Naverまとめ終了で考える「まとめサイト」で稼ぐ方法【戦略とツール】

こんにちわ、テルです。

今回は「まとめサイトで稼ぐ方法」という内容になります。

先日の僕のツイートでも取り上げました。

有名なまとめサイトである「Naverまとめ」がサービス終了するというニュースですね。

数年前までは、まとめサイト(キュレーションサイト)が検索結果を埋め尽くしていましたが、2020年現在ではほとんどのまとめサイトが姿を消しました。

世間では「まとめサイトはもうオワコン…」といった意見も出ていますが、Naverまとめの記事で今でもいろんなキーワードで検索上位に表示されているのも事実です。

そこで、まとめサイトもやり方次第では稼げるんではないかと考えて記事にすることに。

ちなみに、この記事を書いている僕は美容系のまとめサイトで最高で月400万円稼いだことがあります。

その経験もふまえて、「どうすればまとめサイトで稼げるか」考えをまとめてみました。



Naverまとめの検索結果の状況【2020年7月現在】

昔に比べたら検索に出てくることは減ったような印象を受けますが、今でも様々なキーワードで上位表示されているのは事実です。

たとえば「ダイエット おすすめ」というビッグキーワードでSEO4位にランクインしているのはNaverまとめの記事です。

また「ダイソー 人気」という、これまたビッグキーワードでSEO9位にランクインしているのもNaverまとめの記事です。

どちらも他サイトからの転載や寄せ集めの記事なんですが、ビッグワードで上位表示されています。

Naverまとめが上位表示される理由

Naverまとめの記事が上位表示されている理由は3つが考えられます。

  1. 膨大なコンテンツ量
  2. SNSでの拡散
  3. 被リンクの獲得の多さ

といったことです。

Naverまとめは不特定多数の人が記事を投稿していけるサービスなので、コンテンツ量は膨大になっていきます。

また「Naverまとめの記事はスカスカ」という意見も多いですが、中には詳しい情報が掲載されている記事もあり、そうした有益な記事がSNSで拡散されたり、ブックマークやブログで紹介されるなどして被リンクを獲得しているわけです。

サイトへの流入の数が多いことや、様々なメディアから流入されていることもあって、検索結果から高い評価を得られていると考えられます。

良い記事を書けば上位表示される可能性はある

Naverまとめの記事が上位表示されていることを考えると、良い記事を書けば上位表示される可能性はありそうだと言えます。

もちろん検索ガイドラインであるYMYL以外 (お金や健康に関すること以外)のジャンルのことになりますが。

SEOの世界でも「コンテンツ イズ キング」とも言われていますが、サイトにとって最も重要なのはコンテンツ=記事の内容であることは間違い無いです。

ただのまとめサイトでは稼げない

とはいっても、Naverまとめのようなでっかいサイトを作るのは個人では不可能です。

また良い記事だけを量産して書いたとしても、それだけで上位表示されるかと言ったら難しいのが現状です。

検索の上位に表示されるためには、サイトや記事の「信頼性」があることが重要だからです。

ちなみにNaverまとめについて言うと、SNSからの流入や、被リンク獲得の多さが信頼性の評価に値したと推測できます。

また今の検索結果の上位にいるのは、一流企業やAmazon、楽天といった大手のECサイトなど、やはり信頼性があるところが運営しているサイトになります。

たとえば、英語についてのまとめサイトを運営するなら、誰も分からぬ個人が運営するまとめサイトよりも、ECCやベルリッツといった英会話スクールが運営したほうが上位表示されるようになっているわけです。

なので、ただ闇雲にまとめサイトを作るだけでは失敗する可能性がかなり高いと言えます。

まとめサイトのジャンルの選び方【信頼と記事数を稼げるもの】

そこでまとめサイトを作る上でのジャンル選びは、

  • 信頼性
  • 記事数を稼げる (100記事以上)

この2つがあるジャンルが良いです。

たとえば、あなたが英語留学の経験があるなら、英語のまとめサイトを作るのはおすすめです。

まとめサイトの管理人プロフィールであなたの留学経歴を載せることで、読者が「この記事は信頼できる」と思ってくれる人は増えます。

そして、SNSで拡散してくれたりブックマークをしてくれる可能性が高くなるのです。

信頼性を得るにはあなたが経験した記事を書く

ただ管理人プロフィールだけなら嘘を書こうと思えば書けてしまいます。

そこで信頼性を得るのに重要なのが、あなただけの経験を記事に落とし込んだ記事を書くことです。

たとえば英語の学習アプリを紹介する記事だったら、

「英語アプリおすすめ10選【2年間の留学経験から使えるものだけ紹介】」

といった感じのタイトルにして、留学の中で一番英語力がついた勉強法を交えつつ、どんなアプリがおすすめなのかという記事内容にしたらかなり説得力が増すし、記事の信頼性も上がるはずです。

