NFTの始め方

【NFTとは?】今さら聞けないネタを完全初心者向けに簡単に解説。

「NFTとは何ですか?全くの初心者で難しい言葉もよく分からないので簡単に説明してください」

そんな疑問にお答えします。

本記事を読むメリットは以下のとおりです。

  • NFTとは?が分かる
  • NFTの魅力が分かる
  • NFTの買い方が分かる
  • NFTの儲け方が分かる

今話題になっているNFTですが、今さら聞けないと思ってる人も多いと思います。

また、多くの記事は、「だから何?」と思ってしまうことばかり書いてあって、よく分からないと悩んでいる人も多いと思います。

そこで今回は「NFTとは?」ということについて、完全初心者向けに、分かりやすい簡単な言葉で説明していきます。

ちなみに、この記事を書いている僕も、つい最近NFTを買ったばかりでして、初心者目線で分からない部分が分かるので記事を書こうと思いました。

この記事を読んで、完全初心者からNFTデビューする人が増えてくれたら嬉しいです。

 

NFTとは?

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略で、日本語にすると『非代替性トークン』という言葉(意味)になります。

読み方※ 非代替性トークン:ひ だいたいせい とーくん

非代替性とは「替えがきかない」という意味で、トークンとは「データや通貨、モノ、証明」などの意味があります。

要約すると「替えがきかないデータ資産」という意味になりますが、「世界で1つだけのデータ資産」といったほうが分かりやすいですね。

世界に1つだけのデータ資産としての証明がついているので、

NFT=「世界で1つだけという証明がついたデータ資産」と覚えると良いと思います。

この、世界で1つだけという証明がついたデータ資産=NFTの、売買や取引、将来性などが今注目されているというわけです。

 

NFTってなんのために必要なの?

「世界で1つだけ」という証明がついたものには価値がつきます。

例えば、スポーツ選手のサインだったり、昔の芸術家が作った骨董品だったり、世界で1つだけという希少なものであれば価値を感じるので、高いお金を払ってでも買いたいという人が出てきますよね。

唯一無二の希少性に価値を感じるからです。

ですが、インターネット上にあるデータや情報は、モノと違うので、その価値や希少性について証明することが難しいです。

特に、音楽、画像、動画などは、誰でも気軽に見れるようになって、保有するのもカンタン、またコピーされて海賊版が出回ってるものなんて山ほどあります。

ネット上のデジタルデータや情報は、本物か偽物かという区別がつきにくいので、それを証明するための技術がNFTというわけです。

 

NFTのメリットや価値って何?

NFT化された音楽、画像、動画などは、世界で1つだけのものという証明がつけられるので、本物か偽物かの区別もできて、唯一性や希少性があり正当な価値がつくようになります。

一番メリットが分かりやすいのが、音楽や画家などのアーティストですね。

アーティストにとっては、NFT化されれば、リリースした作品をコピーされたり海賊版が出回ることがなくなるので、正当な価値がついて売上を立てることができます。

また他にも、スポーツ選手にとってもメリットがあります。

例えば、プロスポーツ選手の決定的な名シーンというのは、他には替えがたい価値のあるものです。

ですが、そんな名シーンでもネットで検索すれば、お金を払わなくてもカンタンに見ることができてしまいます。

本来は、そういった名シーンというのは、選手やチームが生み出した資産なので、「その名シーンを見たい!」と思う人が多ければ多いほど、価値が高まります。

そこで、その名シーンをNFT化して所有することができれば、価値のあるものに換えることができて、買ったり売ったりすることができるようになるのです。

名シーンを生んだスポーツ選手、その所属シームに利益がもたらされるようになります。

また、買う側にとってもメリットがあります。

買ったものが人気になったり、希少性が高いものであれば、NFTの価値が上がる期待があるからです。買う側にとっても投資商品としてのメリットがあるということです。

 

NFTを使ったサービスや活用事例について

NFTは、「世界で1つだけという証明がついたデジタル資産」という点がわかったところで、今話題になっているNFTのサービスや、活用事例について紹介したいと思います。

 

