【2020年】お盆休みに仕事したほうが良い5つの理由【休みなら志事を探そう】

「ウチの会社はお盆休みもなくていつも通り仕事なんだよね、まじ最悪だわ… Go toキャンペーンでどっか行きたかったのにな…」

お盆を前にしてこんな風に萎えてる人多いと思います。

ちなみに、この記事を書いている僕は自営業のため休みはいつでも決められるんですが、毎年お盆休みはなく仕事しています。

なんならお盆休みはいつも以上に仕事してる感じです。

お盆休みも仕事だとなんかみんなから取り残されてる感があると思いますが、僕からするとお盆休みは仕事したほうが良いですよ。

理由は5つあります。



1.電車が空いてる

学校は休みだし、お盆休みにする会社が多いので、出勤のバスや電車がいつもより空いてます。

いつもギュウギュウでストレスだらけの通勤から解放されるチャンスです。

また東京メトロは仕事でつかう人が多いので、お盆休み中はガラガラなんてことも。

空いていると冷房も効いていて快適に過ごせますよ。

2.仕事が捗る

電話が少なくて、問い合わせもない、エアコンもガンガンかけられる、会議もない、邪魔するものが減って仕事が捗ります。

それに昼ごはん食べるとこも空いてたりして、仕事するのに最適な環境が整っています。

3.お盆休みはどこ行っても混んでる

お盆休みにどっか行こうと思っても、どこも混んでますからね。

せっかくの休みなのに、道は混んでる、人がうじゃうじゃではストレスしか溜まりません。

お盆は仕事して、代わりに別の日に休んで出かけたほうが空いているし、周りが仕事してる日に休みをとってレジャーを楽しめれば優越感に浸れます。

4.お盆休みはどこも高い

お盆にどこか旅行に行くなんて言ったら、通常の2〜3倍の料金がかかります。

ある意味、年に2〜3回行けるお金が1回で終わってしまう計算に。

お盆休みに旅行に行く人は本当に損してますよ。

5.コロナだから楽しめない

2020年のお盆休みはコロナのせいでどこへ行っても例年のように楽しめません。

常にマスクをつけての行動、施設に入るたびに消毒、観光地は密を防ぐために閉鎖しているところもあるなど、何をするにも制限がかかります。

お店も早終いしてしまったり、せっかく高いお金を払って来たのに楽しさは半減です。

Go to キャンペーンは対象外の東京都に在住の人は特にですね。

お盆休みの代休も取れない会社なら話は別

ちなみにここまでの話は、お盆休みの代休をずらして取れる人にとってのメリットです。

もしお盆休みもなく、その代休も取れない会社なら話は別です。

転職や辞める準備をしたほうが良いです。

僕も以前の会社がお盆休みに仕事しても代休も取れない会社でしたが、辞めましたよ。

結局そういう会社は常にそういう体質なんですよね。

代休や有給なんて言葉が存在しなかったり、残業代は出ないし、勤怠管理も自分でチェックできないみたいな。

そんな会社に安月給でいつまでも搾取され続ける生活なんて本当に時間のムダ。

毎年のお盆休みに憂鬱になるだけです。

仕事は無限にあります。いつもより拘束が少ないお盆休みの仕事の合間に、次の仕事を見つける時間にすることをおすすめします。

お盆休みに何か仕事を探すなら志事を探そう

お盆休みがしっかり取れる人も同じことが言えます。

2020年のお盆休み中は、どこへ行っても混んでる、高い、そしてコロナの影響もあるので外出を楽しめないと思います。

だからといって無理やり仕事をするのも、休みの日の過ごし方としてはブルーになるはず。

そこでおすすめなのが、志事を探す事です。

会社の仕事ではなく、自分が志す事を探す時間にあててみてください。

一生会社員で安泰の時代は終わってますし、今後もコロナの影響が続いて会社が傾いてしまう可能性も考えられます。

志事とは自分が将来どうなりたいかをまずは考えることです。

どうなりたいかが決まると、手に職がつくスキルを身につけたり、自分でお金を稼げる力を身につけたり、やらなければいけないことが見えてきます。

漠然とし過ぎて何も考えられない人は、まずは個人でお金を稼げるようになるのがおすすめ

会社への依存度が下がるので余裕をもって仕事に取り組めるし、いざとなったら会社を辞めて独立もできるからです。

個人でお金を稼ぐのに今おすすめの方法なのが、この3つ。

  • プログラミング
  • 動画編集
  • アフィリエイト

プログラミング

プログラミングはWebサイトやアプリを制作・開発できるスキルです。

プログラミングスキルがある人の事をエンジニアと言ったりしますが、今やどこの企業もエンジニア不足で転職では完全な売り手市場になっています。

またWeb制作は今やフリーランスのほうが仕事が取りやすいです。

クラウドサービスを探せば仕事を依頼したい人が山ほど見つかります。制作費用もフリーランスのほうが安いからですね。

それでも1件のWebサイト制作で30万円くらいで受注できたりするので、1件仕事を受けるだけで会社員の給料を簡単に超えられます。

動画編集

Youtubeに参入する人が増えていること、またWebサイトだけでは集客に行き詰まっている人も多いのもあって、次は動画をやりたいという人が増えています。

ただ動画をやりたくても編集スキルがない人がほとんどなので、動画編集の仕事がチャンスなのです。

ちなみにクラウドワークスやランサーズといったクラウドサービスを見れば分かりますが、動画編集を依頼したい人は山ほどいます。

ちなみに動画編集の仕事は、特別な資格も要らず、勉強の必要もありません。

自分で動画を撮って、動画編集ソフトをいじり続けていけば、自然と身についていきます。

今だからこそ稼げる仕事でもあり、参入するハードルも低いのでおすすめです。

アフィリエイト

ブログに広告を貼って収益を得る方法です。

広告をクリックしたその先で商品を買ったら収益を得られるので成果報酬型広告と言います。

稼げるようになるまで最低でも半年〜1年くらい掛かるので、最初は辛抱強く続ける必要があります。

それでも稼げるようになると収入は一気に青天井になり、月100万円以上稼ぐことも可能です。

またWebサイトの制作やWebマーケティングのスキルも身につき、ホームページ制作の仕事や、Webコンサルティングの仕事を受けることもできるようになります。

ちなみに僕はアフィリエイトで最高月400万円稼ぐことができて、その経験と実績で、ホームページ制作やWebコンサルティングの仕事も受けられるようになり、今では1人で会社を経営できるようになりました。

アフィリエイトは副業で始められるし、稼げれば僕のように独立も可能。

お金を稼ぐ力を身につけると自由な時間がたくさんできて、志事を見出すチャンスも広がります。

まとめ:お盆休みは仕事か志事をしよう

お盆休みに休んでも何も意味がないです。2020年のお盆は特にです。

お盆休みはいつもよりストレスのない環境で仕事ができるのでむしろ積極的に仕事に出るべきで、みんなが仕事のときに代わりに休んで遊びに出かけましょう。

また今の会社や仕事に不安や不満があるなら、志事を探す時間にしましょう。

いつまでも会社員を続けたくないなら、個人で稼ぐ力を身につけることから。

プログラミング、動画編集、アフィリエイトなど、最初は大変ですがまずはコツコツと続けていくこと。

1年後のあなたの生活を変えてくれますよ。