仮想通貨の始め方

仮想通貨(ビットコイン)の販売所と取引所の違い【初心者向けに解説】

「ビットコインを買うのに販売所と取引所があるみたいだけど何が違うの?どっちで買ったらいいの?初心者でも分かるように教えて欲しい

そんな疑問にお答えします。

この記事を読むことで、

仮想通貨の取引所と販売所の違いが分かる

販売所での買い方が分かる

取引所での買い方が分かる

仮想通貨の失敗しない買い方・運用方法が分かる

といったメリットがあります。

ほとんどの仮想通貨取引所には、販売所と取引所というのがあって、仮想通貨を買うときはどちらかで買うことになります。

ちなみに、僕の場合はこの違いを知らずに仮想通貨を買ってしまって、数万円の損をしちゃってるんですよね。知らないと損する内容でもあります。

この販売所と取引所の違いについては、これから仮想通貨投資を始める人なら必ず知っておくべきことなので、僕のような損をしないためにも、ぜひ参考にしてください。

 

仮想通貨(ビットコイン)の販売所と取引所の違い

まずは、違いについて説明します。

販売所と取引所の違い、これは自分が取引する相手が違います。

販売所では、仮想通貨取引所と取引をします。

例えば、コインチェックであれば、自分とコインチェックとの取引になります。

販売所では、コインチェックが持っている仮想通貨を、コインチェックが決めた価格で売ってもらいます。

普通の店頭販売と一緒ですね。

 

一方で、取引所の場合は、仮想通貨を持っている個人同士で取引することになります。

コインチェックに登録している個人同士での取引になります。

仮想通貨を買いたい場合には、まず売ってくれる人を見つけてその人に売ってもらいます。

取引所であるコインチェックは仲介者として取引する場所を提供している立場になります。

 

一番の違いは「手数料」です

販売所と取引所の一番大きな違いは「手数料」です。

これを知っておかないと、僕のように何万円も損をしてしまう可能性もあるので、しっかり理解しましょう。

結論から言うと、手数料が高いのは販売所です。

なので手数料で損をしたくないなら、取引所で買うようにしてください。

それでは、どれくらい手数料が違うのか、コインチェックの「販売所」と「取引所」を比べてみました。

まず販売所でビットコイン(BTC)を1BTC買うとしましょう。

相場価格が1BTC=501万円、なのに対して、販売所での購入価格は1BTC=516万円。

販売所で買うとなると、15万円も高い価格になっています。

これが、スプレッドといわれるもので、販売所での手数料になります。

なので、1BTCを買った時点で15万円の損をしているということになります。これはもったいないですよね。。。

一方で、「取引所」で買う場合はどうでしょう。

取引所で買う場合の差額、約750円です。(コインチェックの場合は手数料0円)

販売所の15万円に比べたら、ほとんどないようなレベルの差額で買うことができます。

販売所と取引所を比べると、こんなに大きく手数料としてかかる費用に差が出ます。

ということもあって、せっかくの手持ち資金を減らさないためにも、仮想通貨を買うときは取引所で買うことを強くおすすめします。

 

販売所の特徴・メリット/デメリット

とはいえ、販売所にもメリットがあるので、そちらも紹介しようと思います。

販売所のメリットは下記の通り。

  • すぐに取引できる
  • トップ画面でカンタン操作

販売所では価格が決まっているのですぐに取引することができます。

また取引方法もカンタンで、トップ画面にある「買う」「売る」のボタンを押すだけで取引が可能です。

初心者の人には分かりやすいというメリットがあります。

一方で、販売所のデメリットは下記の通り。

  • 手数料が高い

少額の取引なら気にならないかもしれないですが、買う通貨が増えて取引回数がこれから増えていくとなると、そのたびに発生する手数料も増えていってしまい、大きな損を生んでしまうかもしれません。

 

販売所での仮想通貨の買い方/売り方

販売所での買い方や売り方はとってもカンタンです。

ここでは、コインチェックの画面を例にしてみます。

トップ画面がすでに販売所のページになっていますので、買いたい銘柄をタップで選択して、「売却」か「購入」をタップします。

例えば購入の場合だったら、購入金額を入力します。(購入金額を入力すれば通貨数が自動計算されます)

