整体院向け。ホームページで新規集客する13の具体案【リピーターも増える】

「整体院を経営してます。チラシを配っても新規の患者さんがなかなか来てくれなくて悩んでいます。ホームページを作れば集客できるかな…と考えてはいるんだけど、費用もかかるし、作り方もわかんないしで手を出せていない。そこらへんを具体的に教えて欲しいんだけど…」

本記事はそんな悩みを持つ整体院・マッサージ屋さんに向け。

この記事を書いている僕は「集客に特化したホームページ制作」を仕事にしていまして、整体院、マッサージ、カイロプラクティックのお客様のホームページ制作にも携わった経験があります。

おかげさまで沢山のお客様から「集客に効果があった!」とお声を頂いておりまして、

  • 「地域名+整体」で検索1位を獲得
  • ホームページからの新規来院者が月間50件達成
  • ホームページから毎月20〜30人の新規来院者を安定して集客
  • ホームページ制作後1年間で問い合わせが697件増

といった成果を出すことができています。

ちなみに成果を出すことは意外とカンタン。というのも整体院のホームページには集客に成功する型が決まっていて、それに基づいて作ればいいだけだからです。

今回はどんなホームページを作ればいいかという具体案をベースにして、ホームページで新規集客する方法について解説していきます。

まずはホームページが集客効果が高い理由を、チラシ配りと比較して説明します。



チラシの集客が効果を生まない理由

この記事を読んでるあなたも、駅前でチラシを配ったり、ポスティングをしたりしてるかもしれません。

でもチラシの集客確率って知ってますか?

確率は良くて/1000と言われています。

どんなに良いチラシを配っても1000枚で1人しか来てくれないということです。

しかもクーポン付のチラシだったら、クーポンだけ使って終了みたいなことも多いですしね。チラシはリピーターになってくれる確率も低くなります。

悩んでる人にチラシは届かない

たとえば駅前でチラシを配るとき。

40~60歳の女性に配ろうとしても、受け取ってくれない人も多いし、選り好みすると配るペースも全然進まないと思います。

というのも本当に悩んでる人はチラシなんて手に取りません。

常にスマホで探しているからです。

チラシを配ってる=お客がいない=人気がない、というイメージがあるから行こうと思わないわけですね。

だからチラシの集客に時間とお金をつかっても、はっきり言って無駄に終わってしまうんです。

ホームページの集客効果が高い理由

先ほどの話のとおり、今や1人1台スマホを持っていて、なにか悩みがあったら必ずスマホで検索をかけています

たとえば肩こりがひどくて最寄駅近くの整体に行こうと思ってる人なら、

「最寄駅の名前   肩こり  整体」というキーワードで検索します。

そこにあなたのホームページが検索で出てきたら、行く確率は高いですよね。

ホームページを構えていると悩んでる人だけがアクセスしてくるようになるのです。

チラシ配りで1/1000の当たりを引くようなものとは全く違うわけです。

それにホームページはチラシでは書ききれない情報だったり写真などを制限なく載せることができます。

情報がたくさんあると来店する前と来店した後のミスマッチが少なくなるので、リピーターになってくれる確率も高くなるのです。

無料ブログは集客に向かない

ホームページはないけどアメブロならやってる。でも検索に引っかかってこないし、まったく反応がない…なにか応用できないの?

なんて人も中にはいるかもしれません。

たしかに毎日のお知らせとか日記を書きこむには無料ブログも使えます。

でも無料ブログは基本的には日記用です。

すぐに電話できない問い合わせがしづらいなど、無料ブログは集客に向いてない仕様になっているので、アクセスがあっても問い合わせされずに他のサイトへ離脱してしまうので、まったく反応がないわけです。

