ポイントサイトを比較してクレジットカードで過去最高に稼ぐ方法

「クレジットカード案件で稼ぎたいんだけど、どこのポイントサイトが報酬が高いのか比較したい。できれば過去最高額はいくらかも知りたいんだけど…」

クレジットカードはポイントサイトで稼ぐには鉄板の案件です。

ただポイントサイトによってポイント還元額が違うので、ポイントサイトを見比べて一番高いところで申し込むのが効率良く稼ぐ方法です。

そこでおすすめのサイトなのが、この3つ。

  1. ぽい得サーチ
  2. どこ得
  3. ポイント獲得ナビ

ここで検索すれば、どこが一番ポイントが高いのか?過去最高額はいくらか?を知ることができます。

今回は「ぽい得サーチ」「どこ得」「ポイント獲得ナビ」を使って比較する方法を解説。

記事後半ではポイントサイトのクレジットカードで稼ぐ際の注意点もお話しします。




ポイントサイトの比較サイト3選

クレジットカードで稼ぐには必須の比較サイトです。

1.ぽい得サーチ

初心者におすすめなのが、ぽい得サーチです。

おすすめの理由は、

  • 大手ポイントサイトの情報がすぐに調べられる
  • 過去最高額を調べることができる

からです。

大手10サイトのみの情報を比較して調べることができます。検索窓に案件名(クレジットカード名)を入れると、数秒後に報酬額が高いポイントサイト順に表示されます。

ぽい得サーチ公式サイト

ぽい得サーチで実際に調べてみた

今回は「東急カード」を調べてみました。

検索窓に「東急カード」と入力して「検索する」をクリック。

すると、報酬額が高い順にポイントサイトが表示されます。

東急カードは「げん玉」が4500円で一番高いことが分かりました。

また、過去最高額を知ることも可能です。

ぽい得サーチで過去最高額を調べるページ

ここでも「東急カード」を例にして調べてみました。

過去の最高額だった日付とポイントサイト名が表示されます。

過去の最高額は5800円でした。今回は見送ってキャンペーンをやったときなんかに申し込んだほうが良いですね。

過去最高額だった場合は、そのチャンスを逃さずに今すぐ申し込むようにしましょう。

2.どこ得

どこ得は、ポイントサイト名と報酬額のみが表示されるシンプルなサイトなので、勝手がわかる中級者以上の方におすすめのサイトです。

どこ得のメリットは、比較できるのが30サイト以上もあること

だから、ぽい得サーチで調べたものより報酬が高いサイトが出てくることもあります。

今現在も比較できるサイト数がどんどん増えていっているので、少しでも報酬が高いポイントサイトを探したいなら使ってみると良いです。

どこ得の公式サイト

どこ得で実際に調べてみた

東急カードだけでも31件も見つかりました。

「げん玉」より高いサイトはないようですね。

ぽい得サーチ→どこ得、という流れで調べると抜け目なく最高額が調べられます。

3.ポイント獲得ナビ

ポイント獲得ナビも使えるサイトです。

大手14サイトの情報を比較して調べることができます。

シンプルなサイト設計で使いやすいのが特徴です。

ポイント獲得ナビで一番のメリットが、トップページにはその日のピックアップ(高単価案件)や、案件の人気ランキング掲載されていること。

今だけ高額のおすすめ案件がすぐにわかり、最高額で申し込むことができます。

おすすめ案件はクレジットカード以外の案件を知るのに使えるのでおすすめです。

ポイント獲得ナビの公式サイト

ポイントサイトの比較をする上での注意点

ぽい得サーチ、どこ得、ポイント獲得ナビはとても便利な比較サイトですが、比較サイトを使う上での注意点が2つあります。

ポイントが違うこともある

比較サイトで調べたポイントと、実際に利用するポイントサイトでのポイントが違うことがあります。

これは比較サイトに反映する時間にずれがあるからです。

最大で10時間程度ずれている場合もあったりするので、注意しましょう。

ポイントサイトを広げすぎるデメリットがある

どこ得を使うときの注意点なのが、マイナーなポイントサイトが表示されること。

一番ポイントが高いからといってマイナーなサイトを利用していくと、サイトごとのポイント交換最低額に届かずにポイント換金できないということも起こり得ます。

ポイントサイトを広げすぎるとそうしたデメリットもあるので、多くても5サイトくらいに留めておくことをおすすめします。

安定して高いのは「モッピー 」と「げん玉」

ポイントサイトを広げすぎるデメリットを防ぐためにも、メインでポイントを貯めるサイトを決めておくと良いです。

おすすめは「モッピー」と「げん玉」です。

