仮想通貨の始め方

【初心者向け】仮想通貨とは?知識ゼロでもわかるように簡単に解説。

「仮想通貨とは何ですか?初心者でも分かるように教えて欲しいです」

そんな疑問にお答えします。

本記事を読むことで、仮想通貨とは何なのか?ということから、仮想通貨の買い方や、初心者が仮想通貨で儲けるためのコツについても分かります。

この記事を書いている僕も、2021年11月から仮想通貨投資を始めました。

僕も知識ゼロの状態で始めたので、初心者の人が疑問に思うことが分かります。

ですが、どこのサイトやブログを見ても、「難しそう...やっぱやめとこう...」と投げ出してしまうような難しい言葉ばかり。。

それでは、初心者の人には分かりづらいと思い、この記事を書こうと思いました。

そこで今回は、「仮想通貨とは?」という点について、どこよりも分かりやすく解説していこうと思います。

 

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、「実物がない通貨」のことです。暗号資産とも呼ばれています。

今、あなたの財布にあるのは実物の紙幣や硬貨のお金です。

ですが、仮想通貨は実物では持つことができない、インターネット上でしか取引ができないデジタル通貨になります。

デジタル通貨というと「PayPayとかSuicaとか電子マネーは?」と思うかもしれませんが、仮想通貨と電子マネーは全くの別物になります。

電子マネーであるPayPayやSuicaもお金の代わりになるもので、紙幣や硬貨と同じような「法定通貨」という位置付けになります。

法定通貨=国が価値を保証した通貨という意味です。

お金は、国が1万円札は1万円の価値があるもの、電子マネーは、Suica1000円分=1000円の価値があるものと保証しているので、1万円札で1万円の商品を買うことができたり、1000円分チャージしたSuicaで1000円の商品を買うことができるのです。

一方で、仮想通貨は、特定の国で価値が保証されていません。

仮想通貨を持っている人同士で取引の承認を行います。

仮想通貨の価値は持っている人が決めることになるので、そうなると、価値が一定ではなくなり、需要と供給のバランスで価値が決まることになります。

このシステムゆえに、仮想通貨の価値の変動は激しくなります。

仮想通貨の価値の変動が激しいからこそ、投資するには魅力的なものになります。

このように、仮想通貨は「通貨」であり、大きな値上がりが期待できる「資産」にもなるので、投資対象としても人気になっているということです。

 

仮想通貨って何のためにあるの?

仮想通貨の説明をされると、「そもそも、何のために仮想通貨があるの?」と思いますよね。

お金や電子マネーがあるのに何のために必要なの?と疑問に思います。

登場した経緯などは色々とあるのですが、分かりやすく言うと、

・国を越えて利用できる

・送金スピードが早くて手数料が安い

・個人間で送金できる

・投資できる

といったメリットがあるからです。

特定の国で管理されることがない仮想通貨は、国を越えて世界中で使うことができます。

例えば、海外旅行でアメリカに行ったら、円をドルに交換しないと使えないわけですが、仮想通貨であれば交換する必要がなくなりますから交換手数料がかかりません。

また、送金する場合にも、現金だと銀行を介す必要があり、時間がかかり手数料もかかってしまうものが、仮想通貨なら個人間でインターネット上で送金できるので、スピードも早く、銀行を介さないので手数料も安くなります。

個人間で送金できるメリットは、海外送金の場合のメリットはかなり大きいです。

あとは、先ほど説明した、大きな値上がりが期待できる資産になるというメリットがあるからです。値上がりした仮想通貨は、日本円に換金可能です。

仮想通貨は何のためにあるの?ということを考えるよりも、

今後必要になるはずだ」と期待している人のためのもの、と言ったほうがいいかもしれないですね。(そんな僕もその内の1人です)

そういう人が増えれば増えるほど、仮想通貨の相場価格は上がっていく傾向にあります。

 

仮想通貨の種類

仮想通貨は、2009年のビットコインの登場からスタートして、そこから派生して様々な仮想通貨が生まれています。

ビットコイン以外で有名な仮想通貨としては、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リップル、NEMなどがあり、その他にもたくさん種類があって、今もその数は増え続けている感じです。

そうやって派生して誕生した仮想通貨は、アルトコインと呼ばれたり、草コインと呼ばれています。

アルトコインと呼ばれている名前もほとんど知られていない仮想通貨は、今の価値が低くくても、将来的に急激な値上がりをする可能性を秘めていることから、投資するのにも人気となっています。

ちなみに、ビットコインが登場した2009年では、1ビットコイン=1円以下だったわけですが、12年間で130万倍以上も値上がりしました。当時10000円分のビットコイン買っていたとしたら130億円です。

もう今ごろ億万長者ですよ。すごい夢がありますよね。

それだけの値上がりが期待できるのも仮想通貨投資の魅力なんですね。

 

仮想通貨のリスクやデメリットは?