それに無料ブログがホームページ代わりだとお店自体もショボく見えてしまいます。

集客したいなら、無料ブログではなくホームページを作りましょう。

集客用のホームページを作りましょう

ちなみに整体院のホームページには2通りあります。

  • 院紹介のホームページ
  • 集客用のホームページ

どちらを作ったらいいかは、もちろん集客用のホームページです。

院紹介のホームページは「院名、院長の名前、営業時間、アクセス、症状と料金」なんかを載せてるだけのホームページ。たまに見かけるんですよね。

だいたい無料ホームページ作成ツールなんかで作ってあって、デザインも決まってて情報がスカスカ。

名刺に載せるためだけに作ったならいいですけど、これでは検索に引っかかってこないので新規客は当然来ません。

一方で「集客用のホームページ」は、検索に引っかかって問い合わせしたくなるように出来ています。

そこで、集客用のホームページとは具体的にどんな内容なのか、ホームページで新規集客する具体案を説明していきます。

整体院向け。ホームページで新規集客する13の具体案

前述したとおり、整体院やマッサージ屋のホームページで集客に成功している理由は、集客できるホームページの型やポイントがあるからです。

具体的にどんなホームページを作ったのかポイントをお話しします。全部で13個あります。

① 狙うキーワードを決める

ホームページをつくる上で一番重要なのはキーワードです。

まずはどういうキーワードで検索してほしいかを決めます。

基本的には「地域名+整体」「地域名+マッサージ」がおすすめです。

それは地域名との掛け合わせキーワードが一番検索需要が多いからです。地域名は駅名でも大丈夫です。

たとえば

渋谷駅近くでマッサージ屋をやっているなら「渋谷+マッサージ

渋谷区恵比寿で整体院をやっているなら「恵比寿+整体

といった感じです。

ちなみにこの地域名については、場所を広げれば広げるほど競合が多くなり検索上位を狙うのが難しくなります。(東京+整体、埼玉+マッサージなど)

もし同じ地域名に競合が多い場合は、ポジションをもつためのキーワードと掛け合わせるのがおすすめです。

ポジションをもつキーワードとは、あなたの得意とする施術や症状名を入れたキーワードです。

渋谷で肩こりの改善が得意なマッサージ屋なら

渋谷+マッサージ+肩こり

新宿で腰痛に特化した整体院なら

新宿+整体+腰痛

池袋で骨盤矯正が得意な整体院なら

池袋+整体+骨盤矯正

というキーワードを狙います。

そして、この狙うキーワードをどうするかというとホームページのタイトルに入れます

  • ひどい肩こりにお悩みなら渋谷の〇〇マッサージ
  • 辛い腰痛を改善!新宿腰痛専門の整体施術なら〇〇整体院」」
  • 池袋骨盤矯正なら〇〇整体

といった感じで、狙うキーワードを含めたホームページのタイトルにすることで検索結果に表示されるようになります。

② ペルソナを設定する

文章は人の心を動かすことができます。

読み手に「そうそう!」と共感してもらうことでホームページの反応率は格段に上がります。

そのためには重要なのが、ペルソナを設定することです。

「ペルソナ」とは、商品・サービスを利用する顧客の中で最も重要な人物モデルのことです。
出典元:https://ferret-plus.com/8116

ペルソナはどんなお客さんに来てほしいかで決めます。

実際にいる人でもいいですし、架空の人物を想像しても大丈夫です。

その人の

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 家族のこと
  • ライフスタイル
  • 悩みの症状

といったことを考えます。悩みの症状別に複数あっても大丈夫です。

そしてその人に向けた文章をホームページ内に書いていきます。

そうすると、その人物モデルに共感してもらえる言葉やキーワードが出てきて、刺さる文章を書くことができます。

たとえば、

  • 28歳
  • 女性
  • OL (内勤)
  • 一人暮らし
  • 年収400万
  • 趣味は海外旅行、カフェ巡り
  • 悩み:腰痛

といった人をペルソナにするなら、

かがむのが辛くて、ストッキングがはけない…こんな悩み抱えていませんか?