そして「日本円でビットコインを購入」をタップして購入完了です。

すぐに取引したい、少額しか買わない、といった方でしたら、まずは販売所で購入してみるのもアリですね。

ちなみに、コインチェックで仮想通貨を買うにはまず口座開設が必要です。

コインチェックの口座開設の手順については、以下の記事で解説していますので参考にしてください。

【完全無料】コインチェックの口座開設までの手順【初心者向け】

「コインチェックで口座開設をしてみたいです。でも難しそう...初心者でも迷わないように手順を教えてください。」 そんなお悩みにお答えします。 初めて仮想通貨を買う人にとっては、一番最初の口座開設のやり ...

続きを見る

 

取引所の特徴・メリット/デメリット

一方で、取引所の場合。

さっきお話ししましたが、相場価格との差額もほとんどなく、手数料をかなり安く抑えられるというメリットがあります。

ちなみに、それ以外にも様々な特徴があります。

取引所のメリットは下記のとおりです。

  • 手数料が安い
  • 成行注文・指値注文ができる

まず説明したとおり、手数料が安いのが取引所の最大のメリットです。

その他にも、「成行注文」「指値注文」というのが可能で、自分が購入したい価格で仮想通貨を買うことができます。

「成行注文」、「指値注文」とは

成行注文:値段を指定せずに、現在の価格から一番近い価格で購入(売却)できる注文方法

指値注文:自分が買いたい(売りたい)値段を設定して、その価格になったら取引が成立する方法

例えば「指値注文」であれば、現在の相場価格よりも低い値段で買い注文を入れておけば、現在の価格よりも安く買える可能性があります。あとで説明しますが、やり方もわりとカンタンなので覚えておくと良いですよ。

一方で、取引所のデメリットは下記のとおりです。

  • 取引所で扱っている通貨が少ない
  • 取引に少し手間がかかる

販売所では扱っているけど、取引所では扱っていない、という銘柄が取引所によってあるので、取引できる仮想通貨が少ないというデメリットがあります。

例えば、コインチェックの場合は、販売所の取り扱いは16通貨、取引所では5通貨のみとなっています。

コインチェック:販売所通貨数
(BTC,ETH,LSK,FCT,XRP,XEM,LTC,BCH,MONA,XLM,QTUM,BAT,IOST,ENJ,OMG,PLT)、

コインチェック:取引所通貨数
(BTC,ETC,FCT,MONA,PLT)

また、販売所のように「買う」「売る」でワンクリックで取引が成立するのではなく、少し手間がかかって初心者の人にとっては不安に思うかもしれません。(※ただ、あとで説明しますが、そこまで難しいことをするわけではないので安心してください。)

あとは、成行注文で一度に大量に注文を入れると、高い値段で成立してしまったり、指値注文で1BTCの買い注文を入れておいたのに、0.5BTCしか買えなかったなんてこともあったりします。

これは、取引価格や通貨数はそれぞれ個人同士が決めているため起こります。

例えば、ビットコイン10BTCの注文を入れたのに、その時点でビットコインを10BTC保有している人が高い値段をつけていたとしたら、その値段で成立してしまいます。

また指値注文でも同様なことが起きます。1BTCを指値で買い注文を入れていたとして、その指値で売り注文を入れていた人が0.5BTCしか持ってなかったという場合ですね。

このへんについては、今の時点でよく分からなくてもOKです。

取引所で取引することに慣れていくと、だんだんと理解していくはずですので。

 

取引所での仮想通貨の買い方/売り方

販売所に比べると、少し手間がかかります。

それに、取引所の画面にいくまでが複雑だったりするので、初心者の人にとっては分かりづらかったりします。

ここでもコインチェックの画面を例にして解説しますね。

コインチェックのトップ画面の下にある「アカウント」をタップして、「FAQ/問い合わせ」をタップ。

 

「三」のメニューアイコンをタップして、「Coincheck取引所」をタップします。

 

「買い板/売り板」と書いてあり、レートが色々と動いているのが取引所の画面で、仮想通貨を買いたい人と、売りたい人がここで取引をします。

取引の仕方はけっこうカンタンです。

今回は買い方の例で説明しますが、まずは、赤枠で囲ったレートの中で買いたい価格をタップします。

 