色々と魅力的に見える仮想通貨ですが、リスクやデメリットもあります。

下記の通りです。

・価格変動が激しい

・ハッキングされるリスクがある

・将来的にどうなるか誰も予測不可能

先ほど説明したように、仮想通貨は大きく稼げる可能性がある一方で、反対に、大きく値下がりして損失を出す恐れもあります。

2021年の初めは、1ビットコイン=300万円台だったのですが、2021年12月には700万円台になり、2022年1月には400万円台になっています。それだけ大きな価格変動を起こすので、短期的な投資で考えるとリスクを伴います。

仮想通貨自体は、ブロックチェーンと言われる技術で安全性は高いのですが、それを扱う取引所がハッキングされる恐れもあります。

過去にも何度か取引所がハッキングされて、保有していた仮想通貨が盗まれるという事件がありました。

事件があってからは、取引所も安全性やセキュリティ面については強化しているはずですが、可能性がゼロになったわけではないことはリスクとして知っておいたほうが良いです。(取引所は安全性の高さやセキュリティ体制で選ぶようにしましょう)

あとは、仮想通貨が将来的にどうなるか誰も予測できない、というのもリスクの一つです。

仮想通貨が当たり前の時代になっているかもしれないし、何の意味もなくなってしまうかもしれないし、その点については誰も分かりません。

仮想通貨が普及していってしまうと、それぞれの法定通貨を持つ国が管理できなくなるので、何かしら規制や制限が入る可能性もあります。ちなみに、中国では2021年に仮想通貨の取引を全面禁止にしました。

一方で、ビットコインを法定通貨にした国も出てきました。エルサルバドルという国です。

仮想通貨には良いニュースや悪いニュース、色々と出てきていて、誰も将来は分からないので、最終的には自己責任というのもリスクと言えます。

 

【初心者向け】仮想通貨の始め方

ここからは、仮想通貨の始め方についての説明です。

まずは、どうやって買えばいいのか?という話ですが、下記の通りです。

  1. 取引所の口座を開設する
  2. 現金を入金する
  3. 仮想通貨を購入する

それぞれ解説していきます。

 

1.取引所の口座を開設する

まずは、仮想通貨の取引所の口座を開設します。

仮想通貨の取引所はたくさんあるのですが、最初は国内の取引所がおすすめです。日本語表記で分かりやすい点、日本円の入金ができるからです。

国内の取引所で有名なところなのは、CMでよく見かける「コインチェック」「GMOコイン」「ビットフライヤー」といったところです。

それぞれの取引所によって手数料の違いなどがあったりしますが、高額な取引をしない限りあまり差は出ることはないので、自分の気に入ったところで口座を開設をしましょう。

口座開設をすることで、自分のウォレット(仮想通貨専用のお財布)が作成されます。

 

参考

口座開設の申し込みに必要なものは

  • スマホ
  • 免許証などの本人確認書類
  • メールアドレス
  • 銀行口座

です。

免許証などの本人確認書類と、本人かどうかを確認するために本人確認書類を持ちながら自撮りする必要があるので、外では行わず、家か誰もいないところで申し込んだ方がいいです。

 

コインチェックの口座開設のやり方については下記の記事で丁寧に解説しています。参考にしてください。

【完全無料】コインチェックの口座開設までの手順【初心者向け】

「コインチェックで口座開設をしてみたいです。でも難しそう...初心者でも迷わないように手順を教えてください。」 そんなお悩みにお答えします。 初めて仮想通貨を買う人にとっては、一番最初の口座開設のやり ...

続きを見る

 

2.現金を入金する

口座開設をして自分のウォレットが作成されたら、ウォレットに現金を入金します。

国内の取引所だったら日本円の入金が可能です。基本的には銀行振込になります。

ただ、それぞれの取引所ごとに入金できる銀行が決まっていたり、入金方法が異なるので、取引所の仕様に従ってください。

現金の入金だけではなく、クレジットカード決済ができる取引所もあります。

ウォレットに入金ができたら、いよいよ仮想通貨の購入ができます。

 

3.仮想通貨を購入する

仮想通貨を購入するには、2つの方法があります。

  • 取引所方式
  • 販売所方式

それぞれの購入方法について解説します。

 

取引所方式

これは、買いたい人と、売りたい人が揃うことで取引が成立する方法です。

例えば、1ビットコインを500万円で買いたい人、500万円で売りたい人がいる場合に、その取引が成立するということです。

取引所方式のほうが、あとで説明する販売所方式より「手数料」が安く済むというのが特徴です。

 

販売所方式

これは取引所(交換業者)が保有している仮想通貨を、提示された価格で購入する方法です。

販売所方式では、ユーザー同士の取引ではなく、仮想通貨市場とユーザーの間に立つ仲介役になっているので、その分の手数料として取引所方式よりも高く設定されています。

手数料が高く設定されているということは、買ったとき、売ったとき、その分の利益が少なくなってしまいます。

その点で、初心者であれば、手数料も少なくて済む、取引所方式のほうがおすすめです。

 