毎日の長時間のデスクワークはキツいですよね…

飛行機や新幹線の移動なんて大変ですよね…

といった、痛みや痛むシチュエーションに共感する言葉が出てきます。

また同時にその人が求める情報も書くことができて、ホームページのイメージやデザインにも落とし込むことができます。

  • 女性の腰痛の原因
  • 女性の腰痛施術の実績
  • 20〜30代女性のお客様の声
  • ホームページの配色

など。

お客さんはこの文章を読んで「この人は自分のことを理解してくれている」と思ってくれます。

整体院やマッサージ屋はここを疎かにすると、結局「料金」勝負になってしまいます。

キーワードのポイントで話した「ポジションを持つ」にもつながりますが、ペルソナを設定して他との差別化をする必要があります。

「誰でもいいからきてほしい」とすると「誰も来なくなってしまう」ので注意しましょう。

また来てほしいお客さんをペルソナに設定することで、似たようなお客さんからの反応が圧倒的に増えます。

来てほしい(質の良い)お客さんだけを集客できるというメリットもあるのでぜひ実践してください。

③ 院長、スタッフの笑顔の写真をのせる

実際に施術する人の顔写真をのせることで信用を得ることができます。

特に女性の方は体を触られるわけですから、どういう人が施術やマッサージをするか気になります。

そのため顔写真がないだけで不審がられて敬遠されることが非常に多いです。

実際に顔写真をのせただけで反応率が2倍になったというケースもあります。

全員の笑顔の写真を載せるようにしましょう。

④ プロフィールを充実させる

プロフィールで自分をさらけ出すと、お客さんも「悩みや相談をしやすい人」と思ってくれるので、結果選ばれます。

院長、施術スタッフすべての方のプロフィールをのせましょう。

プロフィールには

  • 名前
  • 生年月日
  • 出身地
  • 趣味
  • 特技
  • 好きな食べ物
  • 家族のこと
  • 休日の過ごし方
  • 学生時代のこと
  • 整体師・マッサージ師を目指したきっかけ
  • 理念やモットー
  • 経歴

これぐらいを載せておくと、お客さんも共通点を見つけて親近感を持ってくれます。

そうすると写真だけでは伝わらない人柄がわかり、実際の施術時のイメージもできるので、ホームページを見た人の反応率が上がります。

⑤ 症状別のページをつくる

整体院やマッサージ屋のお客さんはそれぞれ悩みや症状が違います。

お客さんも自分の悩みや症状を改善してくれるお店を探すので、

地域名+整体」ではなく、地域名にプラスして「肩こり+整体」とか「首コリ+整体」と検索することも多いです。

そのために症状別のページをつくることで、それぞれの細かいキーワードを拾って個別ページが単独で検索結果に表示されるようになります。

たとえば

  • 首コリのページ
  • 肩こりのページ
  • 腰痛のページ
  • 背中の痛みのページ
  • 自律神経失調症のページ
  • 顎関節症のページ

など。

こうやって症状別に子ページをつくることで、

地域名+整体+肩こり」と調べたら「肩こりのページ」が検索結果に出るようになるので、検索者への露出を増やすことができるんです。

またページ数が多いホームページほど、Googleの検索結果で上位表示されやすい傾向もあるので一石二鳥です。

しかし、ただページを増やせばいいってものではありません。

それぞれの症状ごとにページを作り込むことが必要 (施術内容、施術の実例、お客様の声など)なので、自信をもって改善できますと言える症状のページを作るようにしましょう。

⑥ 料金をのせる

料金は必ず載せましょう。

初めての方限定で特別価格のキャンペーンも載せると効果的です。

また料金については競合のお店よりも高くても載せます。

これは経験談ですが、お客さんは結局のところ料金で選ばないことが多いからです。

料金以外の部分で「悩みを解決してくれそう」と思わせることが重要です。

⑦ 施術の流れをのせる

どんな施術をするのか」悩みを持ったお客さんが一番知りたいところです。

そこで施術の流れを写真付きで載せましょう(撮れるのであれば動画も効果的です)