NBA Top Shot

アメリカのプロバスケットボールリーグ「NBA」が開始したNFTのサービスです。

NBAで活躍するスター選手のプレーのモーメント(動画)が、デジタルトレーディングカードとして所有できるというサービスです。

通常のトレーディングカードと同じように、人気選手なほど、スーパープレーなほど、名試合のプレーなほど希少性のある価値が生まれます。その瞬間をデジタルトレーディングカードとして所有できるのです。

誰でも見ることができるプレー動画だとしても、NFTで本物であると証明された世界で1つだけのものなので、価値を持つことができて、ファンが所有する喜びを感じたり、ファン同士で売買することができるようになりました。

中には、何千万円という価格がつくNFTも登場するなど、ファンだけではなく、投資家にも注目されているサービスになっています。

NBAにとっても新しい収益が生まれますし、ファンにとっても楽しみが増えたり、投資商品になるという、NFTはスポーツ界に新しいビジネスチャンスを生み出すことができるのです。

 

デジタルアート

今までのデジタルアートというのは、簡単にコピーすることができてしまったので、唯一無二であるという証明や価値をつけることができませんでした。

ですが、デジタルアートをNFTと紐づけて発表したりリリースすることで、世界で1つだけという証明がつくので、その希少性に価値がつくようになります。

デジタルアートで一番有名なのが、CryptoPunks(クリプトパンクス)です。

たぶんTwitterやってる人なら見たことあると思いますが、ポリゴンの顔画像のやつですね。

この単なるポリゴンの顔画像に、13億円の価値がついたNFTも出るなどして、かなり話題になりました。

このクリプトパンクスを機に、NFTデジタルアートの価値が一気に高まり、たくさんのデジタルアーティストがNFTに参入する流れになっています。

 

ツイート

Twitterの創業者ジャック・ドーシー氏の、15年前のツイッターの初投稿がオークションにかけられ、3億円を超えるの価格をつけました。

NFTによって、ツイートのようなデジタル資産も競売できるという事例になりました。

 

ゲーム

ゲームとNFTを紐づけることで、例えばゲーム内のアイテムやお金、キャラクターといったデジタル資産も流通させることができます。

希少なものであれば価値がつきますし、ゲーム以外の場所で取引したり売買することも可能になります。

 

音楽

音楽とNFTを紐づけることで、ネット上(デジタル空間)での発表や販売がしやすくなります。

今までの音楽というのは、誰でも気軽に無料で聴けて、コピーもできてしまうものでしたが、NFTによって正当な価値と価格で販売することができます。

音楽を聴きたい人、入手したい人はNFTを購入して、購入費は音楽制作者に支払われる仕組みです。

音楽作品を安全に流通させることができるようになります。

 

チケットの売買

チケットとNFTを紐づけることで、ライブやイベントのチケット販売時に他人になりすますことができなくなります。

NFTで唯一性を確保できているので、不正取引などの悪いことができなくなります。

電子チケットにNFTを活用した事例もあって、今後チケットの売買にNFTが使われることは多くなっていくことが予想できます。

 

このように、NFTは色々な分野に影響を与えることができる点で、将来性が高いと注目されています。

NFTによってデジタルデータが

  • 安全な取引ができる
  • 不正に改ざんされる心配がなくなる
  • 市場の取引によって価値が高まる

といったメリットがあるので、そこに目をつけてたくさんのアーティストや制作者、企業がどんどん参入しています。

なので、今後ますます盛り上がっていくことは予想できるので、今からでも投資する価値は十分にあると感じます。

 

NFTのデメリットは?

