仮想通貨の始め方

コインチェックでビットコインを買う手順【損しない買い方も解説】

無事、コインチェックの口座開設ができました!
まずはビットコインを買ってみたいです。でも初めてでよく分からないのでやり方を教えてください。 あと、いつ買ったらいいですか?ベストなタイミングとかあれば教えてください。

そんなお悩みにお答えします。

コインチェックで口座開設はしたものの、

どうやって買えばいいの?」「いつ買ったらいいの?」など、分からないことだらけですよね。

テル
僕も最初そうでした。初めてのこと過ぎて分からないことだらけでした...

でもいざやってみると、意外にもカンタン!初心者の僕でもサクッと買うことができました。

日本円の入金の方法、ビットコインの買い方も本当にカンタンです。

本記事では、日本円の入金の方法からビットコインを買う手順を解説するだけでなく、

手数料を0円にする入金の仕方、ビットコインを安く買う方法や買うタイミングなど、損をしないビットコインの買い方を完全解説します。

もちろん完全初心者の人でも分かるように、スマホの操作画面の画像を使いながらていねいに解説していきます。

できるだけ投資コストをかけたくない、損をしたくない、という方はぜひ最後までお付き合いください。

 

ちなみに、まだコインチェックの口座開設ができていないという方は、【完全無料】コインチェックの口座開設までの手順【初心者向け】の記事で、画像付きでていねいに解説しているので、記事を真似しながらやってみてください。

 

口座開設はサクッと終わるので、その日のうちにビットコインも買えますよ。

【完全無料】コインチェックの口座開設までの手順【初心者向け】

「コインチェックで口座開設をしてみたいです。でも難しそう...初心者でも迷わないように手順を教えてください。」 そんなお悩みにお答えします。 初めて仮想通貨を買う人にとっては、一番最初の口座開設のやり ...

続きを見る

 

それでは、コインチェックでビットコインを買う手順に入っていきますね。

 

コインチェックに入金する

コインチェックの口座開設が終わったら、次は日本円の入金をします。

ここでの作業は、ウォレットに入金する、と言ったりします。

コインチェックの自分のウォレットに日本円を入金すれば、ビットコインが買えるようになります。

まず、コインチェックのアプリのトップ画面の下にあるタブ「ウォレット」をタップします。

 

次に「入出金」をタップ。

 

入金」をタップします。

 

入金方法は色々とありますが、基本的には銀行入金を選びましょう。

  • GMOあおぞらネット銀行
  • 住信SBIネット銀行

どちらかをタップします。

 

どちらかをタップすると、口座情報が出てきますので、その口座に振り込みます。例えば、GMOあおぞらネット銀行を選んだ場合はこんな感じ。

住信SBIネット銀行の場合は、「ユーザーID+振込人名義」で振り込む必要があります。ユーザーIDがないと、すぐに入金ができないので注意しましょう。

ユーザーIDをなしで振り込んでしまった場合、コインチェックに問い合わせをすれば入金してくれます。(ただ、少し時間がかかります)

 

手数料0円で入金する方法

入金は銀行振込になるので、普通だと振込手数料がかかってしまいます。

ですが以下の方法なら、振込手数料を0円にすることができます。

・GMOあおぞらネット銀行の口座から振り込む

・住信SBIネット銀行から振り込む

・ネット銀行の振込の無料枠を使って振り込む

このいずれかの方法です。

振込手数料は1回100円〜300円と少額ですが、チリも積もれば勿体無い出費です。

なので、今後もコインチェックで定期的に仮想通貨を買おうと思ってる方は、GMOあおぞらネット銀行か、住信SBIネット銀行、どちらかの口座を開設しておくと投資コストを抑えられますよ!

 

ウォレットが、0→振込金額に変わったら入金完了です。

※僕の場合は入金が反映されるまでに、約15分くらいかかりました。

 

初心者がビットコインを買う前に知っておくべき3つの事

入金が完了したら、次はビットコインの買い方についてです。

でも、その前に、初心者の人に知っておいてほしいことが3つあります

①長期で保有することが重要【ガチホ投資】

②買うタイミングは「今」が一番買い時である

③コツコツと少額投資がおすすめ

初心者の人こそ、この3つを守って買うようにしてください。

 

① 長期で保有することが重要【ガチホ投資】

ビットコインは発行枚数も限られているので、希少価値が高く、今後さらなる値上がりが期待できます

なので、買うなら長期的な目線で、買ったら持ち続ける(ガチホする)ことが重要です。

ガチホ投資こそ初心者の人に分かりやすく、運用しやすい方法です。

 

② 買うタイミングは「今」が一番買い時

ビットコインは今後さらに値上がりしていき、2025年に1BTC=1億円になるという話が有力とされています。

そう考えると、今現在(2022年3月)のビットコイン価格1BTC=450万円というのは、長期的に見ても一番安い価格と言えます。なので、買うタイミングは「今」が一番良いタイミングです。

 

③ コツコツと少額投資がおすすめ

ビットコインは価格の変動が激しいので、買ってすぐに下がってしまうこともあります。

なので、一気にドカンと買うのはリスクが大きいのでおすすめしません。

逆におすすめなのが、少額投資でコツコツと買う方法です。まずは小さく始めることで、リスクなく将来の値上がりを待ちながら投資できます。ちなみに、コインチェックなら500円から投資が可能です。

 

初心者の人は、まずはこの3つを意識してビットコイン投資を始めましょう。

 