流れの説明は予約時からが良いです。

予約→来店→施術前→施術→施術後→次回の予約

こうすることで予約・来店から施術までのイメージができるので、ホームページからの反応率が上がります。

⑧ お客様の声と写真をのせる

第三者の口コミは安心感をもたせます。

またお客様の声は多ければ多いほど信頼感も得ることができます。

お客様の声に載せる内容については、お客様にアンケートを取りましょう。

  • 何が決め手になって当院を選んだか
  • 実際にサービスを受けてどの部分が良かったか
  • 実際にサービスを受けて悩みはどう変わったか(感想)
  • 同じような悩みを持っている人に一言

この口コミ内容があると、これから来店しようとするお客さんの不安が解消されます。

そして、口コミには必ず写真もつけます。

院長とお客様が一緒に映った笑顔の写真をつけるとさらに効果的です。

お客様の声をとるアンケートの取り方については下記の記事を参考にしてください。

⑨ 実績をのせる

どこにでもある整体屋・マッサージ屋と思われないためには「権威性」が重要です。

権威性を示すには

  • テレビで紹介された
  • 新聞や雑誌に掲載された
  • 賞を受賞した
  • 本を出版した
  • セミナーを開いた
  • 著名な人に推薦された
  • 口コミサイトで表彰された
  • 何千人の患者を見てきた(施術実績)
  • 創業〇〇年
  • 持っている資格

といったことをアピールすると良いです。

お客さんは「権威性のある人=すごい人」と思うので、結果選ばれます。

また写真の服装にも気をつけましょう。

整体院やマッサージ屋の場合は「先生」「院長」という立場になるので、Tシャツやポロシャツといったラフな格好ではなくて、白衣を羽織るなどしたほうが良いです。

⑩ スマホ対応にする

2020年現在、ホームページの検索者の8割はスマホです。

スマホ対応になっていないホームページは文字が小さくて読みづらい、操作しづらいので、せっかくホームページに来たのに離脱(他サイトに移動)してしまいます。

またスマホの検索者が増えていることから検索者の満足度を上げるため、スマホ対応していないホームページは検索順位を下げることもGoogleが公表しています。

お客さんを取りこぼさないように、またこれからの時代のためにスマホ対応は急務です。

⑪ すぐに電話できるようにする

スマホは電話です。

スマホからすぐに電話ができるように、ホームページ内に電話ボタンを実装しておきましょう。

そうすると「今すぐ客」を取りこぼしません。

繰り返しますが、検索者の8割はスマホなので、スマホユーザーの不便をかけないようにしましょう。

⑫ 更新する

ホームページの更新をすることで、Googleからの評価が上がるので検索結果にも良い効果があります。

また何年も更新されていないホームページをみて「不安」に思うように、更新されているホームページは検索者からも安心感があります。

新着情報などの更新はもちろんですが、もっと効果があるのはブログの更新です。

ブログに書く内容ですが、

  • 施術例
  • 症状の原因や改善方法
  • お客様から質問があったこと
  • テレビの特集について(ためしてガッテン、健康番組など)
  • 地域のこと

といった感じで、実際にお客様が知りたいことをブログで書いていきます。

ブログを書くとページが増えていき、検索されるキーワードも増えていくので、ホームページへのアクセスが増えていきます。

そうすると「地域名+整体」「地域名+マッサージ」以外のキーワードで調べている潜在顧客の目にもとまるので、集客数を増やすことができます。

なので、ホームページ内にはブログ機能を必ずつけましょう。

ブログは毎日更新が理想です。

ですが忙しかったり、ブログのネタ切れもあったりすると思うので最低1週間に1回は更新するようにしましょう。

⑬ Googleマイビジネスに登録する

Googleマイビジネスとは、Google検索やGoogleマップにお店の基本情報を表示することができるサービスです。

Googleマイビジネスに登録することで

  • 「地域名+整体」
  • 「地域名+マッサージ」
  • 「地域名+肩こり」
  • 「近くのマッサージ」

といったキーワードで検索された瞬間に、Googleマップと一緒にお店の情報が検索上部に表示されるようになります。

例:沖縄県北谷町で「近くのマッサージ」で検索。検索結果よりも上部に表示されるのがGoogleマイビジネスに登録してるお店です。

Googleマイビジネスには、

  • 会社の名前
  • 住所
  • 電話番号
  • ホームページURL
  • 営業時間
  • 会社の説明
  • 写真(複数枚可)