この2つは登録しておいて間違いないです。

というのも、この2つのポイントサイトは、全案件で安定して報酬が高いのと、案件数が圧倒的に多いからです。

メインでポイントを貯めていけば安定して稼いでいくことができます。

また多少のポイントの差であればメインのポイントサイトを選ぶようにしましょう。

一番高額のサイトと比べて100~200ポイント程度の差であれば、ポイントが低くても気にせずに申し込みすることをおすすめします。

まずは年会費無料のクレジットカードから申し込みをしよう

まず最初にやるべきなのが、年会費無料のクレジットカード。

できれば永久年会費無料のものが良いです。

報酬は低めですが、ぽい得でチェックして少しでも報酬が高いサイトで申し込むようにしましょう。

そして次に、初年度年会費無料のものをチョイスしていきます。

初年度年会費無料のものは1年以内に解約することをお忘れなく。

最後に、高額報酬のゴールドカード以上は年会費を確認しましょう。

年会費よりもポイント還元のほうが高かったら申し込みするべきです。

また期間限定キャンペーンで特別報酬をやっている場合は、ぽい得で過去最高額をチェックするのもお忘れなく。

ポイントサイトでクレジットカードを申し込む際の注意点

高額ポイントを一気に貯められるクレジットカードですが、いくつか注意点もあります。

ポイント獲得条件をしっかり確認する

クレジットカードはポイント獲得条件もしっかりチェックするようにしましょう。

カードの発行だけでなく、「カード発行後に100,000円以上の利用」といった最低利用額があったり、有料のオプションサービスの加入が必須のものもあったりします。

特に高額報酬のクレジットカードに多いので、注意しましょう。

申し込みの頻度には注意

1ヶ月に何枚も申し込みをすると、クレジットカード会社側で不審な行為とみられて、申し込みを却下されてしまうこともあります。

申し込むのは多くても月に2~3枚に程度に抑えておくことをおすすめします。

大量のクレジットカード発行はポイントサイトを退会させられたケースもあるそうなので、注意しましょう。

カードの保有枚数に注意

クレジットカードの保有枚数が多いと、審査に通りづらくなると言われています。

今現在もクレジットカードを大量に保有している場合は注意しましょう。

すぐに解約しない

クレジットカードを発行したらすぐに解約するという行為もよくないです。

ポイント目当てとみられてクレジットカード会社から不審がられます。

あまりに頻繁だと新規のクレジットカード発行ができなくなる場合もあるようです。

1年程度は最低でも持っておく、また2~3回使ってみてから解約するのも怪しまれない方法です。

ローンを組む予定の人はキャッシング付きのカードに注意

キャッシング枠は借入額とみなされます。

ローンを組む予定のある人は、キャッシング枠のあるクレジットカードの作りすぎに注意しましょう。

「クレジットカードを何枚も申し込んで大丈夫か?」と心配する方もいるかと思います。

僕もそう思っていた一人ですが、基本的には先ほど挙げた注意点を守っていれば問題ないと言えます。

僕も過去にポイントサイト経由で、月に2枚くらいのペースで合計10枚以上のクレジットカードを申し込みをしました。

審査に通ってクレジットカードが発行される分には何枚申し込んでも大丈夫かと。

ただ使わないクレジットカードは解約することを忘れずに。

カード作成後の解約をしても、信用情報に影響することはありません。

まとめ

今回の内容のポイントをまとめます。

・一番高いサイトと過去最高額がわかるポイントサイトの比較サイト3つ。

  1. ぽい得サーチ
  2. どこ得
  3. ポイント獲得ナビ

・比較サイトを使う上での注意点2つ。

  1. 反映する時間のずれでポイントが違うこともある
  2. ポイントサイトを広げすぎると最低交換額に届かずポイント交換できないこともある

・メインで使うポイントサイトのおすすめは「モッピー 」と「げん玉」

・まずは年会費無料のクレジットカードから、初年度無料のクレジットカード→ゴールドカード以上と攻めていこう。

・クレジットカードの発行の注意点は5つ。

  1. ポイント獲得条件をしっかり確認する
  2. 申し込みの頻度には注意
  3. カードの保有枚数に注意
  4. すぐに解約しない
  5. ローンを組む予定の人はキャッシング付きのカードに注意

というわけで、今回は以上です。

ぽい得サーチ、どこ得、ポイント獲得ナビを駆使しながら、計画的にクレジットカード案件でポイントを貯めていってください。

 

こんな記事も読まれています。