ポイントサイトと自己アフィリエイトの違いと稼ぎ方【結論:両方やる】

「ポイントサイトと自己アフィリエイトって似てると思うんだけど何が違うの?どっちがお得なの?」

そんな疑問にお答えします。

この記事を書いている僕はポイントサイトで毎月2~3万円稼ぎながら、自己アフィリエイトで20万円以上稼いだ経験があります。

結論から言うと、ポイントサイトと自己アフィリエイトの仕組みは一緒です。

だからと言ってどちらか一方をやるのではなく、両方ともやったほうが良いです。

お得な案件がどちらにもあるからです。

今回の記事ではポイントサイトと自己アフィリエイトの仕組みを解説してから、お得な案件を探す方法、また両方やりつつ最大限に稼げる方法まで紹介していきます。




ポイントサイトの仕組み

ポイントサイトは、企業(広告主)やASPと言われる広告代理店と提携して、広告を掲載しています。

ポイントサイトは広告を利用してもらえたら企業(広告主)やASPからお金がもらえるので、広告を利用したユーザーにポイントとして還元しているという仕組みです。

ユーザーにポイントが還元されるまでの流れはこんな感じです。

  1. 企業
  2. ASP
  3. ポイントサイト
  4. ユーザー

ちなみに国内にはポイントサイトが300社以上もあります。

どのポイントサイトでも大丈夫というわけではなく、中には悪質なポイントサイトもあるので注意が必要。

稼ぎやすいポイントサイトは限られていて、その中でおすすめなのは下記のポイントサイトです。

モッピー (国内最大級のポイントサイト。まずはここに登録しておきましょう)

げん玉 (モッピーに並んでこちらも国内最大級のポイントサイト。案件数が多いのが特徴です)

ハピタス(案件のジャンルが幅広く、高単価の案件が多いのが特徴です)

ECナビ (高単価の案件が多いです。またショッピング系の案件が豊富です)

同じ案件であっても報酬単価はポイントサイトによって違うので、すべて登録しておくことをおすすめします。

自己アフィリエイトの仕組み

自己アフィリエイトは、ASPに登録されている広告を利用してお金を稼ぐ方法です。

ASPではセルフバックと言ったりします。

ASPは広告を利用してもらえたら企業(広告主)からお金がもらえるので、広告を利用したユーザーに報酬(お金)を支払うという仕組みです。

ユーザーにお金が支払われるまではの流れはこんな感じ。

  1. 企業
  2. ASP
  3. ユーザー

ASPも国内には100社近くもあります。

ただ自己アフィリエイトができるASPは大手のポイントサイトに限られています。

自己アフィリエイトができるASP

A8ネット

アフィB

アクセストレード

バリューコマース

上記4社は運営期間が長く、提携先企業も多いASPです。

自己アフィリエイトできる案件が豊富に揃っています。

こちらも後に解説しますが、同じ案件でも報酬単価はASPによって違うので全て登録しておくことをおすすめします。

自己アフィリエイトの稼ぎ方については下記の記事を参考にしてください。

どっちがお得なのかは言い切れない

ポイントサイトと自己アフィリエイト、両方のお金の流れを比べてみると、

ポイントサイト

  1. 企業
  2. ASP
  3. ポイントサイト
  4. ユーザー

 