がのせられます。

Googleマイビジネスに登録するだけでお店のことを認知させることができます。

またホームページURLも載せられるので、ここからホームページへ誘導することもできます。

ただ競合が多い地域だと3番目までしか表示されません(残りは、場所をもっと見るの中に埋もれています)

上位表示させる方法はGoogleが公表していませんが、情報をしっかり記入してあるほど上位表示される傾向にあります。

直接ホームページとは関係ない話ですが、Googleマップに表示されていると検索者も「Googleに登録されている」と信頼感につながり、集客もできるのでぜひ登録しておきましょう。

Googleマイビジネスは無料で登録できます

 

ここまで紹介した内容を、ホームページでどうやってページにまとめるかについては下記の記事で解説しているので合わせて参考にしてください。

ホームページは自作か外注するか?

ここまで紹介した内容をしっかり入れれば、無料ホームページ作成ツールなんかで作っても集客は可能です。

ただデザインも気にするようなら自作は少し難あり。

自作で作るとどうしてもデザインがぎこちなくなって、安っぽく見えてしまうというデメリットもあります。

ホームページをつくる自信がない、時間がないという人は外注しましょう。

外注するならフリーランスがおすすめ

ちなみに外注するなら制作会社よりもフリーランスの人にお願いしたほうがコスパは良いです。

制作会社が30〜50万円かかるとしたら、フリーランスの人なら10〜30万円くらいで作ってくれます。

結局ホームページの費用は人件費なので、会社にお願いするか、個人にお願いするかで、かかる経費が違ってくるというわけです。

それにフリーランスの人は口コミや評価が命なので、仕事も一生懸命にやってくれる人が多いです。

ホームページは作ったら終わりではなく、作ってから更新したり修正したりも出てくるので、ずっと付き合える人を探せるとベストですね。

選ぶべきはWEBマーケティングに詳しいフリーランス

ちなみにホームページが作れるフリーランスにも2通りあって、デザイナー出身の人、WEBマーケティングが詳しい人がいます。

選ぶなら、WEBマーケティングに詳しい人にしましょう。

WEBマーケティングとはネットで集客することを指します。まさに今回の内容です。

デザインは直接的に集客には関係ありません。だからデザイン代で高いお金を払うのはかなりもったいないです。

ホームページのゴールは集客なので、集客が得意なWEBマーケティングに詳しい人に頼むようにしましょう。

ホームページを作ってくれるフリーランスの人を探すなら、クラウドワークスがおすすめです。

クラウドワーカーを探す」から条件に合った人に交渉するか、「新しい仕事を依頼」から仕事を登録して応募してきた人の中から選ぶか、どちらかの方法で探してみてください。

クーポンサイトも上手に活用しよう

ちなみに、ホームページとクーポンサイトはまったく別の話です。

整体院やマッサージ屋にとってクーポンサイトは大事な集客媒体です。

  • ホットペッパービューティー
  • EPARK

といったクーポンサイトを活用するのも良い集客方法です。

ホットペッパービューティーは月額数万円、EPARKは成果報酬型で利用できます。

どちらも知名度が高いので、利用客が多く、また検索者は安心して利用できます。

集客方法のひとつとして利用する価値は十分にあると思います。

ただ、ずっとクーポンサイトに頼るのはヤメましょう

それはクーポンサイトからのお客さんの質の悪さです。

まず、クーポン目当てなのでリピート客になりづらいです。

クーポンサイト利用者のほとんどは「初めての方限定クーポン」目当てで来店します。

それ目当てでハシゴしながら新しいお店を転々とするのでリピート客になりづらいのです。

またクーポンサイト内にはたくさんの競合店が掲載しています。