買いたい価格をタップしてから、下にスクロールしていくと、

「現物取引」と書いてある入力画面に、先ほどタップした価格が表示されているので、「概算」のところに購入金額を入力して、「買い」に選択されていることを確認して、「注文する」をタップ。

これで購入完了です。たったこれだけ。

ちょっと手間はかかりますが、全然カンタンなので、販売所よりも取引所をおすすめします。

 

取引所での指値注文の方法

指値注文の方法についても紹介しておきます。

ここでは、レートの入力画面に、買いたい相場価格、売りたい相場価格を入力するだけです。

例えば、ビットコインが1BTC=500万円だった場合、450万円と入力して買い注文か売り注文をしておけば、450万円になったときに取引が成立します。(注文量や概算は自分の口座金額から自動で計算されます。)

上記の場合だと、1BTC=450万円にならないと売買は成立しないので、資産の変動は起きません。

指値注文は途中で取り消しすることもできるので、まったく売買が成立しないときはレートを見直して再度試してみましょう。

 

初心者におすすめの仮想通貨取引所「コインチェック」

もし、仮想通貨をどこで買ったらいいか迷っているなら「コインチェック」をおすすめします。

松田翔太さんがCMやってますよね。見たことある人多いと思います。

コインチェックがおすすめな理由は、仮想通貨の銘柄の数が国内最多で、何よりスマホアプリの使いやすさや操作性が人気で、初心者にも分かりやすくて、気軽にチャートを見たり取引することができるからです。

それに、コインチェックならビットコインの売買手数料が無料。ビットコインを買うときも、売るときも、手数料は0円なのです。

また、最低取引金額も500円〜と易しくて、初めての人が少額から始めたい場合でも安心です。なので、迷ったらコインチェックを選んでおけば間違いないです。

コインチェックの口座開設はこちら

コインチェックの概要をまとめると下記の通りです。

コインチェックの概要
取引通貨数(販売所) 16通貨
(BTC,ETH,LSK,FCT,XRP,XEM,LTC,BCH,MONA,XLM,QTUM,BAT,IOST,ENJ,OMG,PLT)
ETCは現在一時停止中。
取引通貨数(取引所) 5通貨
(BTC,ETC,FCT,MONA,PLT)
最低取引数量(BTC) 500円相当額(販売所)
500円相当額(取引所)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) 無料
送金手数料 変動手数料制
入金手数料 銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~
クイック入金:770円~
出金手数料 407円
レバレッジ取引 -

コインチェックは、

  • 取引通貨数が国内最多
  • アプリが初心者にも分かりやく使いやすい
  • アプリのダウンロード数3年連続NO.1
  • ビットコインの取引手数料が無料
  • 万が一の補償制度もあり

コインチェックは、初心者の人でも見やすくて分かりやすいアプリで、3年連続ダウンロード数NO.1という、たくさんの人に選ばれている人気の取引所です。

初めて仮想通貨を買うならコインチェックを選んでおけば間違いないですよ。

コインチェックの口座開設はこちら

 

まとめ

今回は、仮想通貨の販売所と取引所の違いについてまとめてみました。

全部読んでもらえば分かったと思いますが、仮想通貨を買うなら「取引所」一択です。

本来回せたはずのお金が手数料で持ってかれるのは本当にもったいないので、本記事を参考にしてもらって、取引所で売買できるようになってください。

また、今回たびたび紹介した取引所「コインチェック」で一から仮想通貨を始めてみたいという人は、以下の記事で口座開設から買い方まで解説しているので参考にしてください。

【完全無料】コインチェックの口座開設までの手順【初心者向け】

「コインチェックで口座開設をしてみたいです。でも難しそう...初心者でも迷わないように手順を教えてください。」 そんなお悩みにお答えします。 初めて仮想通貨を買う人にとっては、一番最初の口座開設のやり ...

続きを見る

それでは今回は以上です。

まずは、仮想通貨デビューをして、将来のビッグウェーブを期待しながら波乗りしていきましょう。

-仮想通貨の始め方
-, , , ,

© 2022 テルの仮想通貨blog Powered by AFFINGER5