くにはコインランドリーと銭湯までありました。

生活しやすい環境なので、一人暮らしするにはおすすめのホテルだと思います。

ですがやはりキッチン、電子レンジ、洗濯機がないのは不自由には感じました

キッチンがあればスーパーで買い出しして料理をして多少の食費が減らせたと思いますし、コインランドリーの4800円分が浮いたわけなので。

1ヶ月にしたら1万円~2万円くらいは生活費を安くできたと思います。

そこで、キッチン、電子レンジ、洗濯機がついているホテルがいいなら別のホテルです。

僕もいろいろと探しましたが条件が当てはまるのは「東急ステイ」しかありませんでした。

東急ステイは全国に28店舗あるGotoトラベルキャンペーンの対象ホテルで、キッチン、電信レンジ、洗濯機が標準でついています。

どこの店舗も駅から数分という立地で1泊あたり5000円ほど。Goto割引で1泊あたり3000円強で泊まることができます。

もちろん地域共通クーポンも出るので、クーポンで食材を買って部屋で料理すれば飲食費も抑えられますね。

家賃的に1ヶ月が9万円ほどかかるので、月の出費は全体で13万円くらいを想定しておくと良いと思います。

東急ステイ公式サイト

GoToトラベルを使った一人暮らしの5つメリット

実際にGotoでホテル暮らしをしてみて、お金のメリットもそうですが、それ以外のメリットもあるなと感じました。

① 家賃・初期費用が激安

まずはお金のメリットは大きいですね。

GoToで家賃を安く抑えられるからお金がなくて一人暮らしすることができます。

それに初期費用も0円だから貯金がなくても一人暮らしすることができます

GoToトラベルキャンペーンの期限も決まっていないので、今すぐ一人暮らしをしたいなら利用したほうが良いですね。

② 一人暮らしが体験できる

一人暮らしをしたことない人なら、一人暮らし体験をすることができます。

やっぱ一人暮らしって自由でいいな」と思う人もいれば、「一人暮らしって寂しいな」と思うかもしれません。

一人暮らしをしてみると自分の時間が増えるので、何かやりたいことを見つけるにはチャンスです。

③ 都心に住める

ホテルは人が多いエリアに集中しています。

特に東京は都市エリアのホテルがめちゃくちゃ多いので、普通は一人暮らしできないエリアに住むことができます

今は外国人観光客もいないのでどこのホテルも空いているので、会社に近い場所に住みたい、遊べるエリアに住みたい場合はチャンスです。

いつでも引っ越せる【住む家を変えられる】

住みたい期間だけ予約すればいいだけですし、持っていく荷物も1つだけなので、いつでも引っ越せるというのがメリットです。

一人暮らしってやっぱ心細いと感じたら実家に戻ればいいですし、飽きてしまったら別の街のホテルで住むことも自由。

住む家を変えると毎日に変化があって楽しいものです。

自分に合った街を探せる

ホテルを転々としながら「この街いいな」と思えるところを探せるのもメリットです。

実際に住んでみないとわからないことも多いので、住みたいエリアに住んでみて将来一人暮らしする場所の選定ができます。

GoToトラベルキャンペーンを利用した予約の仕方

GoToトラベルキャンペーンを利用した予約の仕方は下記の2通りあります。

・旅行サイトで予約する

・公式サイトで予約する

旅行サイトで予約する

一番カンタンな方法は、楽天トラベル、じゃらん、Yahooトラベルといった旅行サイトで予約することです。

Gotoトラベルの対象ホテルの場合なら、予約の時点で35%の割引が適用された料金になっているからそのまま予約すればいいだけです。

地域共通クーポンもホテルのチェックインのときにもらえます。

ただ、できるだけ安く予約したいならホテルの公式サイトからがおすすめ。

旅行サイトはいずれも手数料が上乗せされてる分料金が高くなっているからです。

公式サイトから予約する

公式サイトから予約する場合は下記の手順で予約します。

  1. 公式サイトで正規の値段で予約
  2. STAY NAVIでクーポンを発行

まず公式サイトで正規の料金で予約します。

その後に「STAY NAVI」というサイトでクーポンを発行して、そのクーポンをチェックインの時に見せて35%割引と15%分の地域共通クーポンをもらう流れになります。

STAI NAVIの会員登録クーポンを発行という手間がかかる感じです。

ただ、今回泊まった「東京バニアンホテル」の宿泊料金も、公式サイトでは18600円でしたが、旅行サイトではどこも20000円でした。

1週間で1000円以上、1ヶ月にしたら大分変わってくるので、できるだけ安く宿泊したいなら手間を惜しんでやるべきですね。

まとめ

一人暮らししたいけどお金がないなら、GoTOトラベルを使ったホテル暮らしをしてみては?

GoTOトラベルを使った一人暮らしなら、賃貸のような初期費用がかからず、マンスリーのような高額家賃を払う必要もありません。

また光熱費もかからず、インターネット無料。地域共通クーポンももらえます。

今回泊まったホテル「東京バニアンホテル」も十分良いホテルですし、キッチン、電子レンジ、洗濯機がついているところが良いなら「東急ステイ」がおすすめです。

会社の近く、または住んでみたかった街のホテルなんかも探してみてください。

GoToトラベル対象のホテルは「STAY NAVI」で探せますよ。

それでは今回は以上です。

 

こんな記事も読まれています。