【損をしない】コインチェックのビットコインの買い方

さて、前置きが長くなりましたが、ここからはビットコインの買い方についての説明です。

あとはボタンをポチッとすれば買える、といきたいところですが、少し説明が入りますのでお付き合いください。

ビットコインの買い方には、3つのやり方があります。

①「販売所」でビットコインを (現在の価格)で買う方法
②「取引所」でビットコインを (現在の価格)で買う方法
③「取引所」でビットコインを (指値) で買う方法

 

3つありますが、おすすめは、②と③です。

理由は、手数料が安いからです。

手数料を抑えたい、損をしたくないのであれば、販売所でなく取引所で買うようにしてください

 

販売所と取引所の違いについて

販売所:コインチェックが持っているビットコインを買う=買い方がカンタン、手数料高い

取引所:ビットコインを持っている一般の人から買う=少し手間がかかる、手数料安い

 

販売所と取引所の違いについてもっと詳しく知りたいという方は、仮想通貨(ビットコイン)の販売所と取引所の違い【初心者向けに解説】、の記事でていねいに解説しているので確認しておくと良いですよ。

仮想通貨(ビットコイン)の販売所と取引所の違い【初心者向けに解説】

「ビットコインを買うのに販売所と取引所があるみたいだけど何が違うの?どっちで買ったらいいの?初心者でも分かるように教えて欲しい。」 そんな疑問にお答えします。 この記事を読むことで、 仮想通貨の取引所 ...

続きを見る

 

これから、販売所の買い方、取引所での買い方、それぞれ説明しますが、手数料を安くしてコストを抑えて買いたいなら、最初から、②か③の取引所で買う方法を覚えてください。

 

「販売所」でビットコインを (現在の価格)で買う方法

これが、一番カンタンな買い方です。ただし、手数料(スプレッド)が高いです。

コインチェックのアプリのトップ画面一番下のタブ「販売所」をタップして、「購入」をタップ。

 

①ビットコインの価格を確認
→ ②入金済みの口座残高を確認
→ ③購入金額を入力
→ ④購入ボタンをタップ

でビットコインを買うことができます。

ちなみに、コインチェックではビットコインは500円から購入可能です。

ビットコインの価格が、前の画面のレートと比べて高くなっているのが分かると思います。これが販売所での買い方で取られる手数料分です。

もし、この手数料をもっと安くしたいという場合は、これから説明する取引所で買う方法を覚えてください。

 

②「取引所」でビットコインを (現在の価格)で買う方法

アカウントをタップして、下にスクロールをしていき「FAQ/問い合わせ」をタップ。

 

「三」とあるメニューボタンをタップして、

 

Coincheck取引所をタップします。

 

取引所のページに移動します。

数字がたくさんあってコロコロと価格が変わっていますが、どれか買いたい価格をタップすればOKです。

 

買いたい価格をタップしたら、少し下にスクロールすると「現物取引」という表示画面が出てくるので、そこにタップした買いたい価格(レート)が表示されます。

概算のところに、日本円を入力すると、注文量がレートによって計算されるので、確認できたら「注文する」をタップします。

これでビットコインを買うことができます。

 

③「取引所」でビットコインを (指値) で買う方法

指値で買うとは、自分の希望する価格で注文する方法です。

これからビットコインを買うとして、今より下がると予想したら、現在の価格よりも低いレートで注文を入れておきます。

例えば、現在のレートが1BTC:500万円だった場合、

相場価格が1BTC=500万円→450万円に下がる予想をして、450万円のレートで買い注文を入れておくと、相場価格が1BTC=450万円になったときに買い注文が成立します。

このように、指値の注文方法は、現在のレートよりも低い価格で注文を入れることができる方法です。

 

注文が成立して、ウォレットを開くと下記のようになります。

現金が0円になり、その代わりにビットコインの保有枚数とそれに応じた資産価格(円)が表示されるようになります。

ビットコインの価格が変動するたびに、この資産価格(円)が変わっていきます。

 

補足:パソコン画面での買い方

ここで補足として、パソコンで買う方法についても解説しておきます。

というのも、スマホとパソコンとでは若干レイアウトなどが違うので、パソコンをよく使う人にとってはこっちを参考にしてもらうと良いと思います。

パソコンから、コインチェックのホームページからログインします。

パソコンからログインする際、2段階認証が必要になるので、スマホにインストールした「Google Authenticator」を確認して、6桁の認証コードを入力します。

 

まずは、取引所で現在の価格で買う場合は、スマホ画面で説明したのと一緒で下記のとおりです。

① 買い板/売り板のところの買いたいレートをクリック
②「レート」にクリックした価格が表示されたのを確認
③「概算」に購入金額を入力
④「買い」になっていることを確認して「注文する」をクリックします。

 

取引所で指値で買う場合は、レートのところに買いたい金額を入力して「注文する」をクリックします。

「注文する」を押してもすぐには成立しません。(例えば、現在の相場価格が1BTC=500万円で、450万円で買い注文を入れた場合)

1BTCが450万円になったら、買い注文が成立します。

>>【完全無料】コインチェックを始めてみる

 

まとめ

今回は、コインチェックでビットコインを買う方法について解説しました。

仮想通貨というと、難しそうなイメージがあったと思いますが、わりとカンタンでしたよね。

将来的に値上がりが期待されているビットコインは、今が一番の買い時です。

まだビットコインを買ったことがない人は、本記事を参考にしていただき、行動に移してみてください。

今のうち安いときに買っておけば、将来の楽しみが広がりますよ。

それでは今回は以上です。

>>【完全無料】コインチェックを始めてみる

 

-仮想通貨の始め方
-,

© 2022 テルの仮想通貨blog Powered by AFFINGER5