【悲報】アンケートモニターの現実は月収1000円【片手間じゃ稼げません】

「アンケートモニターって現実的にいくら稼げるの?副業で始めようと思ってるんだけどスマホでアンケートに答えるだけだからラクでしょ?」

そんなお悩みにお答えします。

過去に僕もアンケートモニターの仕事を副業で取り組んでいたことがありますが、アンケートモニターとして稼げた金額というのが、月に1000円程度でした。

片手間でやろうと考えるとこれが現実的な収入です。アンケート1件あたりで稼げる金額は1〜3円くらいだからです。

ただ、アンケートモニターの取り組み方次第では月1〜2万くらいの収入を稼ぐことは可能です。

意識を変えてアンケートに取り組むだけで稼げる金額はまったく変わってくるのです。



ラクに稼ごうとすると現実的な月収は1000円

アンケートモニターを始めるなら「ラクに稼げる」という考えを一回捨てたほうが良いです。

ラクに稼ごうとする人は、現実的にアンケートも適当にやってしまいます。

これが稼げない理由です。

アンケートサイト(企業側)は真面目にアンケートに答えてくれる人を探すために、最初に報酬1円〜3円くらいの事前アンケートというのを行ってふるいにかけます。

そこで真面目にアンケートに答えてくれる人を対象にして、報酬30円〜300円ほどある本アンケートのオファーをするのです。

真面目にアンケートに取り組んでいるかは、アンケート内容もそうですが、アンケートの回答に要した時間なんかも見られています。

適当に回答を済ませている人はバレるので、事前アンケートしか届かない、または報酬が少ない本アンケートしか届かないのが現実なのです。

真面目に取り組めば、現実的に稼げる月収は2万円

ラクして稼ごうと考えずに、事前アンケートも丁寧にこなしていけば本アンケートが届く数も多くなります。

ただ、本アンケートはかなり面倒くさいです。

「この缶コーヒーは美味しいですか?」

「この缶コーヒーを人に勧めたいですか?」

「この缶コーヒーの別バーションの味が出たら買いたいですか?」

といった細かい設問が100個近くあったりします。

100個近くあると、回答するのにも5〜10分くらいかかります。それで報酬が50円〜100円とかです。

それでも腐らずに本アンケートもコツコツと真面目に回答すると、会場アンケートのオファーが届くようになります。

実際に会場に行って商品を試したり、試食したり、またはグループインタビューや個別インタビューといった調査案件のことです。

これらの調査案件は、1件あたり3000円〜10000円くらいの報酬がもらえます。

事前アンケート、本アンケートを真面目に取り組んだ人だけが会場アンケートの案件にありつけるのです。

たかがアンケートですが、されどアンケートです。

その先に高額案件オファーがくるかどうかは、あなたのアンケートの取り組み方次第なのです。

現実的にオファーが多いのが、会場調査案件です。

会場に行って新商品の試供や試食をして、見た目や味といった感想をアンケート用紙に答える仕事です。

所要時間は30分〜1時間くらいで終わって、1件あたり3000〜5000円ほどの報酬がもらえます。

平日や土日関係なく、1ヶ月に5件くらいオファーが来たりもします。

報酬が高いのは、グループインタビューや個別インタビューです。

1件あたり8000円以上の報酬がもらえます。所要時間も1〜2時間ほどで終わるのでかなり割りのいい仕事です。

アンケートモニターの現実を受け入れて稼ぐためのコツ

ラクに稼げないという現実を受け入れて、アンケートモニターの仕事で稼ぐコツをまとめてみました。

具体的には下記の方法です。

  1. 登録情報は漏れなく記入する
  2. アンケートをマメに確認する
  3. 高額案件オファーで稼いでいく
  4. アンケートモニターを掛け持ちで利用する
  5. 友達紹介で稼ぐ