一方で、NFTにもデメリットはあります。

以下の通りです。

  • データそのものが手に入るわけではない
  • 法整備が整っていない
  • 偽物を購入するリスクがある
  • 売買が難しくなる場合もある
  • ガス代(手数料)が高い

 

データそのものが手に入るわけではない

NFTで取引されるデジタル資産というのは、データそのものを入手できるわけではないです。

NFTによって所有者はこの人と宣言されているだけで、現物が手元に来るわけではありません。

購入して入手したとしても、パソコンのモニター越しに見たりして、所有者として優越感に浸れるというぐらいです。

また、作品の著作権は著作者にあるので、NFTを所有したとしても著作権が譲渡されるわけではない、という点も注意が必要です。

 

法整備が整っていない

まだ、法律的な整備が進んでいないので、NFTの取引で不正や詐欺があったり、損失があった場合などに、法律の保護が受けられません。

NFTの取引は、すべて自己責任のもとで取引しなければなりません。

 

偽物を購入するリスクがある

偽物を購入するリスクもあります。

偽物を購入したとしても、現状だと法整備が整っていないので、泣き寝入りするしかないケースがほとんどです。

 

売買が難しくなる場合もある

人気のNFTなら、価値が上がったり、すぐに買い手がついたりしますが、それ以外のものだと、買い手がつかずにNFTが売れない場合もあります。

コレクションではなく売買で儲けようと思ってる人であれば、せっかく買ったNFTが転売できずに、買った費用だけ損してしまう可能性もあります。

 

ガス代(手数料)が高い

NFTの売買で、仮想通貨を利用する場合、ガス代と言われる手数料が発生します。

このガス代というのは、その時その時で変動するもので、購入するNFTによってはそのものの値段よりもガス代のほうが高くなってしまう場合も起こり得ます。

また、仮想通貨の価値も変動が激しいので、仮想通貨を利用して購入した後に、仮想通貨の価値が急落してしまったら、買ったときの値段よりも下がってしまう可能性もあります。

NFTには、このようなデメリットがあることを想定した上で投資するようにしましょう。

 

仮想通貨についてよく分かっていないという人は、以下の記事で完全初心者向けに解説しているので参考にしてください。

【初心者向け】仮想通貨とは?知識ゼロでもわかるように簡単に解説。

「仮想通貨とは何ですか?初心者でも分かるように教えて欲しいです」 そんな疑問にお答えします。 本記事を読むことで、仮想通貨とは何なのか?ということから、仮想通貨の買い方や、初心者が仮想通貨で儲けるため ...

続きを見る

 

NFTで儲ける方法

NFTがこれだけ注目を浴びている理由は、最新の技術がどうこうというよりも、「NFTが儲かるから」という理由もかなり影響しています、

NFTで儲ける方法は3つあります。

  1. NFTの転売をする
  2. 自分で作品を制作して売る
  3. NFT関連の仮想通貨を買う

それぞれ解説を加えます。

 

1.NFTの転売をする

NFTは、誰でも簡単に買ったり売ったりすることができます。

その利点を生かした儲け方が、NFT転売です。

NFTの売買が可能なマーケットに口座を開設して、購入したNFTが値上がりしたところで売ることができれば、その利ザヤで儲けることができます。

 

2. 自分で作品を制作して売る

NFTの活用事例で話したように、デジタルアートや音楽などを制作する能力があれば、自分で作品をつくってNFTに紐づけて販売することで、売却益を得ることができます。

自分にアーティスト能力がなくても、プロの人に依頼をして入手した作品をNFT化して売るというビジネスも可能です。

 

3.NFT関連の仮想通貨を買う

仮想通貨の中には、NFT関連の仮想通貨があります。

エンジンコイン、チリーズなど、他にも様々なNFT関連の仮想通貨があります。

今後のNFT市場の伸びを期待して、そういったNFT関連の仮想通貨を今のうちに買っておいて、値上がりするのを待つというのも1つの方法です。

 

この中で言うと、多くの人はNFTの転売が一番始めやすい方法だと思います。

そこで次では、NFTの買い方について説明します。

 

NFTはどこで買えるの?