そうなると必然的にクーポンサイトの中で比べられてしまうんです。

クーポンサイト内のデザインや構成はいじれないので、何で比べられるかというと、ほとんどは「クーポンの価値」と「料金」で選ばれてしまいます。

あなたのお店がよっぽどの口コミ評価がない限り料金以外では選ばれませんし、リピート客は数少ないので、クーポンサイトだけで生き延びるのは難しいと感じます。

なので、クーポンサイトは補助としての集客媒体と考えたほうがいいです。

クーポンサイトには公式ホームページのリンクが貼れるので、そこから誘導もできます。

たとえばEPARKの場合なら成果報酬型なので、ホームページに誘導してホームページから予約してもらえばEPARKにお金を払わずに利用ができます。

またクーポンサイトにリンクが貼ってあることでバックリンクの獲得ができるので、Googleのホームページ評価にも好影響をもたらします。

そして検索結果で上位表示されるようになれば、クーポンサイト内で比べられることが無くなります。

そうなることで、あなたのお店の強みや特徴で選ばれるようになるので、新規客のリピート率も格段に上がります。

クーポンサイトは集客に必要な媒体ですが、上手に活用してホームページからの予約に繋げましょう。

検索順位が上がるまではリスティング広告が効果的

最後にひとつ注意点があります。

それはホームページを作っても、検索順位が上がってくるまでは最低でも3〜6ヶ月くらいはかかるということです。

これは、Googleの情報収集期間と考えてください。

日本だけでも10億ページ以上もあると言われているWEBサイトの中で、なんていうキーワードで検索結果に表示させるか、検索順位をどうするかをGoogleのロボットが決めるためです。

なので、ホームページを作ったからといってすぐに検索結果に表示されるわけではないことを覚えておいて下さい。

じゃあ、その間どうすればいいか

ということですが、効果的なのがリスティング広告です。

リスティング広告とは、GoogleやYahooの検索結果の上部に出てくる「広告」というタグがついているやつです。

リスティング広告はクリックされたらお金を払う仕組みで(1クリック〇〇円)、広告を出すことができます。

そう言うと人によっては、

「クリックだけされて来店しなかったら勿体ないじゃん」

と思うかもしれませんが、ここまでお話ししてきた集客ホームページの作り方を実践すれば反応が全くないという可能性は極めて低いです。

またリスティング広告は今すぐ集客するためのものではなくて、

  • 検索キーワード
  • クリックされたキーワード
  • 電話や問い合わせがあったキーワード
  • 検索者の情報(年齢、性別、収入、地域など)

といった、今後の集客に重要なマーケティング情報を得ることができます。

この情報をもとに、新しいページを作ったり、ブログ記事を書いてみたりして、ホームページの集客改善ができるようになります。

今すぐ客を集客しながら、今後の集客に非常に強力な情報を得ることができるので、ホームページの最初の集客施策としてはリスティング広告がおすすめです。

まとめ

以上が整体院向けのホームページで新規集客する具体案でした。

これからホームページで集客したいと考えている方は、どの項目も抜けがないようにしてください。

またホームページは自作でも外注でもどちらでも良いです。というのも大事なのは中身だから。

ただ、自信がない人や時間がない人は外注したほうが良いですね。

ホームページは出来上がってから検索上位にいくまで6ヶ月くらいは見ないといけないので、早く作るべき。

そして外注するならフリーランスの人へ。制作会社に頼むよりも安く、親身になって作ってくれます。

ちなみに整体院の集客実績があるフリーランスを探しているなら、僕が相談に乗ります。

問い合わせページからお気軽にメールしてください。



最初のコメントをしよう

必須