【独学可】将来お店を出したい人に必要な勉強はたった1つ【Webマーケティング】

「将来なにか販売するお店を出したい。でも経験とかスキルとかなにもないしアイディアも漠然としているんだけど、そんな人の場合はどんな勉強からすればいいかな?」

そんな疑問にお答えします。

お店を出すとなると、ほとんどの人はまず経営とか経理のこととか勉強しなきゃと考えるかもしれないですが、

結論から言うと「Webマーケティング」さえ勉強しておけば、後はどうにかなります。

それは、Webマーケティングのスキルがあれば勝手にお客さんがやってきて商品やサービスが勝手に売れていくからです。

この記事を読んでいる人もGoogleかYahooで「将来 お店を出したい」と検索したと思いますが、Webマーケティングのスキルがあればそうやって検索からの集客が簡単にできるようになります。

そこで本記事では、お店を出すのにWebマーケティングが絶対必要な理由について、そしてどうやって勉強したらいいか、またWebマーケティングの成功事例なんかも紹介していきます。

お店を出したいけどアイディアがないという人にもヒントになることがたくさんあるので、ぜひ最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

「将来、お店を出したい」その前に知っておくべきこと

それはお店を出したとしても失敗する可能性もあるということ。

あなたが住んでいる駅の周辺、またはよく行く繁華街を思い浮かべるとわかると思いますが、お店ってコロコロ変わってますよね。

実はお店を始めたり個人事業を始めた人の約4割は1年以内に脱落、10年後まで生き残っているのは1割というデータが出ているほどです。

10人中9人が失敗してしまうという現実。

出店して成功するところもあれば、失敗するお店はその何倍もあるということです。

では、なぜお店を出しても失敗してしまうところが多いのか?

その理由を突き詰めると、Webマーケティングのスキルが足りないからという結論に行き着きます。

Webマーケティングとは?

そもそもWebマーケティングとはなんぞや?ということから説明すると、

インターネットからの集客数を増やしたり、Webサイトからの売上をアップさせるために行う活動や施策のことです。

具体的には、検索エンジンの上位表示化、SNSを駆使したファン数の増加と流入数アップ、インターネット広告の配信による認知度アップ、購入率を上げるためのWebサイトの最適化などを行います。

Webマーケティングの勉強をすることで、

  • お店の認知を広げる
  • お店の集客数を増やす
  • 売上をアップさせて安定させる

といったお店の経営のために絶対的に必要なスキルが身につきます。

ほとんどのお店はここができないために、失敗してしまうと言えます。

お店を出すときにWebマーケティングがもたらすメリット

Webマーケティングのスキルがあれば、お店を出して失敗する可能性を極限まで減らすことができます。

Webマーケティングのスキルがあれば、

  • 勝てる地域、出店先がわかる
  • ニーズと売れる商品がわかる
  • 競合店の分析ができる
  • 顧客の分析ができる
  • 集客増&売上高アップ

といったことができるからです。

それぞれ具体的に解説します。

勝てる地域、出店先がわかる

もしカフェをオープンしたいとしたら、どこに出店しようと思いますか?

たとえば渋谷や新宿ではライバル店が多すぎてハードルが高い、地元の駅は人が少なすぎて儲からなさそうといった簡単な想像はできると思いますが、

いざどこにお店を出そうかと考えると悩むはずです。

出店先を間違えると失敗する可能性は高まりますからね。

Webマーケティングのスキルが身につくと、インターネット上での検索データや他店舗のリサーチができるので、「ここなら勝てる」という地域、出店先がわかるようになります。

勝てるというのは、集客が見込める、ライバル店が少ない、宣伝費がかからないといった、お店の経営を存続させやすいということです。

また検索の上位表示化ができると駅前にお店がなくても集客ができるようになります。

立地で1番を取らなくても、ネット検索で1番を取れれば、駅から遠い場所でもお客さんが足を運んでもらえるようになるので、お店の家賃も抑えることができるということですね。

ニーズと売れる商品がわかる

Webマーケティングのスキルがあると市場規模やトレンドがわかるようになるので、どんなニーズがあるのか、どんな商品を作れば売れるのか、といったこともわかるようになります。

まだどんなお店を出そうかというアイディアがない人なら、市場規模が大きいのにお店が少ないというジャンルは狙い目。

またトレンドの乗っかることでスタートから稼ぐことも可能です。

失敗しないジャンルのお店を選ぶにもWebマーケティングは必要になります。

競合店の分析ができる

地域とお店のジャンルが決まり出店となったら、つぎは競合店とのシェア争いになります。

Webマーケティングのスキルがあれば、競合店のホームページを見るだけで、強みと弱みがわかるようになります。

競合店の強みの部分は自社にも取り入れて、競合店の弱みの部分は自社の強みすることで、競合店に勝てるお店づくりができるようになります。

地域で一番、または業界で一番のお店にするためには、Webマーケティングのスキルが必須です。

顧客の分析ができる

Webマーケティングのスキルがあれば、自社ホームページにアクセスしてくる人や問い合わせをしてくる人がわかるようになります。

たとえば、年代、性別、年収、住んでいる地域、検索したキーワードなどですね。

アクセス数が多い年代や性別に合わせたお店づくりをすれば「このお店いいね」と思ってくれる可能性は上がりますし、リピート客も増えるはずです。

また検索キーワードから顧客が何を求めているかわかるので、新商品やサービス作りにも役立ちます。

集客増&売上高アップ

インターネット集客の方法は、GoogleやYahooといった検索エンジンからだけではありません。

インスタグラム、TwitterといったSNSからも集客できますし、Facebook広告やGoogle広告といったお金をつかった施策をすることで集客数は最大化できます。