NFTは、NFTのマーケットプレイスで買うことができます。

おすすめのNFTのマーケットプレイスは以下の5つです。

  • コインチェックNFT
  • Adam byGMO
  • OpenSea
  • Rarible
  • NBA Top Shot

それぞれの特徴について解説します。

 

コインチェックNFT

国内大手の仮想通貨取引所コインチェックがリリースした、NFTのマーケットプレイスです。

コインチェックNFTでは、仮想通貨とNFTを使ってゲーム内のアイテムやトレーディングカードなどを売買することができます。

国内のマーケットプレイスなので、すべて日本語で分かりやすいということもあって、NFTが初めての人におすすめです。

コインチェックNFT

 

Adam byGMO

こちらも大手の仮想通貨取引所であるGMOコインがリリースしたマーケットプレイスです。

ここでは仮想通貨だけではなく、日本円で買うことも可能です。

Adam by GMOでは、デジタルアート、漫画、イラスト、動画など、何千点という作品が出品されていて、今後も様々なクリエイターが参入する見込みとなっているので、楽しみなマーケットでもあります。

Adam by GMO

 

OpenSea

世界で一番有名なNFTのマーケットプレイスです。

世界中のアーティストがNFTを販売しているので、世界的に有名な作品を購入することができます。

また、世界中で有名な作品というのは値上がりが期待できるので、値上がり益で儲けたいという人にはおすすめのマーケットです。

ちなみに、OpenSeaは日本語にも対応しているので安心です。

OpenSea

 

Rarible

海外のNFTのマーケットプレイスです。

手軽にNFTのアート作品を売買することができます。

NFTでどんなものが販売されているのか、NFTの世界を見るには良いサイトです。

ちなみに、RaribleでNFTの売買をするとRARIという仮想通貨をもらうことができて、仮想通貨市場でRARIが値上がりすれば、NFTの転売益に加えて、仮想通貨での利益も得ることができます。

Rarible

 

NBA Top Shot

NFTの活用事例でも触れた、NBAのデジタルトレーディングカードはNBA Top Shotで買うことができます。

NBAファンであれば、まずは買っておきたいNFTです。

人気選手のNFTは何千万円という値段がついたものあり、NFTの転売で儲けることも可能です。

それぞれのNFT値段も、選手やカードによってもピンキリで、これから伸びそうな選手を買っておけば、将来値上がりするかもしれません。

NBA Top Shotの購入方法は、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

【保存版】NBA Top Shotとは?【始め方や買い方を完全解説】

「NBA Top Shotとは何ですか?興味があるんだけど初心者でよく分からなくて...始め方や買い方についても教えてほしいな。」 そんな疑問にお答えします。 今回は「NBA Top Shot」の仕組 ...

続きを見る

 

NFTは将来的にどうなるか?

NFTの将来についてですが、はっきりしたことは、NFTによってデジタル資産の取引が安心してできるようになったということです。

デジタルアートに正当な価値をつけられるようになったり、ゲームのアイテムを売買したり、スポーツ選手のトレーディングカードの売買など、色々なところで新しいビジネスの取引ができるようになりました。

また、今後はデジタル資産だけではなく、現物資産にもNFTを紐づけるという方法も考えられているようです。不動産とかブランド品など。

NFTは世界で1つだけのものという証明ができるので、唯一性や所有を証明できるものなら、いろんなものに活用することができるということです。

今後ますますNFTという言葉を耳にすると思うので、今のうちからNFTを理解しておいて、買ってみるなどしてNFTに触れておくことは大事だと思います。

ただ、現状だと法整備が何もなされていない状況なので、将来的に何か規制がされたり、法律で取り締まられて、NFTの普及にストップがかかる可能性もあり得ます。

こんな感じで、NFTは将来的にどうなるかは分かりません。

NFTの取引はすべて自己責任ということを分かった上で、それでも興味がある人のみ取引するようにしましょう。

テル
世界中の著名人がNFTの売買をしていたり、話題にしている事を考えても、今後もNFTは伸びていくとしか考えられないですけどね。

 

NFTやるなら押さえておきたいキーワードまとめ

ここまでNFTについて解説してきましたが、これからNFTの売買や取引などを本格的にやっていこうと思うのであれば、押さえておきたいキーワードと知識があります。

以下の3つです。

  1. ブロックチェーン
  2. 仮想通貨
  3. メタバース

それぞれ解説します。

 

1.ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、一度作られたデータを二度と改ざんできないようにする仕組み(技術)です。