100記事以上の記事数を稼げるジャンル

あなたの信頼性が担保できるジャンルに加えて、100記事以上の記事が書けるジャンルでないとサイトのコンテンツ量が足りずに上位表示が難しいです。

一番やっちゃいけないのは雑記ブログようなまとめサイト

iPhone用のガジェットを紹介した記事があったり、ラーメン二郎のおすすめ店を紹介する記事があったり、あなたの好きなものだけ書いても、読者は「?」となってしまいますし、検索エンジンも何のサイトなのか判断できないから評価を得られないです。

自分に信頼性の担保があるジャンルがない場合は、自分が好きなジャンルや興味のあるジャンルを選ぶと良いです。

勉強中でも記事をまとめていけば、だんだんと知識も詳しくなっていき、サイトを育てていきながらあなたも成長して、将来的にサイトを育てた足跡が信頼になり得るからです。

たとえば英語に興味があるなら、英語の勉強していきながら英語のまとめサイトを運営するのがおすすめ。

それで1年後にTOEICの点数が伸びたら、その伸びた結果を報告して、点数が伸びた方法を紹介する記事を書けば信頼性のある記事が出来上がります。

まとめサイトで稼ぐためのツール

記事を書いていくだけでは、信頼性は溜まりにくいです。

そこでまとめサイトで稼ぐために使えるツールなのがこの2つです。

  1. SNS
  2. Youtube

SNSを活用する

SNSでまとめサイトで書いた記事の更新をお知らせしたり、まとめサイトで書いた内容や、書ききれない有益な情報をつぶやくことで、いいねボタンを押してもらえたり、継続していくとフォロワーも伸びていきます。

すると検索エンジン以外からの流入が増えたり、SNSで拡散される可能性が出てきます。

またSNSが伸びると個人名やサイト名が覚えられるようになり、検索エンジンで指名検索されることも出てきたりと、検索エンジンにも高評価を得ることができます。

まとめサイトで稼ぎたいなら、まとめサイト用のFacebook、TwitterといったSNSのアカウントページを作って同時に運用するようにしたほうが良いです。

Youtubeを活用する

またYoutubeもまとめサイトへの流入を増やせます。

まとめサイトのジャンルに関する情報をYotubeで発信して、概要欄にまとめサイトのリンクを貼ってサイトに飛んでもらう方法です。

動画は写真の5000倍の情報量とも言われていますし、説得力や信頼性を得るには動画は必須のツールです。

さっきの話の続きですが、英語のまとめサイトを作るんであれば、英語のYoutubeチャンネルを同時に運営すると、どちらのアクセスも増えるし、信頼性も確実に上がりますね。

まとめサイトは良い記事であればユーザーにとっては便利な情報です。

ですが、ただ単にまとめサイトで記事を書いていくだけでは中々評価を得られずに読者の目に届きません。

そこで読者を増やすためにも、SNS、Youtubeといったツールも同時に運営することはとても重要です。

まとめ

今回の内容のポイントをまとめます。

・Naverまとめが2020年9月30日にサービス終了

・Naverまとめの記事で上位表示されている記事もたくさんあるので、良い記事を書けばまとめサイトでも稼げるチャンスはありそう。

・ただのまとめサイトは稼げない。稼ぐためには信頼性があるサイトにして、100記事以上の記事が書けるジャンルで始める。

・まとめサイトの記事更新だけではなく、SNSやYoutubeも同時に運営すると、アクセス数アップと信頼性が上がる。

「まとめサイトはオワコン」といった声もありますが、

正確に言うと「信頼性のないただのまとめサイトはオワコン」です。

信頼性のあるまとめサイトがまだ作れないなら、信頼性の上がることを続けて記事にしていけば良いだけ。

何かの勉強をした成長記録をまとめサイトで載せるのも良いですし、毎日更新をしているサイトだとアピールすることも信頼性につながりますよね。

それに、あなたの経験が詰まったまとめサイトなら、ただのまとめサイトではなくなります。

またまとめサイトで稼ぐためには記事数も重要です。

小さいことを考えるより、何はともあれまずは「行動」してみることが稼げるコツです。

というわけで今回は以上です。

美容系のまとめサイトで稼いだノウハウはこちらの記事で紹介しているので参考までに。




最初のコメントをしよう

必須