Webマーケティングのスキルがさらに高度になると、WEBサイトを見ているユーザーの動きまでわかるようになるので、Webサイトの最適化ができて、問い合わせや来店数の確率を上げることができます。

繰り返しますが、集客数を増やす、売上高アップという、お店の存続と発展に絶対必要なことが、Webマーケティングのスキルがあれば可能なのです。

そこで、ここからはWebマーケティングの勉強方法についてお話ししていきます。

【独学可】Webマーケティングの勉強方法

なんだか難しそう、ネットとか詳しくないし…

という方でも大丈夫です。

実はそんなに難しい勉強って必要ないからです。

というより、Webマーケティングは本や参考書を買って黙々と勉強しても身に付くものではなく、実践を通してスキルが身についていくものだからです。

そのWebマーケティングを実践するためにやるべきなのが「ブログを運営」することです。

ブログ運営をすることで、

  • キーワード選定のスキル
  • サイト設計のスキル
  • ライティングスキル
  • アクセス解析スキル

といった、お店を出すときに必要なWebマーケティングスキルが一通り身につくからです。

ブログを開設=ホームページ開設の基礎知識が身につき、

ライバルの少ないキーワードがわかったり選定スキルがつくので、アクセスアップ(集客数アップ)の方法がわかるようになり、

ブログ記事を書き続けることでライティングスキルは上がり、またサイト設計もできるようになるので、検索ユーザー=顧客の誘導ができるようになります。

ブログのアクセスを伸ばそうと考え行動することが、そのままWebマーケティングの勉強になるわけですね。

それに将来のお店のジャンルが決まってたら、そのお店に繋がるブログを今から仕込んでおくということもできます。

カフェをオープンしたいなら、コーヒーや紅茶、またはスイーツなどのジャンルとかですね。

コツコツやってアクセス数やファンを増やして、そのブログで「お店オープンします」と宣伝すれば、広告費ゼロで初日から集客もできてしまいます。

具体的なWebマーケティングの独学の手順については、こちらのページでも解説しています。ポチッと参考にしてみてください。

Webマーケティングの勉強におすすめの本

Webマーケティングは最初は分からないことばかりなのでインプットも必要です。

ブログを実践しながらも「沈黙のWebマーケティング」という本も読んでみてください。

第一線で活躍しているWebマーケターの多くが「この1冊を読んでおけば間違いない」とオススメするWebマーケティングの本です。

実際に僕も読んでいますが、漫画でストーリー仕立てになっているから読みやすく、内容も理解しやすいです。

ブログ運営に役立つノウハウもかなり詰まっているので、Webマーケティングの参考書として常にパソコンの横に置いておくと良いです。

スクールで学んだり、就職してみるという手も

Webマーケティングはスクールで学ぶこともできます。

時間がないから効率良く勉強したい、誰かに相談しながら勉強をしたいという方なら、スクールは使えます。

Webマーケティングのスクールなら、Web関連のスクールを数多く運営している「TechAcademyのWebマーケティングコース」がおすすめです。

日本最大級のオンラインスクールで、実績も豊富なので間違いないかと。

無料説明会動画も公開しているみたいなので気になる方はポチッとしてみてください。

またWebマーケティング会社で働いてみるのも勉強になります。

働いている間にWebマーケティングが学べて、しかも給料をもらいながらWebマーケティングが身についていきます。

またWebマーケティングの会社はほとんどで副業OKなので、将来の独立準備もしながら働ける環境が揃っています。

一石二鳥以上のメリットがあるので、これから就職の人、転職を考えている人は候補にしてみると良いですね。

【実例】未経験からWebマーケティングだけで成功した事例

Webマーケティングのスキルさえあればお店はどうにかなる」という事例を一つお話しします。

僕の知り合いの話になるんですが、その人が成功したのは「造園業」という仕事です。

造園業というのは、庭の木を切ったり手入れをしたりする仕事で、一人前になるには何年かの修行が必要な仕事です。

でもその人はまったくの未経験で造園業者を立ち上げました。

普通に考えたらおかしいですよね。経験もなければ仕事もできないし、お客さんも未経験の人なんかにお願いしたり注文なんて来ませんからね。

でもその人はWebマーケティングの知識とスキルだけはあったので、インターネットからの集客でお客さんは途絶えずに、地域で一番の造園業者にすることに成功しました。

ちなみにどうやって仕事していたかと言うと、造園の職人さんをクラウドサービスなどで探して、同行しながら仕事を覚えていったそうです。

つまりはWebマーケティングの知識やスキルがあれば、経験やスキルがないジャンルでもお店は出せるし、またあなたが働かなくてもお店を経営することも可能だということです。

夢が広がるスキルですよね。

まとめ:お店を出すならWebマーケティングスキルは必須の時代

コロナの影響で外出自粛が続き、飲食店ならデリバリーが当たり前のサービスになったり、インターネットでモノを買うことが今後さらに多くなると予想できます。

そうなると、経営とか経理のことを学んだとしても何の役に立ちません。

インターネットでお店のことを知ってもらい商品やサービスを知ってもらう、そしてお店に来て買ってもらうという、Webマーケティングのスキルのほうが重要です。

これからの時代はさらにWebマーケティングのスキルは必須になるので、将来お店を出したいならWebマーケティングから勉強してみましょう。

勉強といってもまずはブログをつくって運営していくだけ。

難しくないのでこのページを閉じたらすぐに行動してみてください。

最初のコメントをしよう

必須