データを小分けして暗号化して、1本のチェーンのように数珠繋ぎになっているのでブロックチェーンと言われています。

ブロックチェーンのデータは1つのサーバーで保管されているのではなく、世界中で分散管理されています。データを世界中の皆んなで管理しているイメージですね。

なので、1つのサーバー管理するときのリスクである、第三者がサーバーに侵入して勝手にコピーしたり、盗んだり、データが消えたりするといったことがありません。

ブロックチェーンのデータは世界中に分散されて、暗号化されて、数珠繋ぎでつながっているので、例えば1つのデータを変更や改ざんしようとしても、世界中に分散されているデータと整合性が取れなくなるので不可能というわけです。

ちょっと話が難しくなりがちですが、要するに、NFTはこのブロックチェーンの技術が使われているから、世界で1つだけのデジタル資産という証明ができるということです。

また、NFTの場合は、誰が購入して所有しているのかというデータが数珠繋ぎになって保存されているので、例えば過去に有名人が所有していたものであれば、高値がついたりします。

 

2.仮想通貨

世界共通のデジタル通貨です。

仮想通貨もブロックチェーンの技術が使われているので、偽造したりすることが不可能です。

一般的な通貨というのは、国が管理して価値がコントロールされていますが、仮想通貨の場合は、国や組織が管理するものではなく、仮想通貨が欲しい人と売りたい人で価値を決めています。

仮想通貨とNFTも、同じデジタル資産というくくりですが、違いは、仮想通貨は代替性トークン、NFTは非代替性トークンという点です。

例えば、仮想通貨1ビットコインは1ビットコインと交換できます。ビットコイン自体に個別の価値の違いはない(替えられる)からです。

一方で、NFTの場合は、個別の情報が紐づけられて、世界で1つだけという価値がついているので、他のデジタル資産と単純な交換というのはできません。

仮想通貨とNFTは、同じデジタル資産というくくりですが、個別の価値が区別できるかできないかという違いがあります。

仮想通貨については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

【初心者向け】仮想通貨とは?知識ゼロでもわかるように簡単に解説。

「仮想通貨とは何ですか?初心者でも分かるように教えて欲しいです」 そんな疑問にお答えします。 本記事を読むことで、仮想通貨とは何なのか?ということから、仮想通貨の買い方や、初心者が仮想通貨で儲けるため ...

続きを見る

 

3.メタバース

メタバースとは、仮想空間のことです。

あつまれ動物の森、モンスターハンターといったゲームもメタバースです。

メタバース上では、デジタル資産のやり取りができるようになります。

例えば、ゲームの中でゲットしたアイテムや武器、主人公の服や持ち物、土地や建物、ペットやデジタルアートなどですね。

そして、それらのデジタル資産をコレクションしたり、売買できるようになります。

このデジタル資産の価値の証明にNFTが使われるということです。

メタバース空間で家を買い、自宅のリビングに購入したデジタルアートを飾るなんてことができてくるかもしれません。

また、ゲームだけではなく、ビジネスの場でもメタバースが使われていくと言われています。

打ち合わせやプレゼンなどの場で、メタバースの打ち合わせルームに世界中の人が集まって会議することも可能になります。

こんな風にメタバースは色々な可能性を秘めているので、世界中が注目している市場というわけです。

 

まとめ

今回の記事では、NFTとは?という点についてまとめてみました。

結論としては、「世界で1つだけという証明がついたデジタル資産」ということを覚えておけば、まずは大丈夫だと思います。

だからこそ、NFTは価値がつくし、NFTで儲ける方法もいろいろあったり、世界中の人が注目しているわけですね。

ただ、NFTについては理解できていない人が大多数で、まだまだ一部の人しか参入していない状況です。

今のうちにNFTの理解を深めつつ、NFT取引をできるようになっていれば、今後普及していったときに先行者利益が得られる可能性は非常に高いです。

ぜひ本記事を参考にして、NFTの世界に一歩足を踏み込んでいただけたらと思います。

それでは今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-NFTの始め方
-

© 2022 テルの仮想通貨blog Powered by AFFINGER5