1.登録情報は漏れなく記入する

企業側がアンケートを送るのには、登録している情報の条件に当てはまっている人に絞っています。

性別や年齢、職業、子供の有無、お酒やタバコは吸うか、といったことなどです。

より多くのアンケートを受け取るためにも登録情報は漏れなく記入しておきましょう。

2.アンケートをマメに確認する

アンケートには人数制限があります。

例えば朝届いたアンケートを昼にやろうとしたら、定員に達したためアンケートは終了しました、なんてことはしょっちゅうです。

アンケートに答えた分だけ高額案件のオファーがくる可能性も上がるので、アンケートはマメにチェックして届いていたらすぐにやる習慣をつけておくと良いです。

3.高額案件オファーで稼いでいく

アンケートモニターで稼げるのは、会場調査等の高額案件です。

ただし高額案件オファーはしょっちゅう来るものでもありません。

なので高額案件オファーが来たら時間や場所が許す限り、必ず参加するようにしましょう。

4.アンケートモニターを掛け持ちで利用する

アンケートは答えた分だけ稼げる仕事です。

1つのアンケートモニターサイトだけでは時間が余るなら、複数のアンケートモニターサイトに登録すると良いです。

アンケートモニターサイトは案件数が多い下記の3つがおすすめです。

・マクロミル (国内最大手で案件数が多いのが特徴。最初に登録しておくべき。)

・リサーチパネル (こちらも国内最大手。併用して取り組むのにおすすめ。)

・infoQ (GMOグループが運営。変わった案件が多くて楽しみながら稼げる)

アンケートの数が多くなるだけじゃなくて、高額案件のオファーの数も増えます。

またサイトによって提携企業も違うので、高額案件の仕事も散らばってくれます。

お盆や年末年始など企業が休みになる時期でも、仕事にありつける可能性も上がります。

5.友達紹介で稼ぐ

アンケートモニターサイトに友達を紹介すると報酬がもらえます。(マクロミルだと100円)

友達紹介用のURLが付与されるので、それを家族や友達なんかに送って登録してもらえれば報酬になります。

ただ友達の数にも限りがあるので、それだけでは稼げる額も決まってしまいます。

そこでおすすめなのがブログを運営をすること。

たとえば「アンケートモニターで稼ぐ」というテーマのブログにして、

アンケートモニターの稼ぎ方、高額案件の仕事のレビュー、毎月ごとに稼いだ額の報告をするなどをブログに書いていけば、

お小遣い稼ぎがしたい人、アンケートモニターに興味がある人はブログにアクセスしてくれます。

そこにアンケートモニターの友達紹介のURLを貼って「登録はここからできます」と書いておけば、不特定多数の人たちの登録を促せます。

「今日はこんなアンケートが来ました」とか、アンケートモニターを日々やってればブログ記事のネタにも困らないはずなので、

毎日コツコツと運営していけば、半年〜1年くらい経ったときには1ヶ月1万円くらいの不労所得が手に入る可能性があります。

まとめ:アンケートモニターはコツコツ真面目に取り組んだ人のみ稼げます

アンケートモニターと言うとラクに稼げるというイメージが先行しがちですが、片手間でやろうとすると月1000円くらいしか稼げないのが現実です。

そうした現実を受け入れて稼ぐためには、1つ1つのアンケートを真面目にコツコツと取り組み、高額案件オファーが来たらできる限り参加することです。

スキマ時間がたくさんあるならアンケートモニターを掛け持ちで利用する、またはブログで友達紹介で稼ぐなど、ちょっと意識を変えるだけで稼げる額も変わってきます。

ただ、アンケートモニターの仕事にも向き不向きがあります。

やってみないと何も始まらないので、まずは登録してやってみてください。

最後におすすめのアンケートモニターサイトをまとめておきますね。

・マクロミル (国内最大手で案件数が多いのが特徴。最初に登録しておくべき。)

・リサーチパネル (こちらも国内最大手。併用して取り組むのにおすすめ。)

・infoQ (GMOグループが運営。変わった案件が多くて楽しみながら稼げる)