参考

ちなみに、仮想通貨の取引の種類には、

  • 現物取引
  • レバレッジ取引
  • 積立暗号資産
  • 貸し暗号資産
  • ステーキングサービス

といった取引方法があるのですが、

初心者であれば、仮想通貨の購入・売却をシンプルに行う「現物取引」がおすすめです。他の方法は現物取引を行ってから覚えていけば大丈夫です。

 

まずはビットコインを買ってみたい!という方向けに、ビットコインのおすすめの仮想通貨取引所を下記の記事で紹介しています。参考にしてください。

ビットコインはどこで買うべき?おすすめ取引所5選【完全初心者向け】

「ビットコインを買いたいんだけどどこで買うべきですか?初心者なのでどこで買うべきか迷っています。おすすめの取引所を教えてください。」 そんなお悩みにお答えします。 ビットコインが買える仮想通貨の取引所 ...

続きを見る

 

仮想通貨の売り方

取引所の自分のウォレットを選択して「コインを売る」を選択すれば売ることができます。

売り方にも、買い方と同様に2つの方法があって、

  • 取引所方式
  • 販売所方式

どちらかの方法で売ることができます。

取引所方式は、自分が売りたい価格を指定して買いたい人が現れるまで待つことになりますが、販売所方式では、「売る」をタップすれば、取引所(交換業者)が定めた価格で即座に売ることが可能です。

販売所方式ではその分手数料も高くなるので、少しの値上がり分で売却すれば、同等かマイナスになってしまう恐れもあるので注意しましょう。

 

初心者が仮想通貨で儲けるためには?

以下の2つを守ることです。

  1. 買ったら持ち続ける(ガチホする)
  2. 毎月少しずつ投資する

 

1.買ったら持ち続ける(ガチホする)

買ったら持ち続けてください。

決して短期的な売買を目的に始めないことです。

というのも、仮想通貨は激しく価格が変動します。

買った瞬間に価格が急激に下がったり上がったりするのは、当たり前のように動きます。

下がった瞬間に「このまま下がり続けたらやばい!」と思って売ってしまったら、その瞬間に損失確定です。

反対に、上がった瞬間に「儲かった!」と思ってすぐに売ってしまって、売った後も上がり続けてしまったら後悔してしまいます。

短期的な取引は、大口の高額トレーダーか、プロの人がやることです。

初心者は買ったらすぐに手放さずに、持ち続ける(ガチホする)ことをおすすめします。

仮想通貨はまだまだ発展途上の市場ですし、また4年に1度の仮想通貨バブルが来ると予想されていて、次は2024〜2025年に向けて市場はさらに伸びていくと言われています。(過去に2017年、2021年に仮装通貨価格が高騰しています)

そのため、今買って儲けたいと思うなら、2024年〜2025年までガチホしておくことをおすすめします。

 

2.毎月少しずつ投資する

仮想通貨は価格変動が激しいので、いきなり高額投資することは危険です。

毎月少しづつ投資するほうが価格の変動リスクに強いですし、将来的にもまだまだ値上がりが期待されているので、確実に儲けるには毎月少しづつの投資方法がおすすめです。

取引所での取引種類にも「積立暗号資産」という、決まった日に決まった金額で自動購入できる取引もあるので、まずは現物取引を始めつつ、積立暗号資産にシフトしていくことをおすすめします。

 

【初心者向け】仮想通貨の勉強におすすめの本

ここまで、仮想通貨についての説明をざっくりとしてきましたが、まだまだ説明しきれていない部分もたくさんあります。

でも、初心者であれば、あまり細かいところまで説明するよりも、とりあえず買ってみるほうが先だと思います。そのほうがより知識を深めたくなるはずなので。

ただ、始める前にもっと仮想通貨について勉強したい、知識をつけたい、という方は、下記の本がおすすめです。

最新 いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン」 著者:大塚雄介

仮想通貨の国内取引所「コインチェック」の執行役員の人が書いている本でして、知識0の人でも分かりやすく読みやすい本になっています。

Amazonのサイトを見れば分かりますが、仮想通貨系の本の中でも、口コミ評価も非常に高いです。

この記事を書いている僕もこの本を読んで、知識0の状態でも仮想通貨の歴史や仕組みについて理解することができました。

この記事を読んでから本を読むことで、さらに仮想通貨の知識や理解が深まると思うので、興味がある方は読んでみてください。

 

まとめ

今回は、初心者が疑問に思う「仮想通貨とは?」という点についてまとめてみました。

この記事を読んで、仮想通貨について、少しでも理解を深めていただけたら嬉しいです。

また、仮想通貨を始める=買うのはほんとに簡単です。

仮想通貨は今後さらなる値上がりも期待されているので、これをきっかけに仮想通貨投資をスタートしてみてください。

それでは今回は以上です。

 

-仮想通貨の始め方
-, ,

© 2022 テルの仮想通貨blog Powered by AFFINGER5