自己アフィリエイト

  1. 企業
  2. ASP
  3. ユーザー

ポイントサイトのほうが仲介する回数が多いから、自己アフィリエイトのほうが報酬が高いのでは?と思うかもしれません。

たしかに割合的に言うとASPのほうが高い案件が多いですが、一概にそうとは言い切れません。

たとえば楽天カードの案件。

ポイントサイトでは一番高いところだと、8000ポイント(8000円相当)がもらえますが、

自己アフィリエイトができるASPを調べてみたら6400しかもらえません。

案件によってはポイントサイトのほうが報酬額が高いケースも多いのです。

これはポイントサイトが直接企業と提携しているか、

100社近くあるASPの中で一番報酬が高いASPを探して広告を載せているかのどちらかです。

もちろん、自己アフィリエイトのほうが高い案件もあります。

たとえばモビットの案件だと、ASPで10500ですが、

ポイントサイトだと一番高いところで3000です。

ポイントサイトと自己アフィリエイトはどっちがお得か言い切れないわけですが、

どこが一番報酬が高いかどうかを探すときはこういう手順がおすすめです。

.ASPをチェックして自己アフィリエイトする案件を決める。

.決めた案件を主要4社のASPの中で金額比較する

  • A8ネット
  • アフィB
  • アクセストレード
  • バリューコマース

.比較サイト「どこ得」でポイントサイトの最高額をチェックする

この流れなら、無駄がなく一番報酬が高いところがどこか確認できます。

ちなみにASPを比較するツールもあります。「smart ASP」というもの。

比較できるASPは多くはないですが、無料で使えるので時短で調べたい人にはおすすめです。

ポイントサイトと自己アフィリエイトは両方ともやるべき

両方ともやるべき理由は3つ。

.報酬額が高いところが探せる

.案件数が圧倒的に増える

.どちらも稼ぎやすい

です。

.一番報酬が高いところが探せる

報酬額が高いところが探せるというのは、先ほど説明したとおりです。

どちらがお得かは言い切れないのでポイントサイトとASPは比較してみたほうが良いということ。

.案件数が圧倒的に増える

また両方ともやることで、案件数が圧倒的に増えるメリットもあります。

被る案件も多いですが、どちらか一方にしかない案件もたくさんあります。

特にASP限定という案件が多いです。

他サイトで同じ案件があるかどうかも比較サイトをつかって調べてみてください。

ポイントサイトにはアンケート、ゲーム、覆面モニターといった広告以外の案件も増えるのも両方やるべき理由です。

.どちらも稼ぎやすい

ポイントサイトも自己アフィリエイトも登録するだけですぐに取り組めます。

ブログを作る必要もなく、広告をクリックして利用するだけ。

どちらもスキルが要らないし簡単に稼げるから両方やるべきです。

ポイントサイトと自己アフィリエイトの決定的な違い

それは支払われる報酬

ポイントサイトはポイントで支払われます。

自己アフィリエイトは現金で支払われます。

ここだけを比較すると、ポイントサイトのほうがメリットがあります

現金だと課税対象になる【ポイント支払いはグレー】

自己アフィリエイトで現金で支払われると確実に課税対象になりますが、ポイントで支払われる分にはグレーになるのです。

厳密に言うと支払われたポイントも課税対象になりますが、税法理論上で個人のポイントを把握することは不可能だからです。

またポイントは電子マネーにも交換が可能で、個人が持っている電子マネーに関しても国が管理ができていないのが現状です。

今後は個人のポイントも管理されるかもしれませんが、今現在だとポイント支払いはグレーなところにあるのです。

マイルに交換できる

厳密に言うとマイルも課税対象になるのですが、今現在だと国が管理しきれていないのでグレーなところです。

旅行好きの人ならマイルに交換できるメリットは大きいです。

また経営者の場合なら、個人名義のマイルに交換して出張して、出張費用を現金で受け取れば非課税になります。

年収はそのままでも、手取り金額だけ増やすことも可能なのです。

ポイントサイトのデメリットもある

それはポイントの有効期限

貯めたポイントは1年間そのままにしておくと失効してしまうのです。

また90180日間サイトの利用をしないと自動的に退会されてしまうことも。

自動退会になるとポイントも失効してしまいます。

このようにポイントサイトには有効期限があるのがデメリットです。

ASPにはそういった有効期限がなく、あらかじめ銀行口座を登録しておけば決められた期日で振り込まれます。

まとめ:スキルなしでスマホ1台でOK!両方やってガッツリ稼ごう。

今回の内容のポイントをまとめます。

・ポイントサイトと自己アフィリエイトの仕組みは一緒。

・一番報酬が高いサイトを探す3つの手順

.ASPをチェックして自己アフィリエイトする案件を決める。

.決めた案件を主要4社のASPの中で金額比較する

.比較サイト「どこ得」でポイントサイトの最高額をチェックする

・自己アフィリエイトのほうが報酬額が高い案件は多い

・今現在だと、ポイントサイトのほうが税法上のメリットがある

ポイントサイトも自己アフィリエイトもスマホ1台で行えます。

しかもスキルは一切必要なし。ブログを作ったり記事を書いたりする必要もありません。

両方やれば月10万円くらいは余裕で稼げるので、どっちかとは言わず両方ともやってみてください。